ピアノ教室、喜多方市塩川町「ぴありな音楽教室」は、音楽を通し、人としての成長を大切に、人間力を育むレッスンを心掛けています。

TEL-080-3332-3785

喜多方市塩川町御殿場

ブログ

ぴありな~piarina~日記

♪日々、レッスンでの様子、音楽の事など、色々書いています。

 ※こちらでもブログを読む事が出来ます。→アメブロ「ぴありな~piarina~日記」
 
                    (ブログ内容は、こちらと同じです)

ブログ一覧

学校では「シレソ」レッスンは「シファソ」なぜ?

学校では「シレソ」レッスンは「シファソ」なぜ?

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

私は空き時間があっても、1日の人数を決めて指導しています。

でも、今日は、振替レッスンもあって、ぶっ通しでの10人レッスン、全てのレッスンを終えた時は『やりきった感』でした。

意外と、体力は消耗しても、気分は良かったです。


先日、生徒が私に質問してきました。

「小学校で『シレソ』って、和音を習ったんだけど、ここでは『シファソ』で習うじゃないですか、それって何だろう?って思ったんです。」


もう、嬉しいよ・・・その質問。

そうした事に「なぜだろう?」って気付きを持つその感覚は大切。


レッスンでは、調も、カデンツ(主要な和音進行)も学習しているからね。

『Ⅴ』と『Ⅴ7』の違いを和音としての作りの違い、聴こえ方の違い、使い方など、レッスン冒頭に説明しました。

私の説明が上手いのか、この子が賢いのか(多分こっち)サクサク、進みました。

こういう生徒は、一度、作曲とかしてみると、応用として、さらに理解を深め、楽しめるかもしれません。


生徒達には、習い始めから、和音の機能性をカードを使って感じ取る経験をさせています。

最初は、Ⅰ(家)Ⅴ7(学校)2つの和音を使っての、おじぎ。

そして、短調の和音の聴き分け。

Ⅳ、dim(減七)が入ります。

私の「Ⅴ」と「Ⅴ7」の違いはこんな感じです。(Ⅴは塾にしようか悩みました)

width=


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

友だち追加

ID検索はこちら→ @841zigyk

目の前にある木も大事だけど、その先にある、森を見てほしい

目の前にある木も大事だけど、その先にある、森を見てほしい

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

「木を見て森を見ず」「物事の細部にとらわれると、全体を見失う」ということわざです。

width=

発表会を行う事に決めて、動き出しています。

「新規生徒」も「体験レッスン」も休止して、こちらにエネルギーを持っていっています。

ふと、思いました。

(もし、また「緊急事態宣言」級の事が起きて、中止になったら・・・)

発表会の準備は、選曲・構成から始まり、プログラム作成、打合せ、そして、レッスン前の指導案の作成も、通常のレッスンに比べ時間がかかります。

発表会の準備に、どれだけの時間をかけるのだろう?

細かく計算して時間を出すような事はしなかったけど、もうすでに100時間は軽く超えています。

時給に直したら…相当な臨時収入ですね(笑)

もちろん、生徒からいただくのは実費のみ。

こうした準備にかかった時間には対価は発生しません。

リスクがある中で、なぜ発表会をやる事に決めたのか…(毎年、あんなに苦しんで、疲れるのに、あなたも物好きね)って言葉も私の中から聞こえてきます。


きっと(木)発表会だけを考えていたら、中止していたかもです。

でも(森)発表会を通じて得られる大きさを考えたら、中止できませんでした。


今年は、世の中がピリピリしている事もあって、子供たちの心理も影響を受けているかもしれません。

発表会の前は、その子の弱い所が浮き彫りになります。


『音楽的要素』であれば、音読み、リズム、技術的な事。

『心理的要素』であれば、集中できない、飽きっぽい、出来ない所・ネガティブな事に意識が行く。

『外的要素』は、他の習いごと、学校の宿題の量など、時間が取れない、また、お家での練習環境が整っていない。


今、弱い部分が出まくっています、あの子も、その子も・・・です。

発表会がなかったら・・・って考えないで、発表会があるから、その子の弱い部分が浮き彫りになって、そこに気付き向き合う事が出来たと考えていただけませんか?

向き合った結果「成長する事が出来た」としたら?


今、目の前にある事は「木」です。

その先に、大きな「森」がある事、忘れないでください。

何に、どこに意識を向けるか?


それでも、心配だったら、遠慮なく、私に話してくださいね。

今、レッスンしていて感じる事がたくさんあったので、昨日、今日と、保護者のみなさんに手紙を書くつもりで時間をかけてブログを書きました。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

友だち追加

ID検索はこちら→ @841zigyk

人生に彩りと豊かさをもたらす楽器演奏が出来るために必要な事

人生に彩りと豊かさをもたらす楽器演奏が出来るために必要な事

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

例えば…援助が必要な発展途上国の人たちがいます。

お金や食べ物を渡すという援助は、その時で終わってしまいます。

援助が当たり前になってしまって、自立ができなくなることもあります。

与えるだけの援助ではなく、自分たちでお金を作りだす手段を伝え、自立した生活を出来るようにする事が大切。

例えが、ちょっと深い話ですが、ピアノ指導も似ている所があります。

今、発表会の曲を練習しています。


読める範囲の音は、自分で読んでもらいます。

もし、私が読みを先に教えてしまったら、その瞬間は出来ても、自分で読む事をしなくなります、音が読めるようになれば、世界が広がります。


リズムも考えて弾けるようにします。

もし、私が弾いてしまって感覚で弾いてしまうと、自分で考える事をしなくなります、リズムがわかれば、世界が広がります。


それぞれが、一人では解決出来ない・学習していない事は、時間も労力も惜しまず教えます。

練習の仕方がわからなかったら、その生徒に適した練習の方法を考え伝えます、時に一緒に練習します。

家での練習でわからなくなった時のために「その時は何ページを見たら良いよ」って教えます。


今までのレッスンでの積み重ね、出来るようになった事、資源はたくさんある。

・・・にもかかわらず、自分で歩きだせない生徒もいる。


「わからない時はここを見て」と練習法を書いても見ない。

読める音も読まない。


私の思いとしては「レッスン曲も含め発表会の曲」を弾く事が目的ではありません。

発表会は通過点であって、目的は「楽器演奏によって、人生に彩りと豊かさをもたらすこと」

レッスンに通っている時だけでなく、末長く、一生涯、楽器演奏を楽しめるようになって欲しいのです。

そして、レッスンを通じ、人として成長していけたらと考えています。


私は、楽器店で習っていて、先生もコロコロ変わって、「違う」と「正解」は教えてもらっても、その正解にたどり着く手段は教えてはもらえませんでした。

ほぼ自力で、音読みが出来、リズムを理解した時は世界が広がりました。

曲の作り、調性など、得た知識は興味を持って組む事が出来ました。

知った時は「この世界を早くに知りたかった・・・(なぜ、教えてくれなかった?)」と思いました。


私が、手に入れるまで、長くかかったそれらが、すぐそこにあるのに…なんか、もったいない。


「自分で考える事」は、とっても大切な事。


 
・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

友だち追加

ID検索はこちら→ @841zigyk

地方だからこそ、書けるニュースがある!!

地方だからこそ、書けるニュースがある!!

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

きっと、ここは「田舎」です。

田舎には、田舎にしか書けないニュースがあります。


少し前、レッスンノートに書いてあった生徒のニュースは「イノシシが出た」でした。

このニュースを見た時、正直「???」意味がわからなかったのです。

ただ、この後、保護者の方が、私の住んでいる地域から、さほど遠くない場所でイノシシが出たと、動画を送ってくれ、「???」が解決しました。

画像には「ウリ坊で・・・ではなく、大きいイノシシが仲良く二匹、ウリ太郎・ウリ子」って感じでした。


さらに、生き物系ニュースは続き「ヘビが出た」というニュースも二人ほど。


都会の子に書けるか!!こういうニュース(ちょっと自慢)


私も子供の頃、玄関外にヘビがいた時があって

「あっ、カブトムシ」

と、思う感覚で

「あっ、ヘビ」


だったし、親が帰ってきた所で


「宅配、来たよ」

と、言う感覚で

「ヘビ、いたよ」


だったな・・・なんて、思い出しました。(ヘビは、無事に逃げられたかな?)って、心配もしていた位です。

せっかく田舎に住んでいるのだから、ヘビ…とは言わないけど、自然の生き物、植物を感じる感性を身につけてもらいたいと思います。

そして、これは生きる力になると思う。


とか書いているけど、足のいっぱい付いている虫は、ムリです。

width=

・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

友だち追加

ID検索はこちら→ @841zigyk

神さまの前髪をつかみ、プロドラマーになった、中学生男子の話

神さまの前髪をつかみ、プロドラマーになった、中学生男子の話

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

もし、私がピアノが弾けるようになりたいと思っていた所に、偶然、ある家から、ピアノの音が聴こえてきたら「ピアノ弾いている所、見ても良いですか?」と、その家のドアをたたけるだろうか?

日曜の朝刊。

当時、大学生だった男性が、ドラムを練習しました。

空気を入れるため、閉め切った窓を開けると、

「ドラムをたたくのを見てみたいんですが…」

中学生の男の子が下の空き地にいました。

この日をきっかけに、その後も、しばらく、遊びに来たそうです。

中学生の男の子の名前は「平井景」

その後、その少年は、プロドラマーになりました。


この名前を見てピ~ンって来ました!!

私は、ピアニストの村井秀清さんが好きで、村井さんの音楽を聴いている中で、村井さんが組んでいる「ピアノトリオ“秀景満”」を知りました、

そのピアノトリオの一人が平井さんでした!!


今回、この新聞記事をきっかけに、

「あの時、ドラムをたたかせてくれたからプロになったんです」

という言葉を平井さんから聞いたそうです。


この記事は、ドラムを練習していた当時大学生の目線から書かれています。

記事の最後「あの日、部屋に招き入れなくても彼はプロになっていただろう(略)」

当時の大学生も今は、会社員。

その時の自分のドラムがきっかけで、プロドラマーが生まれたかもしれないと思うと、少し誇らしくなったそうです。


「チャンスの神様は前髪しかない」

「まず具体的に行動しよう、そのあと考えよう」


とか・・・よく言われるけど、平井少年の行動は素晴らしいです。

ドラム愛が「猪突猛進」させたのかもしれない。


そして、これは昭和の話、今だったら、防犯上の理由から、突然ピンポ~ンが来ても、話すのも、まして、家に上げるなんてしない、出来ない、やってはいけない。

昭和・・・やっぱり好きよ。

width=

6月21日朝日新聞朝刊より



・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

友だち追加

ID検索はこちら→ @841zigyk