ピアノ教室、喜多方市塩川町「ぴありな音楽教室」は、音楽を通し、人としての成長を大切に、人間力を育むレッスンを心掛けています。

TEL-080-3332-3785

喜多方市塩川町御殿場

12月

ぴありな通信vol.90

ぴありな通信vol.90

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

来週は「今年のレッスンが最後」という曜日が出てくるため、その前に、配ららなきゃ!!

ギリギリで、書き上げました。

width=

教室通信「ぴありな通信vol.90」

書き上げたこの日は、雪もどっか~んと降ったので、雪かきの時間というのも計算に入れないといけませんでした。

今回の教室通信では、先月、受講したセミナーであらためて感じた「メトロノームの必要性」のことを書きました。

セミナー受講中に、この話が出た時「来月の教室通信はこの事を書こう!!」と、ノートの端っこに


教室通信→メトロノームの話し


って忘れないようにメモリました。

今回、文章をまとめている時、

「メトロノームを使う事の大切さ、メトロノームを使う事で得られる事などをわかりやすく、そして、見やすくするには?」

なんて考えていたら、結構、書き上げまで時間を要しました。

レッスン開始前には、雪かきもしなくてはいけなかったので、バタバタしました。(←雪国は大変なのです)

そのうち、私が思う、メトロノームを使って練習する事の大切さもブログでも書けたら良いのですが・・・


今週の火曜日の生徒さんからお渡ししています。

そうそう、ぴありな通信もvol.90になりました。

前回の9月号、通信vol.87から、ブログ記事には載せていませんが、10月のvol.88も、11月のvol.89も、今回は、サボらず、渡せています。

あと、10回で、記念すべき100号になります。

コツコツとここまで来ました。



・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

そんな季節になりました

そんな季節になりました

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

先日、生徒さんの「(高校の)志望校が決まった」事を知りました。

「ちょっと、待って、言わないで!」

エレクトーンのスイッチを入れ、ポンポンと操作して~

♪ダラララララララララ… (←ドラムロールの音)

と、効果音で演出してから、教えてもらいました。


・・・そんな季節になりました。


今年も、引っ張り出して、
教室に掲示しました。

width=

・・・そんな季節になりました。



今日は、昨日の雪かきで、筋肉痛です。

width=


・・・そんな季節になりました。


そんな季節になったのに、クリスマスの飾り付け、まだです。



・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

ウォーミング・アップレッスンを取り入れています

ウォーミング・アップレッスンを取り入れています

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

肩が痛いのです。(なぜ?)

生徒さんが来る前にと、この冬、最初の、雪かきをした事を思い出しました。


寒い季節、雪国では、車の窓ガラスは凍り、激寒の車内…きっと、車の暖機運動を多くの人がされていると思います。

車の走り出しも、スムーズです。


そう、これは子供たちも一緒。

「車が走り出す=レッスンが始まる」

だとしたら、

「暖機運動=ウォーミングアップレッスン」


ウォーミングアップレッスンは、ますこしょうこ先生のセミナーで知りました。(著書の「生徒がやめない!ピアノ教室にも、詳細が書かれています)


その時、自分の教室を振り返れば

「ギリギリにレッスンに来る生徒さん」がいて、呼ばれるまでに「ボケ~」としている生徒さんがいます。

レッスンが始まってから、エンジンがかかり出す感じです。


「ウォーミングアップレッスン」をどうやって取り入れるか?

それも、この教室にあった方法で・・・


まだ、思考錯誤中ですけど、だいぶ形になってきました。

width=

A4のファイルに、その日に来る生徒さんの順番に、ウォーミングアップレッスンのメニューがあります。

width=

開くとこんな感じ。

名刺サイズの生徒さんの名前のカード。

そして、一人ひとりに合わせたメニューを入れます。

カードは、抜き差しで、その日の生徒さんの名札、メニューに差し替えます。

別にァイルしてある全生徒さんの名札(バーバパパファミリーのイラストは欠かせません 笑)そして、メニューカードは、増えて60枚位になりました。

60枚といっても、同じカードも何枚もあります。

これからも、メニューは増えるはず。

ここまでの準備は手間暇かかりますが、1度作ってしまえば、ずっと使えます。

このウォーミングアップレッスンをしている多くの場合、前の生徒さんのレッスン中です。

レッスン前にウォーミングアップした事で、エンジンはかかっています。

生徒さんたちの頭の中が、レッスン開始前に、レッスンモードになっているのです。

効果は確実にあると思います。


こんな風に、ウォーミングアップメニューを作っても、時に、ボケーとしている姿を見かけますが、特に声かけはしません。

これ以上の指示は私からは出さないようにしています。

「指示待ち人間」になって欲しくはないから。

width=

前の生徒さんが、曜日を移動した事で、この生徒さんたちの前には誰もいません。

でもね、レッスンに来て早々、準備して、それぞれのメニューをこなしていました。

私は、見てるだけ・・・


生徒のみなさん、10分前には来て、ウォーミングアップしてくださいね。兄弟で通っている生徒さんは5分前までに来てください。

レッスンを効果的にするために!!協力よろしくお願いします。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

骨折生徒のレッスン

骨折生徒のレッスン

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

1週間前、電話が鳴りました。

(生徒さんのお母さんからだ)

「○○が今日、学校で骨折して、入院してるんです、明日、手術なんです、しばらく、片手しか使えないけど、レッスン出来ますか?」

「もちろん!!あるある、いっぱいある」

ひとまず、この日の予定していたレッスンは欠席になりました。

骨折…これでも驚いたのに、この後に出てきた「手術」「入院」という単語に、私はまだ、事が飲み込めない感じでした。

その日、レッスンをお休みした生徒さん、学年は違えども、同じ学校の生徒に聞いて、ケガをした状況とかが少し見えてきました。


そして、昨日、姿を見せた生徒さんは、相変わらず、元気でした。

首から吊られている、固定された痛々しい腕も、まるで、仮装の小道具のように見える位、本当に元気でした。

演奏が出来ないのは残念だけど、いつもは、演奏中心になってしまって、手を付けられなかった事にじっくり取り組めます。


◇音程学習

◇目印音

◇移調 などなど…


昨日のレッスンでは取り組みました。

あっという間に、レッスン時間が過ぎました。

昨日のレッスンでは、指導案を立てずに、でも、あらかじめ、やれそうな事を考えておいて、生徒さんの状況を見ながら進めました。


今日は音程学習もしたし、次回は、コードの勉強をやろうかと思います。

そうそう、以外にもネタの宝庫が「学校で使う音楽の教科書」

教科書も持ってくるように伝えました。


お家の方が玄関に見えられました。

「色んな事、教えてもらったよ」

帰り際、生徒さんの背中越しから、お母さんに話した、会話が聞こえてきました。


うん、来週も、色んな事、教えるね。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

確かな成長

確かな成長

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

教室で一番、若い生徒さんは年少さん。

9月に開催した発表会では、賛助出演で、一緒に習っているお兄ちゃんと参加しました。

この生徒さんは、


「音楽と合わせる」


というのが出来ませんでした。

合わせるのは、私の演奏だったり、音源だったり、アンサンブルです。

音楽が聴こえると、バンバン音を鳴らす感じです。


でも、発表会後に、明らかに変化がありました。

例えば「1、2,3、ハイ」で弾き始めたり、「この音が聴こえたら、入ろうね」など「音を聴いて待つ」という事が出来るようになったのです。

その他にも、出来なかった事や、曖昧だった事が、形になってきました。

今後は「等速感を養っていきたいな」と思います。

小さな積み重ねが、こうして見える成長につながると嬉しいです。

width=

実は、最近、3歳になりたての生徒さんが入ってね、君が、一番、若い生徒さんじゃなくなったのです。

しっかりね。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

生徒さんを「かわいい」と言えなかった…

生徒さんを「かわいい」と言えなかった…

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

2週間前、セミナー受講で、関東方面に行ったこと、そして、1泊して、次の日には、人に会う約束した事を最近のブログに書きました。

「学び」というより「気づき」が多かった二日間でした。


そんな多くの気づきから、ひとつ書きます。

それは、セミナー受講後の「懇親会」の場でした。

何気ない会話からだったと思います。


「生徒さんって、かわいいですよね」


って声をかけられました。


「ホント、かわいいですよね」


って答えればいいのに、私は答えに詰まってしまったのです。

そして、その瞬間、その場の空気が変わったのを感じました。


生徒さん、かわいくないのかしら・・・

この仕事イヤなのかしら・・・


(ひょっとして、今そんな風に思われている?)

誤解、ごかいなの~

「生徒さん=かわいい」

そこに、なんというか、違和感を感じてしまったのです。

そして、自分に、変に正直なところがあって、この違和感を持ったまま「かわいいです」って、言葉を返すことができなかったのです。

なかなか、しっくり来る言葉が出てきませんでした。

でも、その場の空気を換えたくって「何か言わなきゃ・・・」って思いました。

そして、その時、一番、近い感覚の言葉を見つけ出し、

「生徒さんは大切な存在です」


って答えました。


翌日になっても「あの時、なぜ言葉が詰まったのか?」少し、モヤモヤした感じがありました。

この日、お会いした方に、昨日の事を話しました。

そしたら、私に手を差し伸べるのです。


「わかるわかる~その気持ち♪私も、おなじだもの」



そういって、握手を求められました。

そして、その方と話している中で、モヤモヤが解決されてきました。

私は、子供を生徒として接しているときは「かわいい」と感じていない事。

たとえ、子供ならではの、面白回答が出ようが、面白行動が出ようが、


「ほ~そんな風に思うのか!」

と、自分にはなかった、発想に感心し、

「なるほど、そう出るか!!」

と、次に私が取るべき行動、言葉を考えています。

きっと、幼児であっても、生徒として接するときは、一人の人(子供であっても、大人であっても同じ)として見ているのだと思います。


「かわいいと思わないか?」といえば、日々、てんこ盛りにあります。

それは、生徒さんを子供として、大人の生徒さんだったら、一人の女性として接しているとき。

学校の話しなど、何気ない会話や、動作の時に感じているのだと思います。

きっと、自分の中に、無意識にスイッチがあるかもしれません。


懇親会で声をかけてくれなかったら…

翌日、この話をしなかったら…


あらためて、考える事はなかったかも?

そして、私の、自分に正直なところも気づかされました。。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場