ピアノ教室、喜多方市塩川町「ぴありな音楽教室」は、音楽を通し、人としての成長を大切に、人間力を育むレッスンを心掛けています。

TEL-080-3332-3785

喜多方市塩川町御殿場

07月

時間の過ごし方「本当に、その時間は楽しかった?」

◆時間の過ごし方「本当に、その時間は楽しかった?」


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


急きょ、連弾練習枠を設けるために、生徒さんのスケジュールの確認で、電話をしたら、お母さまが電話に出られました。


スケジュールの確認が済んだ所で、気になっていた事があって、お聞きしました。


「最近、ピアノの練習はどうですか?」


と、前回のレッスンノートで、お家の方から、


「ipodに向かっている時間も多く、ピアノの練習をしていない事が気がかりです」


と書いてあって、この生徒さんは、詳しくここでは書けないけど、今、思いっきり、練習できない現状があります。


「今、あなたの置かれている状況は、辛いけど、やれる事をやりましょう」


と、レッスンで声掛けをしても、やれる事も、やれていません。


色んな事、お母さまに、お聞きしました。


友達の事、部活の事・・・


なんとなく、全てが、悪循環に回っている感じ。


「明日、レッスン室に来て、2時間、電子ピアノ+ヘッドフォンになっちゃうけど、自主練習にいらっしゃいませんか?結果、何も変わらないかもしれないし、気持ちに変化があるかもしれないから」


そして、翌日、教室に来て、2時間、自主練習してました。


合間に、調べものなんかもさせました。(ヘッドフォンなので、耳も休ませないと)


この2時間の間に、次々と、教室には、レッスンを受けに、生徒さんがやってきます。


発表会で演奏されると思われる、お友達の音も聴こえる中、何を感じたんでしょうね?


お母さんが、お迎えに来ました。


伝えたい事があったので、私も、外に出て、生徒さんに、お話ししました。(レッスン室には、ドレスを借りに来た、他の生徒さんがいらっしゃたので)


「2時間、練習したね、ここは、TVもIpodの誘惑もないから、集中出来たでしょ、気分はどう?」


「やった感があります」


「気が乗らない、お友達と遊んだ後や、時間をつぶすためのIpodの2時間なんて、あっという間でしょ、でもその2時間に、充実感はある?大事に時間を使おうね」


ピアノがお家にやってきた日、夕食も食べずに、ずっと、ピアノに向かっていた生徒さん。


あなたのピアノが、さびしがってるよ。


今度は、私の家のピアノじゃなくって、お家のピアノと、しっかり、向かい合ってね。


今のこの生徒さんに、ピッタリの小冊子があった事を思い出し、渡しました。





【君が変わる10の法則】喜多川 泰


喜多川さんは、作家ですが、塾の先生でもあります。


「自己啓発本は、嫌い!!」っていう方も、喜多川さんの本は、小説の中に、たくさんの教えがあるから、ファンも多いんです。


中高生が読んだら、かなりの確率で、何か、気持ちに変化が起きるかもしれませんよ。



現在、家族が、1冊、持ち出ししております。


以前、コーチングを学んでいた時に、同期に教えてもらった、この小冊子は、喜多川さんの塾生に配布されているものです。


すごく、感銘を受けて「私の教室の子にも、配りたい」と思って、連絡したら、送料のみで、たくさん、いただきました。


1日1法則だけしか読んではいけない、ルールがあります。正しく守って、読みましょうね!!


体験レッスン・生徒募集を 7月から少し休みます。


新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

最初の問いかけが、大切と感じた事

◆最初の問いかけが、大切と感じた事


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


コンクールが終わった生徒さん、コンクールは終わっても、発表会は控えています。


発表会では、コンクールの曲をそのまま弾くか、もしくは、追加します。


コンクールが終わった後、また、モチベーションを上げるために、+アルファを何にするか?、負担になりすぎてもいけないし、考えちゃいますね。


今回の生徒さんは、コンクールが終わり、追加した曲は、ちょっと練習をすると、弾ける感じ、もちろん、ソロ曲は、コンクールに向けて、弾き込んでいるので、暗譜までOK。


まだ、1ヶ月はあるし、ん~このままだと、消化試合になっちゃうかも?


性格からすると、ほど良い、大変さがあった方がいいと思う生徒さん。


結果的に、諸事情から、発表会に不参加になった生徒の枠が空いていて、連弾曲なので、私が、パートナーをやろうと思ったのだけど、この生徒さんに、お願いしても良いかと考えました。


すでに、コンクール後のレッスンは1回やっていますが、今週のレッスンで、まだ、発表会へのスイッチが入っていないように感じました。


「どうする?○○も弾く?やめとく?」


この問いかけに、なかなか、答えません。


誘導尋問だけは、したくありません。


ひょっとして、ついお母さんも、


「ほら、早く答えなさい、どっちにするの?やるの、やらないの」


って、声掛けしちゃうかもしちゃうけど、それもダメ。


それだと、周りの人の、顔色を伺っちゃう、でも、大切なのは、自分の中の本当の答えだから。


「やるか、やらないか、ですよね」


って、やっと、生徒さんから質問が返ってきました。


「きっと、一番大事な感情は『やるか、やらないか』じゃなくって『弾けるか、弾けないか』でもないし・・・『(もし、何の制限もなかったら)やりたいか、やりたくないか』だと思う」


って、答えました、微妙な言い回しの違いだけど、最後は『やりたいか、やりたくないか』だと思いました。


「やりたい」


って、めっちゃくちゃ、小さい声で、答えが返ってきました。


「すぐに、先生に答えを言えなかったのは、自分の中に不安な事があったんじゃない?不安な事を抱えながらの練習は、効率悪いから、不安に思う事言ってごらん」


そしたら「弾けるようになるか、ならないか」でした。


これに対して、対策を提案しました。


この間、お母さんは、ただ黙って、私たちを見守ってくれていました、きっと、ご家庭でも、この生徒さんを見守って下さることでしょう。



人は、問いかけられた事に対し、その答えを探そうとします。


違う例ですが、同じ日に、大切にしている事・やりたい事が2つ重なった生徒さんがいました。


その生徒さんに、(本人、または、その周りの人が)最初に投げかけた質問が、


「どっちを諦める?」


だったのじゃないか?って(推測ですが)思います、もし、それが、


「両方、諦めないで、出来る方法はないかな?」


だったら、違う答えが返ってきたのではないかと思います。


結果的に、1つを諦めたとしても、素晴らしい代打案が出たかもしれない。


生徒さんを見ていると、無理に1つに決めて、気持ちがモヤモヤしたまま、色んな理由をくっつけて、自分の出した答えを正当化しているように見えます。


学校とご家庭の問題だから、私が口出ししてはいけない事、ただ、最初の問いかけの大切さを感じた、2つの出来事でした。


体験レッスン・生徒募集を 7月から少し休みます。


新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

がんばっている親子

◆がんばっている親子


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


はじめて参加する、発表会。


ピアノ未経験のお母さんにお願いした、親子連弾。


負担にならないように、楽譜を作成しました、2ページ。



「小さな世界」~イッツ ア スモール ワールド~



私も入って、三人6手連弾。


「あれっ?」


翌週には、弾けちゃった(お母さんは、お仕事もされて、お忙しいのに・・・)


だから、先日、ブログに書いたように、もう少し長くする事にしました。


私に、アレンジ力があれば「さらさらさら~」っと、書けるのでしょうが、ひとまず、イントロ、エンディングをくっつけることにして、これによって、


2ページ→3ページ半


と、長くなりました。


まぁ、この親子さんの事だから、念のために、もうちょっと、難しくしてあげなければ!!と思い、間に、


「星に願いを」


を入れて、メドレーみたいにしました。(一応、ディズニーで、まとめたかったので)




これで、3ページ半→6ページになりました。


(6枚、大変かな?負担かな?その時は、イントロと、エンディングだけ、増やそう)


なんて、思っていました、なのに・・・


何てことでしょう!!


次の週には、全部弾いてきちゃった。


え~もう、弾けちゃったの?なんで、こんなに、お母さん、がんばるの!!」


なんて、思わず言っちゃった。←贅沢ね


「だって、こっちが(子供)弾けてないと、(メロディとかの関係で)私も練習できないんですもん」


という言葉が返ってきました。


「もう弾けちゃいましたね・・・これ以上、長くは出来ませんよ」(私のアレンジ力では、6枚が限度)


「これ以上、長くしなくっていいです、先生」




もう、困った親子・・・いい意味で。


他の、連弾チームにも、この親子連弾のような声掛けをしたい、


「え~もう弾けちゃったの?」


って・・・生徒たちのソロの仕上がりもだけど、連弾の仕上がり具合に、日々、不安を抱えています。



体験レッスン・生徒募集を 7月から少し休みます。


新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスンを行っています。

ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

発表会前の先生の気持ちって・・・

◆発表会前の先生の気持ちって・・・


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


今、発表会前の、大事な時期です。



今日のレッスンも、色々ありました。


昨日のレッスンも、それなりに、ありました。


きっと、明日のレッスンも、なにかしら、あるんだろうな・・・



日々、凹む事も、本当に多く、こんな日は、レッスンが終わると、食欲もわかず、ちょっと食べただけで「もういいや」って思います。


(・・・さそかし、体重も減っただろうと、思ったのに、増えていたのには、驚きましたが、)



練習の習慣がない生徒。


他のきがかりな事で、ピアノに集中できない生徒。


目標設定が、ない生徒。



ここは、普通の子供たちが、通っている、街の音楽教室。


色んな子供・生徒さんたちがいて、当り前。



でも、全ての生徒さんに共通している事、



発表会では、


「カッコよく、弾きたい」


「素敵に弾きたい」


「1曲だけの出番じゃイヤだ」


という事。



これは、先生も同じ。


「みんなをステージで輝かせたい」って思っているし、発表会で、人として、成長してほしいと願っています。



でも、凹む時、ふと思います。


「発表会が、なかったら、楽なのに」


って・・・



どうしても、生徒を叱らなくてはいけなかった時、その日の夜は、辛くなります。


「きれいなタッチ・音で、強弱を付けて、テンポはね・・・」って、色々とアドバイスもするけど、「どうにか弾ければいいや」「間に合えばいいや」が、その生徒さんのゴールだとすると、私のアドバイスって、エゴ?かなって、また、考えちゃいます。


「あとは、知~らない」


って、したいけど、やっぱり、ほっとけない。



昨日・今日と、気がかりなお家に、近況なんかお話ししました。



自分の弱さを感じ、


自分の力不足を、これでもか!!って、感じる。



もちろん、全てが、私の学びって、受け止めています。



「発表会は、生徒さん達が、成長出来る時」


そして、私も、成長出来る時って、思います。



先生方の発表会の報告を読んでいると、本当にただただ、感心し、たくさんの気苦労もされたのだろうと思います。



穴掘って、


「王様の耳は、ロバの耳~」


的に、色々、吐き出したい事もありますが、その前に、今、自分が出来る事を、見つけて、次々と襲ってくる、気がかり・難問という怪物に、冷静に向かい、考えられる自分でいたいと思います。



私も、がんばるね。




体験レッスン・生徒募集を 7月から少し休みます。

新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスンを行っています。

ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

今年初!ブリトニーとシンディの連弾

◆今年初!ブリトニーとシンディの連弾


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


この時期になると、登場する、ブリトニーとシンディ(仮名)も、今年、高校二年生になりました。(久々に、登場するので、どっちが、ブリトニーか?シンディか?わかんない)


はじめて、この二人が連弾で組んだのは、


「・・・えっと」


過去の、発表会プログラムを見たら、7年前、小学5年生。


私の住んでいる地域は、4つの小学校と、1つの中学校の学区。


小学生の頃は、お互い、違う小学校に通っていました。


きっと・・・多分だけど、初顔合わせの時は、


「○○小学校の△△です」


から始まったのだと思います。


あれから、何度、この二人が連弾で、ペアを組んだんでしょうね。


この二人、性格も違うし、


通っている高校も違うし、


遊び仲間でもないし


でもね、不思議です。


今年の発表会のパートナーをそれぞれに、発表をした時、それぞれに、安心感みたいなものがあったのを感じました。


1年に1回の再会なのかもしれないけど、二人にだけある、信頼・安心感。


同じ中学校から、それぞれの道に進みました、これから、この二人の人生の進む方向は、さらに、違ってくるはず。


学校生活も、楽しいだけではなく、大変な事もあって・・・


進路も、しっかり、考えていかなくてはいけなくって、不安になる事もあると思う。



それはそれ、


これはこれ。



全力を尽くす事は当然だけど、


楽しもうね。



今年は、高校三年生が不在だから、10年以上通い続けている、この子たちが、発表会では、最上級生。


実は、私の中にも、彼女たちに、信頼・安心感があるんです。



一人、待っている時に、鼻血がでてしまい、ティッシュを突っ込みながらの、コントのような姿で弾いていますが・・・(大爆)※本人に、この写真見せた上、今日ブログに載せちゃう承諾、得てます。



昨日は、花火大会でした!!



体験レッスン・生徒募集を 7月から少し休みます。


新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスンを行っています。

ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

講座「ピアノの先生の伝え方トレーニング」を受講しました

◆講座「ピアノの先生の伝え方トレーニング」を受講しました


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


昨日は、新潟ヤマハさんにて、開催された、


「ピアノの先生の伝え方トレーニング」保科陽子先生



を受講しました。


新潟は、霧雨。


風が、強かった訳でもないのに、ずっと、霧吹きされてる感じでした。



音楽教室に「コーチング」という言葉が浸透し始めた頃、私の飛び付きは、今思うと、かなり良い方でした(笑)


きっと、心理学というものに、元々、興味があったんでしょうね。



保科先生は、音楽教室にコーチングを広めた先駆者の一人でもあり、今も精力的に活躍しています。



コーチングのスキルの1つ=タイプ別に分ける



これを知った時、



「こんな方法があるんだな~」


もう、興味津々♥


「もっとコーチングを知りたい!!」


そんな、気持ちが大きくなる一方、実は、反比例していくように、タイプ別のコーチングが、自分にはしっくりいかなくなるというか、不安すら感じるようになりました。


結局、この後は、運命的な出会いがあったりで、本格的に、別のコーチング機関で、学ぶ事になり、更に、NLPも、学びました。



今となって、分かる事は「コーチング」といっても、どこの機関(型というか、流派のようなもの)で学ぶかで、アプローチは違うと言う事。


ピアノ教育も、メソッドによって、リトミックだって、学ぶ機関によって多少とも違ってくると思います。


自分に合う・合わないは、当然出てくるはず。


また、2つ・3つと受講して、自分にあった方法だけ、組み合わせる方法もあります。



今回の講座は、このタイプ別が主になる事は分かっていました。


なのに、受講を決めた訳は、


「自分には合わないと思ったタイプ別、他の機関で、コーチング・NLPを学んだ私が、今、再び受講したら、何を思うかな?」


を知りたかったから。(過去、青木理恵先生のコーチング講座は2回受講しました)



講座冒頭、保科先生に質問されちゃった。


「あなたは、この講座で何を知りたいと思いますか?」


って、


「先入観を持たず、白紙で来ました」


って、答えました。



・・・でも、先入観を持たずに、受講するのって、難しいですね(苦笑)


それでも、最後の方になったら、コーチングは私の中で、


「このタイプ別というスキルは、メインじゃなくっても、あった方がいいのかもしれない」


と、考えられるようになりました。



今、発表会前の大事なレッスン時期。


日々、怖い先生をあえて演じていますが(←心がチクって痛む時もあるけど本当に、演じてるんです)、声掛けなど、参考になりました。



これからも、ほどほどに、心理学の方も、アップデートしていきたいと思います。




体験レッスン・生徒募集を 7月から少し休みます。


新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスンを行っています。

ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

弟が弾いてたら、お姉ちゃんが近づいてきた

◆弟が弾いてたら、お姉ちゃんが近づいてきた


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


姉弟で、レッスンに来ている生徒さんがいます。


昨日、親子連弾で演奏する「ミッキー・マウスマーチ」の自分のパートをレッスンで弾き始めた弟。


彼は、まだまだ、幼児の面影残る、小学一年生。


そしたら、さっきまで、書き物をしていたお姉ちゃんが近づいてきました。


そして、ちょっと離れたとこから、レッスンを じっと見ています。


弟さんは、この4月から、ピアノを始めたばかり。


お母さんは、お仕事の関係で、付き添えない事が多く、親子連弾も、実はまだ、レッスンでは、一度もやった事がありません。


だから、私からは、お家の方に、レッスンノートを使い、発表会で弾く曲の状況・お家での練習の仕方など、書いています。


きっと、お母さんは、これを読んで、



「お姉ちゃんに、お家での、弟の練習のサポートをお願いしたのかな?


それとも、


「ちゃんと、弟のレッスンを見て、報告をしてくるように頼まれたかな?」



とはいえ、お姉ちゃんも、発表会は今年が初めて。


彼女は、年度途中の入会だったので、昨年度の発表会は、見送りました。


自分の練習もあるのに、大変だと思うけど、教えるって、自分も勉強になるし、意識も高まると思います。



きっと、私たちが、そうであるように・・・



親子連弾、三人6手連弾、まとまりはじめたら、写真を添えて、報告させていただきますね。



お姉ちゃんが一緒で良かったね、この幸せ者!!



体験レッスン・生徒募集を 7月から少し休みます。


新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスンを行っています。

ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

福島県ジュニアピアノコンクール

◆福島県ジュニアピアノコンクール


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


湿度の高い1日でした。


今日は、県内で行われる【福島県ジュニアピアノコンクール】の会津予選が、県内トップを切って開催されました。


昨日、夕方、このコンクールに参加する生徒さんから、電話がありました。


「せんせい、○○ですが、△△の曲で、BからA´に行く所で、分からない所があって」


「もう少し、分からない事を教えてくれる?」


話を聞くと、自分でも不安だったその箇所、その上、お家の方にも、その箇所を指摘された事で、ますます、心配になっちゃたようで・・・


「じゃあね、電話をピアノの所に持っていて、先生に聴かせてくれる?」


「♪~」


受話器の向こうから、生徒さんのピアノの音色が聴こえます。


(そんな変じゃないんだけどな)


きっと、解釈・表現の部分だから、下手に説明して、演奏がぎこちなくなっても困るし…


かと言って「大丈夫」って言った所で、納得できないから、電話をくれた訳で、なんかしら私からのアドバイスがほしいだろうに…


言葉を選んで、生徒さんに、伝えました。


「お母さんに、代わってくれる?」


そしたら、お母さんも、私もビックリ、だって生徒さんが私に電話していたの、知らなかったんですって!!


「先生が、不安な事があったら、いつでも電話してもいいよ、って言ったから、電話をしちゃったんですね」


一応、お母さんにも、電話では、間違ったニュアンスが伝わると危険なので、とご説明させていただきました。



コンクールって、ネガティブにとらえている方も多いと思います。


比較であり、点数も付けられるしね。


これは、事実。


でも、それだけではないはず。


例えば、弾き込んで、音楽を追及する事は、1音の捉え方1つで、表現が変わる事が分かったりと、音楽的な力も付きます。


もちろん、人としての成長も出来るはず。


今回に生徒さんのように、自分で考え、行動する事が出来るようになっていたのも、成長のあかし。



お母さまと電話していた時、


「今日は、先生からお借りしたドレスを着て練習しました、おばあちゃんに、後ろのリボンを結んでもらって、クルクル回ってましたよ」


なんて、想像しただけで、ほんわかした気持ちになります。



今日のコンクールは、「コンクール」という場に、のみ込まれちゃったかな?


何事も経験。


確かに、大きい意味で、成長したよ。



これから、地区大会が続きます。


みなさんが、自分の力を発揮できますように、エールを送ります。



コンクール会場で、楽器店時代の先生にお会いしました。


10年は経ったよね。


彼女が新講師でやってきた時、もう、自分の新講師の時と比べると、雲泥の差でね(もちろん、私、土の方)。


今日は、会えて嬉しかったです、メール待ってます♥






体験レッスン・生徒募集を 7月から少し休みます。


新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスンを行っています。

ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

福島県ジュニアピアノコンクール

◆福島県ジュニアピアノコンクール


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


湿度の高い1日でした。


今日は、県内で行われる【福島県ジュニアピアノコンクール】の会津予選が、県内トップを切って開催されました。


昨日、夕方、このコンクールに参加する生徒さんから、電話がありました。


「せんせい、○○ですが、△△の曲で、BからA´に行く所で、分からない所があって」


「もう少し、分からない事を教えてくれる?」


話を聞くと、自分でも不安だったその箇所、その上、お家の方にも、その箇所を指摘された事で、ますます、心配になっちゃたようで・・・


「じゃあね、電話をピアノの所に持っていて、先生に聴かせてくれる?」


「♪~」


受話器の向こうから、生徒さんのピアノの音色が聴こえます。


(そんな変じゃないんだけどな)


きっと、解釈・表現の部分だから、下手に説明して、演奏がぎこちなくなっても困るし…


かと言って「大丈夫」って言った所で、納得できないから、電話をくれた訳で、なんかしら私からのアドバイスがほしいだろうに…


言葉を選んで、生徒さんに、伝えました。


「お母さんに、代わってくれる?」


そしたら、お母さんも、私もビックリ、だって生徒さんが私に電話していたの、知らなかったんですって!!


「先生が、不安な事があったら、いつでも電話してもいいよ、って言ったから、電話をしちゃったんですね」


一応、お母さんにも、電話では、間違ったニュアンスが伝わると危険なので、とご説明させていただきました。



コンクールって、ネガティブにとらえている方も多いと思います。


比較であり、点数も付けられるしね。


これは、事実。


でも、それだけではないはず。


例えば、弾き込んで、音楽を追及する事は、1音の捉え方1つで、表現が変わる事が分かったりと、音楽的な力も付きます。


もちろん、人としての成長も出来るはず。


今回に生徒さんのように、自分で考え、行動する事が出来るようになっていたのも、成長のあかし。



お母さまと電話していた時、


「今日は、先生からお借りしたドレスを着て練習しました、おばあちゃんに、後ろのリボンを結んでもらって、クルクル回ってましたよ」


なんて、想像しただけで、ほんわかした気持ちになります。



今日のコンクールは、「コンクール」という場に、のみ込まれちゃったかな?


何事も経験。


確かに、大きい意味で、成長したよ。



これから、地区大会が続きます。


みなさんが、自分の力を発揮できますように、エールを送ります。



コンクール会場で、楽器店時代の先生にお会いしました。


10年は経ったよね。


彼女が新講師でやってきた時、もう、自分の新講師の時と比べると、雲泥の差でね(もちろん、私、土の方)。


今日は、会えて嬉しかったです、メール待ってます♥






体験レッスン・生徒募集を 7月から少し休みます。


新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスンを行っています。

ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

段取り悪いし、脱線するし、出来る女…じゃないな。

◆出来る女…じゃないな


こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。


ここんとこ、期限付のやる事リストが、多すぎて、書類とか、ピアノの上が、散乱していました。


「このままでは、どこに何があるか分からなくなる


と思い、ピアノの上から、下へと、一時的な書類置き場になりました・・・何も解決していない訳です。


昨日は、休み。


きっと、今、リセットしないと、来週から始まる、


「発表会に向けての怒涛なレッスン」


が、大変な事になると思い、片付けました。


・発表会に向けての、生徒の指導案の見直し、


・楽譜の見直し、


・プリントアウト等々


そして、これらの作業をしながら、色んな事が、私の頭の中を横切るんです。


・○○さんに、手紙書かなきゃ!


・○○さんに、メールしなきゃ!


・楽譜書かなきゃ!


・音作りしなきゃ!


もう、書ききれない位、横切るんです。


また、戻ってきてくれればいいのだけど、一度、頭の中を横切ったら、もう、それらを忘れちゃうんじゃないかと思うと、恐ろしくって・・・


作業しながらも、新たな案件が横切っては、付箋紙に「メモメモ」を繰り返しました。



わぁ~出来る女って感じ!!


そして、生徒のレッスンの見直しを終え、




曜日毎に、ファイルの色分けされています。


このファイルの中には、指導案はじめ、その生徒さんへの配布物なんか入れておきます。


これだけ、書いていると、やっぱり出来る女なんだけど、実は、違うの。


昨日1日で、終わらなくって、今日のお昼過ぎまでかかっちゃいました。



昨日は、


楽器店時代からのお友達の先生からと、すっごい長電話しちゃったし・・・


時々、フェイスブックとか、ブログ見て、ボーっとしてるし・・・



出来る女じゃないね。


でも、容量悪いなりに、がんばってます。



ファイルを見直したおかげで、今日のレッスンは、スッキリ出来た感がします。


ピアノの上の荒れ方は、ここの状態を映している気がします(ドキッ!!)。



体験レッスン・生徒募集を 7月から少し休みます。


新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、体験レッスンを行っています。

ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場