ピアノ教室、喜多方市塩川町「ぴありな音楽教室」は、音楽を通し、人としての成長を大切に、人間力を育むレッスンを心掛けています。

TEL-080-3332-3785

喜多方市塩川町御殿場

ブログ

ぴありな~piarina~日記

♪日々、レッスンでの様子、音楽の事など、色々書いています。

 ※こちらでもブログを読む事が出来ます。→アメブロ「ぴありな~piarina~日記」
 
                    (ブログ内容は、こちらと同じです)

ブログ一覧

人数の多い所はオーディションで決めるけど、少ない所は…

人数の多い所はオーディションで決めるけど、少ない所は…

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

私の住んでいる地域は、地方の地方です。

我が家のある学区の小学校は、新興住宅地のおかげで、例外的に人数が増えているようです。

生徒さんは、色々な学区から、ここに通ってくれています。

半分くらいの生徒さんは、住んでいる学区の小学校は、1学年1クラスです。(複式はなかったような・・・)


「クラス替え」って何?

って感じだし、

「クラスのお友達の名前を全部言えるじゃなくって、全学年のお友達の名前が言える」

感じです。


少し前に、小学校の卒業式の伴奏の事で、ちょっとありました。

一人は、立候補も考えたけど、在校生のうちに伴奏すると、卒業生になった時に伴奏が出来ないとかで、立候補をやめました。

一人は、立候補しようと思ったのだけど、オーディションがあるから、やめました。

多くの生徒に、チャンスをあげ、公平に決めるには仕方ない事だと思います。

人数が多いと、どこも、こんな感じだと思います。


つい先日にレッスン「小学校の卒業式で、ピアノパートになったので、聴いてください」と言われました。

(よくぞまぁ、ここまで、自力で弾いてきたな・・・)

という、がんばりの演奏でした。

私からは、今の演奏に足りない要素、それを補う練習方法を伝えました。


「ところで、クラス何人だっけ?」

「8人です」(9人だったかも・・・)


楽譜には、たくさんのパートが書いてあります。


「一人、1パート担当するの?」

「足りないから、大だいこと、小だいこは、一人で両方やるみたいです」


この曲をやると決めた時、先生が、おしゃったそうです。

「みんなで、演奏出来る曲にしよう」

と・・・人数が多いと『オーディションで、一人を決める』けど、人数が少ないと『みんなで、1つのものを作る』のか。


この話に、良いも悪いも、それどころか、着地点すらないのだけど、なんか、なんか純粋に「いいな・・・」と、感動したのでした。

この曲を、卒業式で演奏したら、感動するよ。

良い曲、選曲したよな~

width=


◇新規生徒・体験レッスンを再開しました。

・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。

ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

楽譜の大切な事は、ここに書いてあります

楽譜の大切な事は、ここに書いてあります

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

この2カ月で、新しいテキストを受取った生徒さんが、何人もいます。

きっかけというか、タイミングをずっと、考ていました。

そして、テキスト代を入れていただく集金袋。

新しいテキストと一緒に渡す時もあるし、先にテキストを渡してから、集金袋を後から渡す時もあります。


集金袋の中には、テキスト説明を書いた用紙を入れています。

内容は・・・

◇なぜ、取り入れたか?

◇どんな学習効果があるか?

◇どんな事を学ぶか?(例えば、次の巻に進んだ時、新しく学ぶ事など・・・)

◇子供さんの様子

などなど…です。

「ドリル」「ワーク」などは、比較的、短い文章になるけど、メインテキストなどは、言葉を選び、1枚の用紙にまとまるように書いています。

ピアノ経験者が読んでも、未経験者でも、わかるように、なるべく専門用語を使わず(使う時は、意味も書いて)書きました。


・・・でも、新しいテキストを受取ったら、必ず読んで欲しいのは、テキストの最初の方にあるページ、「はじめに」「このテキストを前に」などの本書の説明文です。

これは、作曲家からのお手紙でもあります。

電化製品の「取扱説明書」と同じといえるかも?


興味深い事が書いてありますよ。

我が子のレッスン、保護者の方には、普段使っているテキストの「まえがき」は読んでいただきたいです。小学校高学年からは、本人も!!

width=

一気に、書き上げました。


◇新規生徒・体験レッスンを再開しました。

・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。

ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

ツェルニー(練習曲)続ける?止める?

ツェルニー(練習曲)続ける?止める?

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

作曲家・ピアニスト・ピアノの先生でもある、ツェルニーさんは、ピアノのテクニックを習得するための曲を、たくさん作曲しました。

練習曲のテキストは「小さい手のための~」「左手のための~」「8小節の~」・・・様々なタイトルで、20冊前後はあります。


その中でも「ツェルニー30番」(30曲あります)を使っている方は多いはず。

昔ながらの、ピアノを学ぶ過程の1つかと思います。


私は、この「ツェルニー30番」を1番から30番まで、3回、レッスンを受けました。

1回目は、学生の頃、番号を進ませる事しか考えていませんでした。

2回目は、ピアノ教師になって、ツェルニーを指導できるように、やり直しました。

3回目は、当時、師事していた先生を尊敬していて、この先生の、ツェルニー指導を受けたいと思いました。


この「ツェルニー30番」

優れた、テクニック教材と評価する先生方も多い反面、批判的な意見を聞く事もあります。


14曲の組曲からなる、有名な「動物の謝肉祭」での11曲目のタイトルは「ピアニスト」。

作曲した、サン=サーンスさんは、この曲を、ツェルニーの練習曲風に仕上げました。

しかも、演奏上の注意として「初心者のように、下手に弾く」と書かれています。

「こんな、つまらない曲!!」と、ツェルニーさんにケンカを売っています(笑)


どんな教材も、必ず、メリット・デメリットはあります。

私は、ツェルニー30番まで進むと、技術力・演奏力が付くと感じているので、ツェルニー30番に向き合えそうな生徒には使用しています。


先週、ツェルニー30番を修了した生徒がいました。

次に移行するのは、順当に行けば「ツェルニー40番」。

テキストに書かれているテンポで・・・とはいきませんが、曲ごとに求められているテクニックを意識させながら、まとめてきました。

いつも、しっかり弾いてきてくれる生徒、とはいえ、本当は、練習曲はイヤなのかもしれない、生徒に確認しました。


「順番に行けば、次はツェルニー40番、やりたくないという気持ちがある?」

生徒は質問してきました。

「そのテキストをやる事で、私は成長しますか?」

「もちろん」

「じゃあ、やりたいです」


感動しました。

ツェルニー40番に進む事ではないです。

自分への選択の問いかけが「成長出来るか」だった事。

そして、私の言葉を信じてくれた事。


サン=サーンスの「動物の謝肉祭」から11曲目の「ピアニスト」ピティナの動画、笑えます。ここまで、崩すか(爆)良かったら・・・



◇新規生徒・体験レッスンを再開しました。

・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。

ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

パイプオルガンのレッスン

パイプオルガンのレッスン

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

カレンダーは三連休。

今回は、私も三連休。

・・・といっても、1日目の土曜日は、パイプオルガンのレッスンがありました。


雪国の会津も、今現在、雪がありません。

生活するには、ありがたいことですが「これはこれで、どうか?」と心配になります。

パイプオルガンのレッスンは福島市。

ん~雪がなさそうだし、天気も良いから、峠越え出来る?

心配だったので、行く前の給油、ガソリンスタンド勤務の、おじちゃんに聞いてみる。


「どこも雪がないっていうから、大丈夫でしょう、日陰だけ、注意すれば」


日陰か・・・どうしようかと、考え事しながら給油していると(セルフスタンド)となりのレーンは、我が家のお隣さんが給油中でした。


「今年もよろしくお願いします」

「あっ、こちらこそ、お願いします、ところで、福島市に行くんだけど、峠どんな感じかわかります?」

「多分、大丈夫だと思うけど、日陰だけ注意すれば、まっ、腕もいいし」


と、スタンドのおじちゃんと、同じ事を言われる(笑)残念ながら、腕には自信はなく(運転テクニックがあれば、きっと、こんな質問もしないだろうし)

決断できぬまま、車を走らせていると、途中、屋根を開けた、オープンカーを見て、なんか行ける気がしてきたので、峠ルートに決定!!

で、行けました。(帰りも)


今回のレッスンでは、年度末に1年の〆として、みんなの前で発表する曲を決めました。

なんか、発表会で曲を決める生徒の気持ちが、痛いほどわかりました。

width=

パイプオルガンのペダルも、感覚がつかめてきました。


◇新規生徒・体験レッスンを再開しました。

・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。

ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

ゆびきりげんまん、うそついたら・・・

ゆびきりげんまん、うそついたら・・・

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

年中さんの生徒さん。

次のステップに進む時期に来ていて、後はタイミング。

次のステップでは、新しい要素が出てきます。

難しく感じないように、スムーズに移行出来るように、準備を進めてきました。

そして、年末年始休み明けの最初のレッスン日に、新しいテキストを渡す日と決めました。


年末のレッスン、生徒が帰った後、テキストをパラパラ広げながら、今までレッスンでやってきた事を、振り返っていました。

このページで思い出し笑い。

width=
~まい・ぴあの~より

彼が、このページを見て、歌い出しました。


♪ゆびきりげんまん、うそついたら~

♪カルピスの~ます


私が、歌を途中から、乗っ取りました、しかも最後の歌詞を替えて・・・

そしたら、彼は、しばらくキョト~ンとして、


「それって、いいことじゃん」


と言いました。


「ねぇ、ハリじゃないの?」

「先生は、痛いのはイヤなので、針は飲ませない!!」


きっと、彼は、最後まで歌い切りたかったんでしょうね、この後、

♪ゆびきりげんまん、うそついたら~

って何度も歌っていたから・・・

もちろん、私は、針は飲ませたくないので、彼が歌う度に「♪カルピスの~ます」と阻止しましたけど。

大人げないですかね?

まぁ、私が歌う度に、ウケていたので、良しとしましょう。


今日から、新しいテキストが2冊増えました。

スムーズに移行する事ができました!!


◇新規生徒・体験レッスンを再開しました。

・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。

ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場