ピアノ教室、喜多方市塩川町「ぴありな音楽教室」は、音楽を通し、人としての成長を大切に、人間力を育むレッスンを心掛けています。

TEL-080-3332-3785

喜多方市塩川町御殿場

05月

となりの芝生は青く見えちゃうよね。

昨日から、クーラーをちょっとだけつけました。


こんばんは!!喜多方市塩川町で音楽教室を主宰しています、鈴木です。


昼間、家の事をやっている時は、ラジオをつけっぱなしにしている事が、多いです。


朝の番組で、


「今日は、リスナーさんからの、ハッピーな報告が、一杯あって、嬉しいですね」


って、言ってました、そして、しばらくして、


「でもね、こうした、ハッピーな報告を聴くのが、ツライ方もいらっしゃると思うんですね」


聴く側の角度を変えて、想像する事が出来る、アナウンサーさんの、素敵な人柄が感じられる発言でした。


その、ちょっと前の、フェイスブックで、


「私のポジティブさが、時に、人を疲れさせているみたいで、ごめんなさい、でもね、私も、人並みに、悩みはあるんです」


っていう、書き込みがあってね(こんな風に書けるからこそ、多くの方々に、愛されている先生なのだと思いました)


そして、わかるんだな、こういうの。


他の先生方のブログ読んで、刺激や、情報を受け取る半面、時々、自分と比べちゃって、落ち込む事あるもんね。


でもね、きっとみんな、大なり中なり小なり、悩みや不安を抱えているだと思います。


だけど、ピアノ教室(お仕事)としてのブログだからこそ、その教室の代表・責任者兼、指導者だからこそ、書く内容には注意していると思うのです。


以前、生徒が、


「せんせい、さようなら」


って、言って、ドアを開けて出ていったかと思ったら、


「すみません、少しいいですか」


って、また入ってきて、悩み相談につきあいました(最後の生徒だったので、後に生徒はいなく、もちろん、お家の方には、帰りが遅くなる事を伝えました)。


『成績が良い事で、みんなから、出来て当然、先生方からは、もっと、上に行ける』


そんな風に見られているのが、相当、辛かったらしくってね、他の子から見たら【何て、贅沢な悩み】なんだろうけどね。


周りの目から「いいな~」って事も、本人にとって、辛い事だってある。


なんか、今日のブログ、真面目に書いているので、


「鈴木に、何かあったのか!!」


って思うかもしれないけど、特に、何もありません(笑)


なんせ、今日のブログのテーマのカテゴリーは【ひとり言】ですから・・・


【となりの芝生は青く見える】だけかも・・・よ。


きっと、みんな一緒、お互い、自分らしく、がんばりましょうね。



家の芝生は、こんな状態ですが・・・原っぱ化してます(笑)


明日は、仙台に、行ってきます。


そして、明日は、元生徒さんのお引っ越し(一人暮らしになります)。


あなたらしく、がんばってね♥夏こそ、会いましょう!!



新年度のスケジュールが出来ました。空き時間はこちら で確認が出来ます。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、ご連絡くださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

かおり先生、ポスター掲示期間、無事、終了しました。

こんばんは!!喜多方市塩川町で音楽教室を主宰しています、鈴木です。

事後報告になっちゃいましたが、かおり先生、2日前に掲示期間が終わり、今日、引き取りに行きました。

「ぴありな音楽教室」を近隣に住む多くの方々に知っていただきたくって、ずっと、教室ポスターの作成を考えていました。

掲示までには、3つの懸念がありました。

【懸念材料1】私の気持ちの問題・・・いざとなると、気がひけちゃうんですよね。

【懸念材料2】は、デザインの問題、私、本当に絵のセンスが無いに等しくってね、子供の時の、学校でのポスター作成の課題がイヤでした。

【懸念材料3】は、ポスター掲示までの過程がわかんなくって、不安でした。

1つ目は、多くの人に知って欲しいって思うんだったら、ここは「エイ!!」って、様々な葛藤の中、無理やり、クリアしました。

2つ目は、インターネットで、他の音楽教室のデザインを参考にしました。

3つ目は、かおり先生のお知恵を拝借しました。

掲示までの流れを教えていただきました。

担当の方が、年度切り替え時に変わってしまったり、はじめに作ったポスターのデザインが1か所、訂正が必要とされたり(審査があるのです)、なんせ、掲示をお願した施設も、こうした依頼がはじめてという事で、何度も書類をお互い確認しながら進めました。

最初に、話を聞きにうかがった時から、掲示されるまで、気が付けば、1ヶ月かかりました。かおり先生の場合、審査はスムーズという話でしたが、この点、東北支社は違ったかな?

かおり先生、私の作ったポスターはこんな感じです。



担当の方に配慮していただいて、ポスターが、いたずらされなくって、目に付く場所に貼っていただきました。

で、かおり先生って誰?・・・ですよね。

かおり先生は、やさしそうな雰囲気をかもちだしながら、芯の強さを持つすてきな先生。

かおり先生→貝塚の森 バイオリン・ピアノ教室

かおり先生とは、とあるセミナーでご一緒しました。このセミナー、はじめっから、座る席が決まっていてね、4人で1テーブル、お向いが、かおり先生でした。

ちなみに、その時、私の横の席が、現在、お世話になっている、リトミックのスペシャリストな、あの先生。


新年度のスケジュールが出来ました。空き時間はこちら で確認が出来ます。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、ご連絡くださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場


「あいさつ」から始まり、終わるレッスン

今日は、暑かったですね、やっと、コタツ、片付けました。


こんばんは!!喜多方市塩川町で音楽教室を主宰しています、鈴木です。


先日、生徒が、レッスンを終えて、レッスンノートをまとめていた時、体験レッスンを予約された方が入っていらっしゃいました。


すると、生徒はレッスンノートを書く手を止め、くるっと、振り向き、


「こんにちは」


って言って、また、レッスンノートの続きを書き始めました。


その様子が、すごく自然だったんですね(例えるなら、山ですれ違う会う人、あう人に、あいさつをする感じ)。


体験レッスンに来た、子供さんにとっても、こんな風に、迎えられて、安心されたんじゃないかな?って思います。


【レッスンの前後に、お友達がいる時は、あいさつをする】


当り前の事のように思えるけど、実は、最初の頃は出来ていませんでした。


最初がきっと肝心だったのにね、


今みたいに、あいさつを大切に考え、実行できるようになったのは、ミュージック・キーの岩瀬先生の言葉がきっかけ。


講座の中でのお話だったのか、昼食会の場だったのか、そして、どういった流れで、この話になったのかは覚えていないけど『レッスンでのあいさつ』の話題になり、


「年上からあいさつする」


というルールを岩瀬先生が、おっしゃられ時「これ、いただき!!」って思ったわけです。


【今度から、前後の生徒さんと、あいさつをしましょう】


という、新たな教室のお約束事を作っても、なんせ、今までになかった習慣、顔を合わせても、あいさつのタイミングがつかめないな・・・(どっちからする?みたいな)って思っていたので、とにかく「年上から進んであいさつしなさい」って、きっかけをつくりました。


もう、今では、年上も、年下も関係なく、あいさつしていますが・・・


私との、レッスンの始まり・終わりのあいさつも、この頃から、しっかりやってます!!


以前、他の教室から、移ってきた生徒さんが、レッスンの入れ替えの時、前後の生徒さん達が、自分に向かって


「こんにちは」


って声をかけられて、面喰っていたっけ・・・



当り前だけど、とっても大切な事。


あいさつがあるかないかでも、教室の空気も絶対に変わる・・・と、思います。



新年度のスケジュールが出来ました。空き時間はこちら で確認が出来ます。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、ご連絡くださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

イモラピアノ国際オーディション福島予選

昨日の生徒さん、動物アレルギーを持っていて、お友達の猫を触った手で、目を触ったみたいで、見た目にも、かわいそうでした。


それに、この生徒さん、動物好きなのに、触れないなんて・・・大人になって、体質が変わるといいんだけど。


こんばんは!!喜多方市塩川町で音楽教室を主宰しています、鈴木です。


先週、24日に、猪苗代町のホール【学びーな】にて、


【第1回 イモラピアノ国際オーディション 福島予選】が開催されました。



様々なご縁から、今回の、福島予選に尽力されている方から、私の方に、連絡がありました。


受け取ったメールには、このオーディションについて紹介、そして込めた思いが書かれていました。


一部ご紹介しますね。

日本では、コンクールやオーディションというと、ミスのない完璧な演奏をする方が評価される傾向にありありますが、このオーディションでは、ヨーロッパがそうであるように、自由な選曲で演奏してもらい、自発的で豊かな音楽性を育成することに主眼を置いています。〈抜粋〉


レッスンとレッスンの合間にをぬぐって、聴きに行ったので、全て聴く事は出来なかったのですが(私が聴いたのは、大学生・成人の部)、聴き始めて最初に思った事は、


「ずっと、聴いていたい」


でした。


もちろん、緊張感はあるんだけど、イヤな緊張感ではなく、ピアノに真摯に向き合っている演奏者から出る、空気感。



実は、今、私は、子供たちのコンクールを取り巻く環境に、思う事があってね、


私は、教室の生徒さんに、コンクールを推奨しているし、現在、コンクールに向け、練習に励んでいる生徒もいます。


それは、音楽的向上はもちろん、人としての成長、そして、教室以外での演奏する事は、視野も広めてくれると思うから、


(ただ、疑問に感じる状況に出くわす事も、正直あるわけで・・・)


後ろ髪をひかれながらも、レッスンのため、福島予選の会場を後にする際、私にメールを送っていただいた方にお会いして、短い時間でしたが、お話しすることが出来ました。


私が、このオーディションを会場で聴いて、受けた感想をお伝えした所、喜んでいただきました。


「イタリアのゆるい所も出ているでしょ」


って、お話しされて(ちなみに、この方は、イタリア在住の声楽家です、スゴイ方なんです)。


そうは、おっしゃられても、出演者の音楽の完成度は本当に、素晴らしかったです。




新年度のスケジュールが出来ました。空き時間はこちら で確認が出来ます。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、ご連絡くださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

ご報告:楽譜入手出来そうです。

日曜日は【天気がいい】と、どこの天気予報でもいっていたので、こたつ布団干して、片づけるか!!って思ったら、全然カラッとしてなくってね、今も、コタツに入りながら、ブログ書いてます。


こんばんは!!喜多方市塩川町で音楽教室を主宰しています、鈴木です。


前回のブログで、呼びかけた、


「どなたか楽譜を持っていませんか?」(発表会で使いたいので)


ですが、先週末、楽譜の在庫がないか、数件の楽器店に電話をかけたのですが、2軒目にかけた楽器店さんが、


「返本などによって、在庫が確保出来るかもしれないので、週明けの月曜日、朝一で、問屋さんに聞いてみます」


と言っていただき、今日は、その返事待ち。


朝、電話が鳴り、


「1冊だけ、確保できました」


と、嬉しい返事をいただきました。(奇跡に近いと思いました)


ちょっぴり、お騒がせいたしました。


でもね、今回の事で、楽譜が手に入った以上に、心から、嬉しい事がありました。


それはね、前回のブログをアップした直後、私の呼びかけに、フェイスブック方に、心配して、メッセージを送ってくれた先生がいらしてね、私が、楽譜が入手出来なかった時の事を思って、アドバイスをしてくれたのです。


その時の私は、


「やるだけの事はしたし、これで、入手できなかったのであれば、縁がなかったと思って、代打案を考えよう」


って気持ちを切り替えていた所だったから、このアドバイス、本当にありがたかったです。


メッセージを送っていただいた先生とは、東京で開催されたセミナーに参加したのがきっかけ、


終了後に行われる、受講者同士の懇親会からの出会い。


この時の出会いが、こんな風につながっているなんて、すごいな・・・嬉しいな・・・♥


決して、人の優しさに飢えていた訳ではないのですが(笑)


でも、人の優しさって、素敵だなって、しみじみ、思わせてくれました。


先生から受け取った【優しさ一杯の、あったか~いバトン】今度は、私が、誰かのお役に立てるように、つなげられたら・・・って、心底思った、鈴木です。


優しさ一杯の、あったか~いバトンを私にくれたのは、会津にもゆかりのある、


川崎市 直井ミュージックスクールのまりせんせいです。


まり先生、本当にありがとうございます。


まり先生はじめ、みなさん、今後ともよろしくお願いします



新年度のスケジュールが出来ました。空き時間はこちら で確認が出来ます。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、ご連絡くださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

どなたか、楽譜持っていませんか?

こんばんは!!喜多方市塩川町で音楽教室を主宰しています、鈴木です。


昨日、講座を受講してきました。


過去に、別の楽器店で、同タイトルの講座、受講済みでしたが、楽器店で、発表会の楽譜を見たいのと、つけにしておいてもらった、楽譜代もお支払いしたいし、講座は復習と考え、迷ったけど、受講しました。


(年会費を支払えば、この楽器店主宰のセミナーは無料という、会員にもなっているので・・・)


講座も終わり、発表会の楽譜を探しに行ったら


あれ~


ないの、


お店に楽譜が、


「先生、今回はメーカにも在庫ないので、入手は困難ですよ」


って、楽器店のスタッフに言われて


「ショック!!」


発表会に使おうと思ったのに・・・


帰ってから、ネット検索しまくりましたが、どこも在庫なし、


数件の楽器店に電話しましたが、全滅。


久しぶりに、精神的にくる疲れを感じました。


ちなみに、この楽譜です↓



月刊エレクトーン 2014年5月号


最後の望み、問屋さんに、返本があるかもしれないという可能性に賭けています、お返事は週明け。


「地元の楽器店に置いてあったよ~」


「間違って、2冊買っちゃった」


等々、情報がありましたら、私に、知らせください。


ちなみに、異例の、この楽譜がない現象(と楽器店の方が言われています)、あの曲効果のようです。


問屋さんでの望みがなくなったら、


あの・・・あのですね、


エレクトーン系の先生に、個別に、私から連絡がいくかもしれませんが、ご了承ください。


最後に、昨日の講座は、2歳からのピアノ。


ん・・・実際のレッスン風景も、映像で見せていただいたけど『この年齢の適期教育?』と言われると、疑問を持ったのが、正直な気持ち。


今、リトミックの勉強をしているから、そう感じるのかもしれないですね。



新年度のスケジュールが出来ました。空き時間はこちら で確認が出来ます。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、ご連絡くださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

同じ曲でも、楽譜が違うと感じ方が違う

今日も、寒いです・・・


こんばんは!!喜多方市塩川町で音楽教室を主宰しています、鈴木です。


発表会の選曲、


「この生徒さんに、この曲がいいかも・・・」


そして、この後「その曲が入っている楽譜が他にないか?」探す作業をされる先生も、多いと思います。


同じ曲でも、楽譜によって


◇イラストが入っている、入っていない


◇音符の大きさ、見やすさ(文字でいう、フォントのようなもの)


◇タイトル


などが違ってきます。


発表会でよく弾かれる曲。



エルメンライヒ作曲の「紡ぎ歌」、全く、曲の長さは一緒なのに、音符の大きさ、イラストがあるないで、左はA4で3枚、右はA4で6枚、枚数が倍も違う・・・


音符が大きかったり、イラストがあると、簡単というか、身近に感じたりする事があるようです。



同じ曲なのに、こっちは、【鬼】だったり、【妖魔】だったり、【小人】だったりします。


『紡ぎ歌』は、とある生徒の候補曲に入れてたんだけど、選ばれず・・・


2枚目の方は、見事、選ばれました。『小人』の行進がいいそうです。「妖魔にする?」って聞いたら、ひどく、嫌がっておりました(笑)



新年度のスケジュールが出来ました。空き時間はこちら で確認が出来ます。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、ご連絡くださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

ピアノの調律しました!!

5月は、新緑の季節!!


・・・そして、各種税金の月ですね(庶民)。


こんばんは!!喜多方市塩川町で音楽教室を主宰しています、鈴木です


昨日、我が家のピアノを調律しました。


我が家のピアノ「ボストンくん」(私のピアノは、男の子だと思っている)は、我が家に来てから、ずっと、同じ調律師さんに調律をお願いしています。


この季節、この地域の数件の調律をするために、神奈川県から、短期滞在でいらしていました。


先月、この調律師さんから、葉書が届きました。


ここには、大病をした事、術後の経過は良好な事、そして、この地域は、弟子に引き継いだ事。


新しい調律師さんは、宮城県からいらっしゃいました。



丁寧に、掃除していただきました。


この様な光景ははじめて見た訳で、弟子とはいえども、調律師さんが変われば、作業の仕方も変わるのかと思いましたが、理由は後でわかりました。



鍵盤がないから、空っぽ。


調律が終わった後、1時間ほど、立ち話で雑談。


自分の遥か遠くにいる、師匠の作ってきた音は素晴らしく、それを引き継ぐなんて、恐れ多く、今は自分の出来る事を精一杯やるしかない事。


師匠は、1日2台の調律をこなしたけど、自分はムリ、だけど、その分、時間は取れるので、掃除までやらせていただきましたとの事。(丁寧な、ピアノのお掃除はこれでした)


師匠は、自分が引き継ぐ際(何度も断ったらしい)受け取った顧客情報は、住所と電話番号だけで、ピアノの先生なのかもわからないで今回、訪問している。←これには、笑ってしまいました、『らしいな・・・』と。


ピアノの製造という観点での、ピアノの取り巻く状況のお話しは、本当に興味深く、


「どうなっていく?ピアノ、こうした問題、ほっといていいの?」


そんなお話しでした。


新しい調律師さんが作った音、1年を通じ、どう変化していくのか、楽しみたいと思います。



新年度のスケジュールが出来ました。空き時間はこちら で確認が出来ます。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、ご連絡くださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場




発表会の曲、どっちにしようか迷ったら…

こんばんは!!喜多方市塩川町で音楽教室を主宰しています、鈴木です

前回の記事の続きです。


発表会の選曲、どうしても迷ってしまって、選べない場合があるんですね。


選ぶ材料を多くするため、


「(迷っている曲に対して)何か、質問はない?」


「もう1回、弾いてみようか?」


それでも、選べないんです(迷路に入ったみたいになっちゃうんです)。


そんな時、今回、私が行ったのは、タイムラインを可視化する事。



今、あなたは、1番目の曲と、2番目の曲で迷っているよね。



発表回のステージで、演奏するのは、どっちにしようかな?



今度は、今の位置から、発表会が終わった先に(未来)に立って、振り返ってみてみます(意識を向けてみます)。



発表会では、1番目の曲をを弾いた時と



2番目の曲を弾いた時、どっちが、しっくりきた?手応えを感じる?


ここで、生徒が「1番目の曲または2番目の曲」と答えを出した後、


もう1度、意識を現時点に戻し、


「あなたは、いっぱい考えて、発表会で弾く曲を選びました、練習して、無事、発表会のステージで、その曲を披露しました。」


と、現時点から、発表会当日まで、選んだ曲で、イメージ(意識)してもらって、何か、違和感、気がかりな点がなかったら、問題なし、もし、何かあったら、話を聞きます。


昨日来た生徒が、曲を選んだ後に、この確認をした時、気がかりな点があったらしく、聞いてみると、


「こっちの曲は(選んだ曲は)練習している時も、楽しいイメージがあるんだけど、達成感みたなのは、こっちの曲が(選ばなかった曲)の方がある」


っていうので、


「今のあなたが大切にしたいのは【楽しさ】と【達成感】どっちが上?」


しばらく、考えた後、「楽しさ」と答えました。


もちろん、どちらの曲にも、達成感も楽しさもあると思うんだけど、この2曲を比べるた時、この生徒さんはこんな風に、違いを感じたのだと思う。


曲選びに時間がかかりすぎちゃうと、これだけで、レッスン時間の大半が使われちゃうんだけど、これから、約3カ月、じっくり取り組む曲、


「レッスン時間、なくなっちゃうよ」


って、正直、何度か出かかったけど、押し戻しました(笑)言った所で、焦らせるだけだし、


やっぱり、納得できる曲にしてほしかったので、


「自分の選んだ曲に、自信と責任を持ってね」


応援と、厳しさもちょい込め、声掛けしました。



新年度のスケジュールが出来ました。空き時間はこちら で確認が出来ます。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、ご連絡くださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

発表会の選曲、今の所、喜んでもらっています。

寒いよ~


レッスン室の暖房入れちゃったよ。


こんばんは!!喜多方市塩川町で音楽教室を主宰しています、鈴木です。


生徒さんの学校も、予定されていた小学校の運動会が、明日に延期になり、今日、この生徒さんのレッスン、いつもの時間に行いました。


発表会の選曲、今の所、みんな喜んでくれて、その表情を見ると、私まで、嬉しくなります。



生徒さんの多くは、一人ひとりに2~3曲を選曲(4曲になりそうな時は、曲を選ぶのに、多すぎるのも迷っちゃうのではないかと思って、レッスン前に、その生徒になりきり、私が3曲までに絞りました)。


その中から、1曲を選んでもらいます。



今週のレッスンの出だしの多くが、


「今日は、発表会の曲決めようね」


でした。



まず、選曲した曲を聴いてもらい、これだと思った曲があったら、選んでもらいます。


もちろん、どの曲も、しっくりこない場合「先生、もう1回探して下さい」もあり。



「この曲がいい!!」


と、すぐ決まればいいのだけど、迷った場合、候補曲が3曲あった場合、1曲だけ省いてもらい、2曲に絞ってもらいます(この方法は、私がグランドピアノを選定する際に、行ったやり方を、真似しています)。


それでも、2曲から1曲に選べない生徒がいるんですね。


それは「どっちも、気に入っている」というケースが多いように思えます。


そうなった場合はね、今日もやってみたんだけど・・・



また、次回書きますね。


今日は、毛布も必要だな・・・



新年度のスケジュールが出来ました。空き時間はこちら で確認が出来ます。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、ご連絡くださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場