ピアノ教室、喜多方市塩川町「ぴありな音楽教室」は、音楽を通し、人としての成長を大切に、人間力を育むレッスンを心掛けています。

TEL80-3332-3785

(レッスン中は対応出来ません)
E-mail: piarina.music@gmail.com

喜多方市塩川町御殿場

05月

発表会の企画が決まり6手連弾の楽譜を作り直しました

発表会の企画が決まり6手連弾の楽譜を作り直しました

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

今年の発表会は、日本のアニメ映画一作品とのコラボを企画しました。

このアニメで使われる楽曲は、耳馴染みの曲が多く使われています。

この映画の音楽は、小さな子に人気がある楽曲もあれば、小さな子のウケはいまいちでも、大人は好き!!みたいに幅広い年齢層の方々に受け入れてもらえると思います。


スピリチュアル的な事になっちゃうけど「この企画でいいのかな・・・」って迷っていた時期も長かったのです。

そうすると、突然、この映画のタイトルや、キャラクターを新聞など、目に耳にする事がありました。


「その企画で大丈夫」


って言われているようでした。

それでも、迷いを抱えてた時、家の押し入れ開けたら、この映画のキャラクター商品が目の前に現れ「いい加減に気付け!!」と言われているようで笑えました。


この企画にソロ、または連弾で参加する生徒には楽譜を渡しました。

このコーナーに6手連弾が一組あります。

「6手=三人」

この既製の楽譜は実際に演奏する実音の高さで書かれています。


低い音域を担当するパートは、右手左手ともヘ音記号読みで、左手なんて、さらに加線を使った低い音。

反対に、高い音域を担当するパートは、右手左手ともト音記号読みで、右手なんて、さらに加線を使った高い音。


子供には、見にくい、読みにくい。

だから、全部、作り変えました。

最初は、高さだけ変えるつもりが、実際、演奏する生徒を思い浮かべると


「手を変えた方が弾きやすい?」

「この部分はカット!」


という箇所も次から次へと出てきました。

電子ピアノで録音して重ね弾きして、音ミスの確認。

どんだけ費やしたのだろう・・・

私さ、がんばったよ。

だから、きみたちもお願いね。

width=

・年少・年中さんを対象にしたプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。



喜多方市広域・湯川村・磐梯町・会津若松市・下郷町より、通ってきてくださっています。

友だち追加

ID検索はこちら→ @841zigyk

毎日の生活の中で「脱力」している瞬間はないですか>?

毎日の生活の中で「脱力」している瞬間はないですか?

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

ピアノ演奏には「脱力」が大切です。

・・・でもね、ちいさな生徒に「だつりょく」って言ってもピ~ンと来ない。


少し前、ZOOMで受講した『ピアノアドベンチャーのシェア会』で「おすすめのミュージックベルはありますか?」という質問をされた先生がいました。

ベルって、脱力が出来ていないと、音は響かず飛びません。


昔、発表会でのベル演奏のため集まってレッスンをしました。

生徒の一人が「音を出そう」という気持ちから、一生懸命振るんですが、力み過ぎてベルは響くどころか逆に音が小さくなり、すごく悲しそうな表情になったのを覚えています。

ピアノも打楽器です。(ピアノの中のハンマーが弦を打ちます)

だから、音を出す時、脱力が出来ていないと、音は響きませんし、固い音がします。



ところで、みなさんの学校のチャイムの音は、どんな音ですか?

学区内の小学校から授業の終わりを知らせるチャイム「ビックベンのかね」がたまに聞こえます。

ピアノのテキストにも用いられていることも多い曲。

生徒の使っているメインテキストにも、タイトルは違っても「ビックベンのかね」が掲載されています。


「チャイムの所でトライアングルをたたこうか?」


トライアングルも「音を出す」のは誰でも出来ますが「響かせて出す」となると容易ではありません。


「じゃ、今度はピアノで弾こうか」

「こんどは、せんせいが、わたしのえんそうにあわせて、たたいて」


はい、指令を受けたので、生徒の演奏に合わせトライアングルを担当しました。


私ね、体育・運動が得意ではないので、上手に例えられないけど、ボールを投げる時も力むと逆に遠くに飛ばないんじゃないかな?

中学校の時、所属していた「バトミントン」もシャトルを遠くに飛ばす時、脱力していたと思います。

お風呂で腕の力を抜くと腕が浮かびます、これも脱力。

レッスンでお手玉を取り入れる先生もいます、これも脱力。


「脱力」が出来るように、レッスンに上手く取り入れたいと、打楽器に注目し始めています。

width=

  
・年少・年中さんを対象にしたプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。



喜多方市広域・湯川村・磐梯町・会津若松市・下郷町より、通ってきてくださっています。

友だち追加

ID検索はこちら→ @841zigyk

この状況下だから気付ける事もあるのではないでしょうか?

この状況下だから気付ける事もあるのではないでしょうか?

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

連休も終わり、気付けば、5月も半ば。

この数日、たくさんの気付きがありました。

連休スタート前から、この地域に不安な空気が流れ始め、今もその真っ只中にあります。

そう感染者の増加です。

「10万人当たりの感染者数」で発表されますが、この地域で出された数値を東京都の人口に当てはめた数値を見ましたが、数字の高さに驚きました。

東京・大阪を超えてるんですよね・・・


「この状況下で何か、教室は対策をした方が良いか?」



コロナ禍も一年以上が過ぎ、今の状況に対し「何をしたら感染予防に効果があるのか?」を考えました。

文章もまとまり「今の状況が収束するまでの期間、教室での対策について」みなさんに連絡を入れました。


でもね、これらをやったことで、ホント微々たる事なんです。

それでも、今は、一人ひとりが、微々たる事でもして、脱却するしかないと思います。

また「教室でも対策を考えています」というメッセージは、安心材料にもなると考えました。


保護者の方には、教室での感染対策をまとめ、LINE,メールなどで理解と協力をお願いの文面を送信しました。

確認したら、スタンプでも良いので、返信をお願いしました。


お一人の方が返信していただいた際、

「このような状況、先生(私)には、リスクがある中、レッスンしていただき感謝しています。」

といった内容が書かれて送信されました。

個人で動く私以上に、学校・会社に属する、みなさんの方がリスクが高いはず。

だから、逆です。

「このような状況の中、レッスンに来ていただき、感謝しています」

です。


この状況になった連休中、たくさん自分に問いかけました。

「今の状況と、発表会が重なったらどうした?(会場は使用中止ではないという仮定)

答えは「NO」でした。


そう思うと、昨年度、制限はあったけど、発表会が行えた事(とっても、楽しい発表会でした)あれって、スゴイ事なのだと思います。

そして、今、私の住むこの地域が、こんな状況になって、自分の中に(都会は大変ね)って、他人事みたいに思っていた自分がいた事に気付きました。

反省しています。


きっと、不安に気持ちが支配されていないから、こうした大切な事には気付けたのだと思います。

それに、不安に支配されると、たくさんの情報から取捨選択も出来なくなるし。

これはすごく大切です。震災からの教訓です。


気付きはまだありますよ「音楽があり、楽器が弾け、いつものレッスンがある」って良いな~と事。

音楽教室をやっている者が書くので、営業っぽいけど、運動会などイベントが中止・延期になったり、持って行きようのない感情になったら、ピアノに向き合ってほしいな・・・と。

違う所に意識が行き、その意識の向かう先が「音楽」なのって良いですよね。


さて、最後になりますが、今、タイミング悪く、4月半ばから風邪もひき(でもず~っと、めちゃくちゃ元気です)鼻声でレッスンしています。

不快な思いをさせているのではないかと思うと、こんな時に申し訳ない・・・

あまりにも長引くので、耳鼻科に行ったら、良くなってきました。


やれる事はする。

やっちゃいけない事はしない。

不安に支配されない。

そして、みんなは、楽しくピアノがんばる(笑)!!


嵐が、過ぎますように。

そして、嵐の中だからこその大切な気付きを見落とさないようにしたいと思います。


・年少・年中さんを対象にしたプレ・ピアノコースが出来ました。
 


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。



喜多方市広域・湯川村・磐梯町・会津若松市・下郷町より、通ってきてくださっています。

友だち追加

ID検索はこちら→ @841zigyk