ピアノ教室、喜多方市塩川町「ぴありな音楽教室」は、音楽を通し、人としての成長を大切に、人間力を育むレッスンを心掛けています。

TEL-080-3332-3785

喜多方市塩川町御殿場

ブログ

ぴありな~piarina~日記

♪日々、レッスンでの様子、音楽の事など、色々書いています。

 ※こちらでもブログを読む事が出来ます。→アメブロ「ぴありな~piarina~日記」
 
                    (ブログ内容は、こちらと同じです)

ブログ一覧

春だからね・・・4月だからね・・・

春だからね・・・4月だからね・・・

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

昨日、最初に来る生徒さんは、年長さんの女の子。

今年、1月から通い始めてくれました。

この後は、小学1年生の男の子。

二人の入れ替えのほん数分、楽しそうにじゃれてます、学区も歳も違うのにね。

昨日は、二人とも、いまいちのテンション。

寝起きだったり、ちょっと、小さながまんをした事だったり。

こんな二人の様子を見ていた、お母さんが、帰り際、


「春だからね・・・4月だからね・・・」


って、笑って帰られました。

そうそう、


「春だもんね」

「4月だもんね」



進学・進級しても、いつも通りの日々を過ごしている生徒さんもいる。

きっと、自分軸を持っていたり、柳のように、しなやかな心で日々を過ごしてるのかな?


でも、新年度がはじまり、変化の日々に、流されている生徒さんに、不安な感情でいっぱいの生徒さんもいます。



「春だもんね」

「4月だもんね」



まずは、今の状況を受け止められたらいいね。

「なんで、なんで」って言っていても状況は変わらないと思うのです。


そんな生徒さんとのレッスンは、

「ピアノのレッスン時間だけでも、リフレッシュしてもらえたら」

「ピアノを弾いている時だけでもイヤな事を忘れられたら」

そんな気持ちをもって、行っています。


ピカピカの小学1年生、幼児から児童へと、少しずつ、サポートしています。

目指すは「自立」

自分で、考えて、動ける生徒さんに育ってほしいと思います。


色々な感情、気持ちを抱えた生徒さんと日々、接しながら、私の立場で、どう寄り添うべきか?レッスン前、終わった後、自分に問う事が多くなっています。


私自身、大切な、レッスン新年度。

これから、大事な案件にも取り掛かります。

生徒さんの事はもちろん、自分の気持ちの状態もいい状態にしなくては・・・って思います。


「春だもんね」

「4月だもんね」



現在、新規生徒、体験レッスンをお受けしています。

音楽教室に興味のあるかたは、ご連絡下さい。

※体験レッスン代として、¥1,000いただいています。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

レガート取締官「逮捕する!!」

レガート取締官「逮捕する!!」

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

昨日の小学2年生の生徒さんのレッスン。


「せんせい、1にちだけ、れんしゅうできなかった・・・」

「先生は、1日くらい練習休んでもいいよって言ったじゃない、でも、本当は毎日、練習をやりたかったんだね」


こんな会話で始まったレッスン。

短い練習曲。

弾きグセというか、無意識に音をはなして弾いてしまいます。

私のこの曲へのこだわり、それは「レガート(音をつなげて弾く事)」


「今から先生は、レガート専門の警察官、レガート違反したら逮捕だからね」


逮捕=手首をつかむ事(なぜか、逮捕されると、捕まっちゃった・・・的に笑う生徒さん多いです)


生徒さんは、レガートを意識して演奏しました。

でも、それを意識するゆえ、音ミスをしました。


「あっ」


そして、私をチラリと見ます。

「この警察官は、レガート違反しか逮捕しないから、音ミスは逮捕しないよ」

そして、逮捕される事なく、演奏しました。


ここには、私なりに大切にした2つあります。

「ミスをしたら、その瞬間に指摘し直す事」

以前、テレビで、スポーツ指導の話をしていた方が「悪い個所を見つけたら、即、直す」みたいな事を言っていました。

レッスンでもありませんか?弾き終わった後、指摘すると、


「わたし(おれ)ちゃんと弾いたもん」


だから、現行犯逮捕で即直す。

そして、2つ目が、

指導する時は「1つだけにする」

これも、テレビだったか本だったのか、2、3回は目にしたり聞いた事があります。


指づかいをよく見て、ここの音が違う、それでもって、強弱が付いていない、これらを注意してやってみよう」


きっと、中には、1度にこれだけの事を直せる生徒さんはいるとは思うけど、私だったら、分かんなくなっちゃうと思うのです。

1つの事に意識を持って出来るようになる、小さな成功体験の積み重ねを大切にしています。


もちろん、ケースバイケース。

流れを止めたくない時は、最後まで弾かせてから直す事もあるし、ある程度、演奏に余裕があれば、2・3のアドバイスも伝えるし。


「レガート警察官」

「音ミス警察官」

「指づかい警察官」


いつ、誰のレッスンで出現するわからないですよ!!


現在、新規生徒、体験レッスンをお受けしています。

音楽教室に興味のあるかたは、ご連絡下さい。

※体験レッスン代として、¥1,000いただいています。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

ピアニスト辻井伸行さんのお母さんの講演会

ピアニスト辻井伸行さんのお母さんの講演会

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

先週、21日金曜日、会津風雅堂で開催された講演会、

「辻井いつ子 明るく、楽しく、そして、あきらめない生き方」

に行ってきました。

辻井いつ子さんは、ピアニスト辻井伸行さんのお母さん。

講演会では、以前、TVで放映された(金スマ)番組がスクリーンに映し出されました。

映し出されたシーンは、辻井伸行さんの名前が、一躍、全世界に知られるようになったコンクール「ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール」での演奏。

講演会では、ここに至るまでの幼少からの事をお話しされました。


お母さんのいつ子さん自身もピアノを習っていたけど、先生が怖くって、ピアノが嫌いになった事。

伸行さんは、乳児の頃から、音楽に興味を示していた事(同じ曲のCDをかけても、演奏者が違うと、全く反応示さなかったエピソードはスゴイと思いました)

音楽家にさせようと思った事はなく、好きなもの・興味のあるものという中でピアノを習わせた事・・・等々お話しされました。


この後、多くの素晴らしい方の出会いもあり、辻井伸行さんの才能は開花していきます。

小学生の時、はじめて一般のコンクールに参加した時のエピソードは、ちょっと笑っちゃうというか、考えさせられました。


辻井いつ子さんは、音楽の事が良く分からないから、コンクール本番前は、

「いつも通りで大丈夫、がんばってね」

って声をかけ、経験を大切にするというか、楽しむ感じでコンクールに接っしてきました。

はじめて一般のコンクールに参加した時は、他のお母さん方が、めちゃくちゃ一生懸命だった事に驚いたそうです。

伸行さんも、他の参加者の方は、演奏後、お母さんに、たくさんのダメ出しをもらっている様子がわかったようで、

「ぼくのお母さんは、音楽の事がわかんなくって良かった、審査員やピアノの先生に、何か言われるのはいいけど、お母さんから言われるのは悲しい」

そんな事を言っていたそうです。

特に、そのコンクールは、好みもあると思うけど、空気感は違う(・・・ひとり言)


この会場にいる人は、主催関係の方、辻井伸行ファンが多いのかな?

ピアノを習っている人、ピアノを習っている子供さんの親御さん、そして、私のような指導者はどのくらいいたのでしょう。

是非、今日の話、ピアノを習っている子供さん、親御さんにも聞いてほしかったな・・・と思いました。


すでに書いた通り、辻井いつ子さんはピアノに対し、熱血って感じではなく「練習しなさい」って言った事はないそうです。

でも、これって、無関心でも、好き勝手にさせて訳でもないと思うのです。

伸行さんが、全盲という事もあるけど、サポートは多かったはず。

何より、お母さんが、伸行さんの奏でるピアノの音のファンでした。

「練習しなさい」って言った事がない=無関心・自由奔放

ではないはず(なんとなく、講演会の話の流れが、まちがったとらえ方にならないといいのだけど・・・と思いました)


音楽・ピアノは大好き!!でも練習はしない、こんな時、

「練習しないなら、やめちゃいなさい!!」

って言いたくなる気持ちも、なんかわかります。

でも、その前に、お家の方が、演奏する子供さんのファンになって、楽しんでいるか、ご自身に問いかけてみて下さいね。

width=

所有していた、辻井いつ子さんの本。

パラパラってめくったら、今日の講演会のお話しが書かれていました。

実は、入手した後、読んでいなかったのです。

講演会を聴いた後なので、書かれている内容が、すーっと自分の中に、入ってくれる気がします。

width=

開演30分前に車を停め、その30分の間に、ダッシュで、近くの鶴ヶ城の桜を見てきました。


現在、新規生徒、体験レッスンをお受けしています。

音楽教室に興味のあるかたは、ご連絡下さい。

※体験レッスン代として、¥1,000いただいています。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

はじめての、ドラムレッスン(私の)

はじめての、ドラムレッスン(私の)

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。今日は、はじめてのドラムレッスンでした。

width=

・・・といっても、習っているのだはなく、今、会津若松市で「まちゼミ」っていうのが、あちらこちらのお店で開催されています。

まちゼミは、お店やさんに、学びます。


「お茶屋さん」だったら、お茶の事。

「きもの屋さん」だったら、着物の事。


そして「はじめてのドラム」は、音楽スタジオが主宰でした。

「今日は、なぜ、参加しようと思ったんですか?」

の質問に、理由は2つ。


「ここの音楽スタジオに、とっても興味があったから」


そして、もう1つは、

「エレクトーンのリズムの打ちこみの時の楽器を、リアルに知りたかったから」

例えば、エレクトーンのリズム譜って、こんな感じ。

width=

アップにすると、さらにこんな感じ。

width=

1つひとつ、手作業で打ちこんでいきます。

この作業をリズムパターンが多い曲なんかは、20パターン以上あるわけです。

そして、出来たリズムパターンを、曲の小節に合わせて、プログラムするのです。


このリズム譜に書いてある楽器をリアルに感じる事が出来たら、リズムの打ちこみも、楽器をより感じる事が出来るかな?って思ったのです。


レッスン時間は1時間。

参加は、私一人だったので、マンツーマンでした。


基本は8ビート。


「ホントに、はじめてですか?」

「できてます!!」

「すごいです」


お世辞かもしれないけど、いっぱい褒められました。

この言葉、私、今までに言われた事があったけ?

何やっても、ドンくさいので、嬉しい・・・というより、ホッとしました。


きざみ(テンポ)も、一定に保ていたと私も感じたので、やっぱり、テンポは大切です。

ドラムを教えていただいた先生もおっしゃっていました。

「メトロノームとかに合わせて、スティックを刻む練習は大切です」って、

そう、メトロノームを使って、練習するのは大切なのです。


この後、音楽室の中を見せていただきました。

素晴らしかったです。

オーナーさんの考え方にも共感を持ちました。

width=

なんか、写真はいい感じですが、余裕ない感じです(笑)


私が行う、体験レッスンも、こんな風に、たくさんの学びがあったら、嬉しいです。

このドラム体験、まだまだ、開催日残っています。


現在、新規生徒、体験レッスンをお受けしています。

音楽教室に興味のあるかたは、ご連絡下さい。

※体験レッスン代として、¥1,000いただいています。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

小さなソングライター

小さなソングライター

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

生徒さんが帰った後、見つけた忘れ物。

それは、この生徒さんが使っている、メインテキスト「オルガンピアノの本」

(おいおい、メインテキスト忘れて、お家での練習は何をする?)


「リズムやテクニックのテキストは、あるけど、それだけで、一週間もつかな?」


そして、出た答えが「きっと手持無沙汰になる=だから、テキストは必要」でした。

すぐ、お母さんに電話をして、後日、仕事帰りに、テキストを取りに寄っていただける事になりました。


取りに来てもらえるのを待っている、ピアノの上に上がっている、生徒さんのテキスト、レッスンでは、

「この曲には、言葉がないから、考えて付けてみて」

こんな風に言うと「出来ない」と言いながらも、歌詞を考えて付けてくれます。

私、この生徒さんの付ける歌詞が、素朴というか、素直というか、好きです。

※ゴメンネ、忘れていった楽譜、ブログで勝手にアップしちゃって。

width=

width=

新版 みんなのオルガン・ピアノの本1巻より「いねかり」と「あきのゆうぐれ」

そして、この2曲前は「たんぼのなかのいっけんや」

こちらの曲には、歌詞が付いてます。

稲が実って→いねかりして→あきを感じる

この曲の流れは「田んぼ 三部作」と、講座の時に教えてもらいました。

1曲いっきょくは、短い曲、これらの曲を「田んぼの景色を感じながら、3曲を組曲風に弾いてほしいな・・・」と思います。


お母さんが、わざわざ、仕事帰りに取りに寄ってくれた、この楽譜。

次の週、今度は、この楽譜だけ家に置いてくる・・・という、おち付きでした。チャンチャン♪


現在、新規生徒、体験レッスンをお受けしています。

音楽教室に興味のあるかたは、ご連絡下さい。

※体験レッスン代として、¥1,000いただいています。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場