ピアノ教室、喜多方市塩川町「ぴありな音楽教室」は、音楽を通し、人としての成長を大切に、人間力を育むレッスンを心掛けています。

TEL-080-3332-3785

喜多方市塩川町御殿場

05月

教室カレンダーのコミュニケーション

◆教室カレンダーのコミュニケーション


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


教室のカレンダーに、生徒さんの誕生日が書いてあります。


どなたかの先生が、ブログに書かれたアイディア。


この記事を読んだ時、


「こうした、教室内のコミュニケーションも良いものだな・・・」


と思い、教室のカレンダーが、2015年度になったのと同時に、私も、教室カレンダーに書き込む事を始めました。


㊟プレゼントは、ありません。


このカレンダーは、手洗い場にの壁に掛けてあります。


レッスンが始まる前に、手を洗ってもらうから『見てもらえるかな?』って思って。



ヤマハのカレンダーです、作曲家の誕生日もこのカレンダーには、記されているんですよね。


ところが、意外と見ないんですよね、それに、小さい子だと、自分の目線より上だし。


記入して分かったけど、春に誕生日の生徒さんって、少ないんですよね。


5月にやっと、一人いました。


5月に誕生日を迎える彼女は、中学生。


1つ下の学年の子たちが、


「廊下で、先輩に、急に『おめでとうございます!!』なんて言ったら、驚くかな?」


なんて、話していました。


「きっと、嬉しいと思うよ、それに『かわいい後輩だ』と、何かと、面倒を見てもらえるかもよ、これで、中学校生活も安泰ね」


なんて【ゴマすり】アクションを交えながら、後輩の立場の生徒さんに伝えました。



実は、今日が、彼女のお誕生日(彼女の名前の隣に、スペインの作曲家、アルベニスの名前もありました)


「M親分(←後輩たちがこう呼んでいる)お誕生日おめでとう!!やりたい事にチャレンジを続ける姿に、いつも感心しています」


あの子たちは「おめでとう」を学校で言えたのかな?


こんな、コミュニケーションも素敵ですよね。



体験レッスン・生徒募集を 7月から少し休みます。


新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、期間限定の無料体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

学ぶ事に、引き出しが増えて・・・

◆学ぶ事に、引き出しが増えて・・・


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


今日は、会津若松市まで、雑用も兼ね、行ってました。


信号待ちで、車が止まる時、日陰だと「ラッキー」って、思える暑さでしたね。


自分のレッスンが終わると、ちょっと気が抜けて、こうして、ふらりと、出かける事も多いです。


そう、昨日は、私のピアノのレッスンでした。


先月は、ブログにも書けない位、ひどかったからね。


とはいえ、今回が、そんなに素晴らしいか?と問われれば、そんなでもないのだけど…



昨日のレッスンで、モーツァルトのソナタを弾いていた時、


「和音をこんな風に弾くと、ベートーヴェンになるから、モーツァルトは~」


「それは、ロマン派の弾き方、モーツァルトはね~」


そんな風にアドバイスを受けるたび、こんな私の演奏でも、良い感じに変わる。



この曲の前に弾いていた、シューマンでも「なるほど」のアドバイスを受け、曲の表情が変わりました。


「今の先生の言葉、書き留めます!!」


と、楽譜の隅に書き込みをした後、



「先生は、学ぶ事に、引き出しが増えても、すぐ引き出せる『本当にスゴイ』って思います。私なんか、すぐ忘れちゃって・・・」


そしたら、


師も、月1は東京に通って、学んでいる事。


師でも、素晴らしい人たちとの学びで、置いてかれないように、がんばっている事。


学んだ事を、色々な曲で試している事。(きっと、アウトプットかと)


話してくれました。



10年以上も、ここに通い続けている中で、たくさんの学びがあったはず。


きっときっと、自分の指導にも活かされているはず。


あ~、でも、しっかり、アウトプットしていないがゆえ、抜け落ちた学びもあるはず。



何てことだ・・・


なんて、思いながら、帰り路の車を走らせました。



先月のレッスンの時は、桜もまだだったのに、田植えの終わったばかりの、風景が広がっています。



体験レッスン・生徒募集を 7月から少し休みます。


新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、期間限定の無料体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

スカーフで、理性を忘れる生徒たち

◆スカーフで、理性を忘れる生徒たち


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


発表会の選曲で、生徒さんが迷うと、まず2曲まで絞ってもらいます。


それでも、なかなか決められない時は、


「こっちの方がいいと思うよ」


「こっちの方が、あなたに合うと思うよ」


私の口から出かかる、言葉を飲み込み、誘導尋問にならないように、言葉がけしながら、自分の力で、選曲をしてもらいました。


私の予想とは違った、選曲をする生徒さんも、見受けられました。


「なんで、この曲にしたんだろう?どこが、良かったのだろう?」


ふと、私の中から、出る疑問。


「ねえ、この曲のどこが気に入ったか、気に入った所で、スカーフ振ってくれない?『ちょっといいな』の所は、小さく『すごくいいな』に所は、大きく振ってね」


あ~子供って、スカーフ好きですよね。


渡したら、こんな事してるし、



「どうした!!顔が真っ青だぞ、気分でも悪いか」


とか、付き合っている私も私だけど・・・


曲を弾き始めて、お気に入りの所で、スカーフを振ってもらうんだけど、だんだん、理性をなくし、どこでも振る、とにかく、大きく振る。


こんな光景、つい最近も見たな・・・


あっ、この生徒さんの、弟だ。


さすが、兄弟。


同じ事する(笑)



さっき、ちょっと調べてみました。


【理性とは?】物事の道理を考える能力。道理に従って判断したり行動したりする


そう、時に、スカーフは、理性を忘れさせる。


とかいう、私も、スカーフ見てるのも、選ぶのも、触るのも、ワクワクします。





体験レッスン・生徒募集を 7月から少し休みます。


新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、期間限定の無料体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

ピアノ看板、ペンキ塗りの季節

◆ピアノ看板、ペンキ塗りの季節


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


我が家のピアノ看板は、岩手県に在住の木工職人の方に、作っていただきました。




そして、二世帯のように、正面向いて、2つ並んでいるドア。


2つあるうちの、1つは、プライベート用


そして、横幅の狭い方が、ピアノ教室用のドア。


ピアノ教室と分かるようにと、熊本県に在住の木工職人の方に、表札を作っていただきました。



どちらも、すべて、メールでのやり取り。


イメージが分かるように、画像添付も、かなりの枚数、送ったような気がします。


とはいえ、オーダーメイド。


メールだけのやりとりで、大丈夫なのか、それはそれは、不安でした。


しかし、出来あがった物を受け取った時は・・・


「職人さんって、スゴイ!!」


と、ただただ感心感動。


作った人の思い、こだわりを感じる事が出来きる作品でした。



素材は、木。


そして、


ここは、豪雪地帯。


もちろん、吹雪ます。


強い日差しも、当たります。


だから、1年に1~2回は、メンテナンスしてあげないとですね。






「塗っているのは、お前じゃないだろう!!」


と、ブログを読んでいる方からの声のツッコミが、聞こえてきそうです。


「メンテナンスはしよう」と、エラそうな事を書いておりますが、


ハイ、私は、見てただけです。



体験レッスン・生徒募集を 7月から少し休みます。


新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、期間限定の無料体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

マントルまで、落ち込んでやる!!

◆マントルまで、落ち込んでやる!!


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


「今回の練習は、しっかり、やらないとね」


って、言われた生徒さんが二人います。


一人は、小学生。


付き添いの、お母さまから、あまり、練習はしていない事を聞いてはいたのだけど、きっと、元々の素質もあってか、レッスンはスイスイと、進んでいました。


年度も代わり、


学年も上がり、


テキストも増え、


内容も、ちょっとずつ、難しくなり、


練習の習慣づけをさせるのは、今の時期かな?って感じて、連休後、練習の仕方のお約束をしました。


前回は、そのお約束を実行して「これでもかっ!」っていう位、ほめられ、ご機嫌で帰っていきました。


今回のレッスンで、レッスンノートを見たら、お家の方からの欄に、


「今週は、実家の田植えのお手伝いがあって、練習が出来ない日もありました」


といった事が書かれていました。


「今回は、田植えの手伝いで出来なかったのか、田植えのお手伝いエライね、まぁ、田植えのお手伝いって、ある意味、ピアノより、大切な事かもね、でも、今回の練習は、しっかり、やらないとね


って、伝えました。


レッスンが終わった後、お母さまに聞きました。


先生とお約束した練習が出来ず、実は、ドキドキして、レッスンに来た事を…


なんだ、そうだったのね、全く、お手伝いしない私が言うのもなんだけど、田植えって、大変な作業だし、貴重な体験だと思います。



そして、この生徒さんの1時間半後、


お疲れオーラーバンバンで「こんにちは」って、やってきました。


「今週は、ピアノさわってきてませ~ん」


と、この後、付け加えて…こっちは、中学生。


もう「先生、ちょっと聞いてよ!!」のエネルギーがすごい(笑)


話を聞けば、今日の大会のタイムが、ちょっとの差で、次に進めなかった、悔しさと、ショックで、落ち込んでいる様子。


「そりゃ、ショックだよね。1つだけ、アドバイスする事があるとしたら、受け入れる事は今は、出来なくても、負けを認める事、タイムで競う、勝負だからね、でも、きちんと、受け止められた人が、その経験を活かし、次回、がんばれると思うよ」


「うん」


「でもさ、すぐにはムリだから、今は、とことん、落ち込んで、でも、いつまでも、落ち込んでいられないし、期日を決めたら?」


「引きずるの嫌だから、今日までにしておきます」



さて、この日のレッスン、なんせ、全くピアノの練習しないで来ちゃったから。


「今回の練習は、しっかり、やらないとね」


この生徒さんにも、言っときました。



帰り際、


「今日は、地下奥底まで、とことん落ち込みなね」


って言ったら、


「マントルまで、落ち込んでやる!!」


って、帰っていきました。


この子なら、大丈夫。



体験レッスン・生徒募集を 7月から少し休みます。


新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、期間限定の無料体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

違う曲なのに、コードは一緒でしょ

◆違う曲なのに、コードは一緒でしょ


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


がんばり屋の大人の生徒さん。


レッスンでは、


・テクニック


・クラシック曲


・ポピュラー曲


で、進めています。


「『できるできない』は別にして、知らなかった事が、分かるのって楽しいです!」


って、おっしゃてくださいます。



前回のレッスンは、ポピュラー曲は2曲あったため、2曲目をレッスンで弾き始めた頃は、残り時間が少なくなっていました。


一通り、弾き終えた後、


「申し訳ありません、時間が足りなくって、この曲を全て、指導する事は出来ないのですが『ここだけは教えてほしい』という部分だけを、今日はやりましょう」


という私の提案に、生徒さんが指をさしたのは【サビの部分】でした。


曲は【レット・イット・ゴー】



左手の伴奏が、とっても弾きづらそうだったので、指運びがスムーズに行くアドバイスをしました。


とっても弾きやすくなったと、喜んでいました。



「○○さん、今の部分、左手だけ、楽譜通りに弾いていただけますか?」


とお願いし、分担奏で、メロディは私が弾きました。


といっても、レット・イット・ゴーではありません。



「あれ?先生、この曲、聞いた事がある」


「今弾いたのは『タイム・トゥ・セイ・グッバイ』なんですよ」



「じゃ、もう1回、左手だけ弾いてください」


「あれ?先生、これは『レット・イット・ビー』じゃないですか!!って事は、コードは一緒って事ですか?」


「そうなんですよ、意外と、ヒット曲って、同じコード進行だったりするんですよ」



生徒さんが、興味を持ってくれる、こうした引き出しを、たくさん持たなくちゃな・・・って、感じた出来事でした。


我が家のクレマチス、咲きました、見ていると「スカッ」とする花です。


体験レッスン・生徒募集を 7月から少し休みます。


新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、期間限定の無料体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

ピアノという楽器の将来の行く末は…

◆ピアノという楽器の将来の行く末は…


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


昨日、我が家のピアノの調律がありました。


我が家のピアノは、選定先の、浜松のピアノ工場で、あらかじめ、3台用意してもらい、そこで、出会い、私の元に来た、ピアノです。


ずっと、関東圏に住む、同じ調律師に、調律をしていただいていました。


その方が体調を崩し、昨年から、お隣、宮城県に住む、お弟子さんに、我が家のピアノの調律は託されました。


「調律師が変わると、ピアノの音が落ち着くまで、時間を必要とするけど、比較的、落ち着いていました」


って言われて・・・ホントピアノって奥が深いですね。


終わってからも、あれこれ聞きたい。


【調律士さんから見た、ピアノの話し】(調律が終わった後、1時間、話し込んでしまいました)


衝撃な事も、たくさん教えていただきました。


・・・でも、ブログには書けない。


だってだって「え~」を何度、私の口から発したか分かりません。



とはいえ、1つだけ、書きますね。


この調律師さんは、ご自身で、修理もされます(オールマイティです)。



ボロボロの、グランドピアノを自分で修理した話しから「どうして、そんなに、中古にこだわるのか?」質問してみたら、昔のピアノのは、やっぱり、物がいいのだそうです。


木にしても、作りにしても。


「中古より、新品の方がいい」


とも、一概に言えないそうです。


ただ、修理をするのに、部品が手に入らず、苦労するそうです。


今のピアノは、ランクによっては、ボンドで組み立てられているものもあり、分解ができず、結果、修理が出来ないそうです。



植松電機の植松努さんの講演会での話を思い出します。


『日本は、車にしても、住宅にしても、あえて、数年後に壊れるように作られている、それは、大量消費をしてもらわないと、経済がまわらないから』



ピアノも同じになってきたのだと思ったら、悲しいですね。


電子ピアノは、住宅事情で、アコスティックのピアノが置けない人にも、習うチャンスを与えてくれました。


その一方で、アコスティックのピアノの価値を下げてしまいました(これだけが理由ではないですが)。


また、需要が少なくなったため、良い腕を持った調律師さんが、少なくなっているようです。



「師匠は、良い調律師が育たない事を危惧されています」



とおっしゃっていました。


特別サービス、後1つ、昨日のお話し書きますね。



「引きとったピアノ、大切にされていたピアノは見れば分かります、そのピアノを手入れをして、また、次の持ち主に渡る時も、不思議と、いい人の所に行くんですよ」


って、教えてくれました。


そう、ここでいう『大切』って、弾かないで、インテリアで置くのではなく、弾いてあげる事、メンテナンスをする事。


人間の世界だけじゃなく、ピアノの世界にも『類は友を呼ぶ』が、あったりしてね。



アコスティックのピアノは、生きています。


電子ピアノよりも金額は高いし、メンテナンスも必要、でも、やっぱり、アコスティックのピアノはいいですよ。


どうなる?ピアノの将来。



「中、空っぽだと、机になるじゃない」って、思いました。



 

中身はここ。



1年のホコリ、キレイにしてもらいましょう。



新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、期間限定の無料体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

自信がないから、やめる

◆自信がないから、やめる


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


ピアノを習い始めて、1年未満の生徒さん、休会していた生徒さんを除いて、発表会のソロ曲の選曲、終わりました。


端っこに、積まれていた、楽譜の面積も、だいぶ小さくなりました(笑)



発表会の選曲は、事前に3曲くらい、私が候補曲を選んでおきます。


これって、お見合い相手を私が探し出し、引き合せる(『弾き合せる』の字の方が、ふさわしいかな?)仲人さんのようなもの。



生徒さんの選曲は、次から次へと、私が弾いていくか、CDをかけ、選んでいく。


「1・2・3曲目どれがいい?」


もちろん、4番目もあり。


4番目、それは『該当者なし』


この場合、もう1回、選曲作業のやり直し、今の所、4番目はなかったです。



選ぶ時に、生徒さんたちにアドバイスした事。


「頭で考えす、感じた気持ちを大切にね」


でした。



曲が「長い、短い」「簡単そう、難しそう」「間違えたら目立ちそう」こうした基準で選ばず(頭で考えず)、「素敵だな」「弾いてみたいな」「発表会が終わった時、この曲にして良かったな」って、思える曲にする事。


もちろん、この感覚を大事にして(こっちが先)、選んだ後は、頭で考えてもらいます(こっちは後)。



「自分の好きな部分だけでなく、苦手な部分も、向き合って練習する覚悟はある?」


「表現力が大事な曲、弾き込まないと、表現までいかないよ、直前になって、慌てて練習するようでは、この曲の良さは出せないよ」



ちょっと、脅かして・・・いやいや、曲と向き合う覚悟を確認。


そしたら、一人だけ、


じしんが、ないから、やめる(ほかのきょくにする)」


といった生徒さんがいました。


「自信がないの?自信がないって『練習する自信がないの?』それとも『練習しても、弾けるようになる自信がないの?』どっちのほうかな」


って確認したら、練習はするけど、それでも、弾けるようになるかな?の方でした。


この後、生徒さんと、お話しして、


「やっぱり、やってみる!!」


って、ニッコリ顔で伝えてくれました。



発表会のステージでの演奏は大切、でも、表には出ないけど、発表会までの向き合い方、そして、発表会での経験をどう生かすか、こちらの方が、大事なんじゃないかと思います。


発表会はチャレンジの場所、まだまだ若いんだから(だって、小学2年生)守りに入るなんて、もったいない。


もちろん、先生も、しっかり、サポート・応援していきます。



新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、期間限定の無料体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

生徒募集を7月から、ちょっとお休みします。

◆生徒募集を7月から、ちょっとお休みします。


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


現在、発表会のソロで演奏する、楽曲の選曲をほぼ終えた所です。


今後はアンサンブル曲の選曲、構成・演出など、練っていきます。


7月以降は、発表会に専念したいので、7月から、体験レッスン・生徒募集をお休みします。


6月までの、体験レッスン・生徒募集の確認です。

・5月までに、体験レッスンを申し込んでいただければ、体験レッスン実施日が、6月以降になっても、5月までの特典は、有効です。(特典:体験レッスン1レッスンまで、無料)


・6月までに、体験レッスンを終え、入会していただいた場合、7月からのレッスンはお受けできます。


体験レッスン・新規募集停止は、少し悩みましたが、


「在籍している生徒さんを優先に考えたい」


「体験レッスン、新規の生徒さんに対しても全力で接したい」


という思いもあり、停止する事に決めました。



4月・5月は、子供さんはもちろん、保護者の方も「生活リズムがつかめない、精神的に不安定」という理由から、6月から、新しく入会される方もいらっしゃいます。


また、体験レッスン・新規募集再開は、発表会が終わりましたら、秋くらいに再開する予定です。


(再開の時は、体験レッスン・入会までの流れ、少し変更しようかと思っています)


もし「ピアノを習いたい、音楽に興味のある」という方がいらっしゃいましたら、今月末までに、ご連絡いただけたらと思います。


(秋に、また再開する予定なので、春入会を見送る方は、ご検討くださいね)



新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、期間限定の無料体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

新版みんなのオルガン・ピアノの本、活用講座

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


今週、13日にヤマハ郡山店にて、行われた、


「新版」みんなのオルガン・ピアノの本 活用講座」


に行ってきました。


講師は、有泉久美子先生。



テキストを開くと、作曲者名に、有泉先生のお名前もあります。


有泉先生が、このテキストに深く、関わられている事がわかります。



ずっと、気になるテキストではあったものの、レッスンでは、他のメソッド・テキストを使用していました。


昨年、リニューアルされ、テキストにも「新」という文字も追加され、実際手に取り、レッスンで、使っていく事に決めました。



レッスンに取り入れると決めたのであれば、やっぱり、講座は受講しておきたい。


あちらこちらで、この講座は開催されています。


日帰り出来そうな所で調べると、4月に、山形・新潟があって「どっち、行こうかな?」ってすごく迷ってました。


こうして、県内の、ヤマハ郡山のPTC講座として、今回の講座が実施され、受講できる事を知った時は、本当に嬉しかったです。


(3月にヤマハ郡山に行った時「5月の講座だけでも教えて!!」って、スタッフの方にお聞きしておいて良かったです)



今回の講座受講で、テキスト全4巻までの流れを再確認出来ました。


また、曲によってのアプローチの仕方の引き出しを、増やす事が出来ました。



このテキストが、たくさんの支持を受けている理由の1つに「シンプルさ」があると思います。


また、進度が、急でもなく、緩やかすぎでもない(・・・1・2巻はは早めかも)。



とはいえ、このテキストだけで、レッスンを進めるのは、難しいと思うので、併用テキストに何を使うか?が大切なように感じます。



まだ、1巻から使用している生徒さんはいませんが、4月から、2巻・3巻に、移行した生徒さんが、何人かいます。


とくに、今の所、スムーズに移行できていますが、指導していく中で楽曲を「どう弾かせるか?」という迷いのようなものが、私の中に芽生え始めました。


講座終了後、有泉先生の所にかけより、自分の中に生じていた迷いをお聞きしたら、丁寧に教えていただきました。


「大切なのは、どう先生自身が、その曲を弾かせたいか?」


というお言葉もらって、安心しました。


きっと、自分の中で、こうじゃないかな?って、思っていた答えと同じだったからだと思います。



生徒さんたちのレッスンを通しながら「新オルガン・ピアノの本」を掘り下げていきたいな・・・と思います。




新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、期間限定の無料体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場