ピアノ教室、喜多方市塩川町「ぴありな音楽教室」は、音楽を通し、人としての成長を大切に、人間力を育むレッスンを心掛けています。

TEL-080-3332-3785

喜多方市塩川町御殿場

02月

がんばった自分をほめましょう!!

がんばった自分をほめましょう!!

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

私ってやつは、

人生の中で、どれだけ、自分にダメ出ししてきているのだろう・・・

それに、

「大丈夫だろうか…」と、終わった事に対して、色々と考えてしまう。


この性格は直らないと思うし、良い部分もあると思うので、今は受け入れています。

1週間ほど前の事、私とは違うとは思うのだけど、高校入試一期があった日がレッスンだった生徒がいました。

この一期試験を受験した生徒、


「ひとまず、終わった~」

という解放感もなく、

「もう、めっちゃドキドキした~」

というのもなく、生徒から感じる空気感はなんだ?


なんとなく読みとれるのは、地に足付いていない?

「心ここに有らず」

って感じ。


試験を終えた今、球は、あちら側に(高校側)にあるわけで、次は、その球を待つだけ。

そして、どんな球が来てもしっかり受け止めてほしい。

受け止めるためにも、それまでの時間、平常心を保つというのか・・・日々をていねいに過ごすというのか・・・そうした事が大切になると思う。

とかいって、私だったら、もう、気になってどうにかなっちゃうのかと思います。


レッスン最後に一言、声を掛けました。

「2日間の試験を終えて、自分を褒めてあげた?この日に向けてがんばってきたはず、そして、2日間がんばったのは事実、まずは、自分を褒めなきゃ」

その時、生徒は、ちょっぴり泣きました。

私も、危うくなりました。


何かを終えて「あの時~すれば(しなければ)良かった」って思う事もあるけど、そう思ってしまう事は、時に、がんばった自分を否定する事になるかもしれない、まずは、認めてあげる事が大切。

認める事、褒める事って、他の人には出来ても、自分には出来なかったりする。


「音を間違えちゃった」「テンポが速くなっちゃった」発表会でも「あの時~」って思う事もあるけど、まずは、ステージでがんばった自分を認めて、反省点は次に活かせばいいと思う。


・・・ちなみに、生徒は合格しました。(良かったよかった)

ビシバシとレッスンしよう♪


 ・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

バッハ「インベンションとシンフォニア」の楽譜

バッハ「インベンションとシンフォニア」の楽譜

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

バッハが作曲した「インベンションとシンフォニア」という楽譜があります。

ピアノをしっかりと学習・演奏する上で欠かせない曲集です。

私は学生の頃、仕上がる事だけにフォーカスしていたような気がします。

指導者になり、1から学習し直しました。

そしたら、響きの美しさ、作りの素晴らしさ、再発見です。


この曲集の時代背景は「バロック時代」

まだピアノではなく、ピアノの前身「チェンバロ」の時代。

「インベンションとシンフォニア」は、この時代の曲の特徴でもあるのだけど『和音を弾いて、メロディを重ねる』ではなく、2声以上のメロディが常に動いている感じ。

私の場合、メロディが3声以上になると、もう、頭の中は常に大変な事になります。


でも、本当に素晴らしい曲集。

バロック時代の曲を学習する時は「インベンションとシンフォニア」を目標に、それ以前の学習として、バロック時代の小品を集めたテキスト・曲集もたくさん出ています。


だから、レッスンには入れておきたい「バロック時代の曲集」

・・・がしかし、現実には、なかなかね。

レッスン時間が足りなかったり、曲数が膨大になったり、

そして、現代っ子のウケがいまいち。

本当は、コンクールを目指す生徒だけのものではないのだけど…


でもね、最近、バロック時代の小曲集をきちんと仕上げ「インベンションとシンフォニア」に入った生徒がいます。

私は、指導者になって、もう1度、やり直しした際、原典版をメインに、そして、研究材料として、他の出版社の版も何冊か購入しました。(編集・校訂する人が違ってくるので、曲の解釈も変わる)

width=


ひとまず、4冊+専門書

色々なご意見もありますが、生徒には、私と同じく、最初は、井口先生の版にしました。

そして、さらに深めたい時は、私のように、原典版を購入して、自分で研究してもらえたらと思います。


バッハを演奏する際は、市田儀一郎先生の楽譜、解説書が役に立ちました。

あと、ドレミ出版の楽譜も、使いやすく、私は好きです。


 ・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

日々、届く楽譜

日々、届く楽譜

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

連日、楽譜が届きました。

生徒さんが今、レッスンで使っているテキストが修了するにあたり「新しいテキストへの切り替え」だったり「幅広い学習のためのテキストの補充」をしたり・・・

そして、本意ではないのだけど、私(わたし)用で、教材研究、参考資料としての楽譜。

「本意」ではないのは、楽譜が増えすぎて、収納する場所がないから。

本当に、困っています。

width=

これでも、2月位までに渡す生徒まで留めました。

今は、3月4月くらいに渡す予定の生徒さんの教材研究、真っ只中。


 ・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場