ピアノ教室、喜多方市塩川町「ぴありな音楽教室」は、音楽を通し、人としての成長を大切に、人間力を育むレッスンを心掛けています。

TEL-080-3332-3785

喜多方市塩川町御殿場

10月

発表会の日に届いた作文

発表会の日に届いた作文

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

発表会のその日に保護者の方から、ラインでメッセージを受取りました。

「発表会の事について作文を書き、その内容に成長を感じた」とのこと。

写真を撮って、画像を送ってくれました。

送っていただいた事も嬉しかったけど、内容が良くってね・・・

お母さんが「成長を感じた」というのが、よくわかります。

作文を、ピアノの先生として、そして、書いた本人の気持ちになって読みました。

width=

width=

作文に「ピアノの先生が」じゃなくって「さとみ先生が」って書いてあったのに感動しました。

そうそう、やっぱり「Y・M・C・A」のインパクトはあったようで、この先、今年の発表会を思い出すとしたら「コロナの中やった~」より「YMCAを最後にやった~」の方が思いだせるかも?

「今年の発表会は楽しく終わる!!」それを思ってのプログラムだったので、良かったです。

そして「とても楽しかったです」がうれしい~

「楽しかった」じゃないですよ。

とても楽しかった」です。


私にとって、子供の頃の発表会は「1曲弾いて、ハイ終わり」の流れ作業的な思い出しかないので、何より、嬉しい感想です。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

友だち追加

ID検索はこちら→ @841zigyk

それ、聖子ちゃんの曲

それ、聖子ちゃんの曲

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

今日のレッスンノートのニュースに

「きゅうしょくにまにあった」


「きょうくまにあった」と見間違えました。

○「給食に間に合った」だったのに、

×「今日、クマに会った」かと・・・だって、目撃情報も多いから。


さてさて、NHK・FMで長く放送されている「弾き語りフォーユー」という音楽番組があります。

ピアニスト小原孝さんが「クラシック・ポップス・演歌・童謡・・・」など、ノージャンル!!に関係なくピアノで演奏されます。(昭和歌謡に、マイケルジャクソン、髭男まで)

今、ブログを書くのに調べてみたら1999年4月開始だったのですね。

平日の午前中に放送されているから、なかなか聴けなかったのですが、今は「聴き逃しサービス」で、ネットラジオで聴けるので嬉しいです。

放送を聴きながら、パソコン作業している事が多いかな。


番組は平日の4日間。

毎日4~5曲、ご自身が編曲されて演奏する事が多いですが、小曲のクラシック曲(なんせ20分番組)を取り上げる事もあります。

毎日4~5曲・・・言葉にすると、どれだけものすごい事かと思います。

その合間に、コンサートも執筆、指導なんかもあるわけで・・・


先日の放送で「松田聖子さんの楽曲だけが流れました」

秋だからね・・・

「♪風は秋色」

とか

「♪風立ちぬ」

とか演奏されていました。


「かぜたちぬ~いま~は~あき、きょうからわたし~は~こころのた~び~び~と」


とか、小原さんのピアノに合わせ、空で歌っている自分がいて、恐るべき、聖子ちゃんの曲、しっかり染みついています(笑)


その時は取り扱われなかったのですが、小原さんのアレンジの「♪瑠璃色の地球」が、急に脳裏に出てきました。

その後、毎日、がんばっている高校生の生徒が「レッスン曲」という扱いではなく、ピアノに向き合った時に、この曲を弾いたら「心が穏やかになるんじゃないか」と思いました。

で、そんな話をして、生徒に楽譜を渡しました。

「瑠璃色の地球」は、今は合唱曲として、知られています。

だから、この生徒も知っています。

「松田聖子」という歌手も知っていました。


・・・でも「瑠璃色の地球は元は聖子ちゃんの曲」とは知らなかったようです。

世代ね。

小原さんの「弾き語りフォーユー」ピアノの音色が好きな方は大人はもちろん、高学年の生徒さんにも聴いてほしい番組!!

20分番組。

是非ぜひ、スマフォとかで聴いてみて!!たくさんの発見があるはず。

「弾き語りフォーユー」公式番組サイト



・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

友だち追加

ID検索はこちら→ @841zigyk

連弾練習で「この曲のどこが好き?」を言い合う

連弾練習で「この曲のどこが好き?」を言い合う

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

「今年の発表会の連弾は、家族間ではないペアが2組ありました。」と昨日書きました。

今日は、もう一組のペアの事を書かせてくださいね。


二人は高校生。

こちらも学年も学校も違います。

毎年、クラシック曲をソロで演奏していましたが、なぜか、今年は偶然にも、二人が選んだのは「映画音楽」でした。

クラシックの楽曲も好きなので、だったら連弾をクラシックにしようと思いました。

width=

私が選曲したのは「ハンガリー舞曲 1番」

この曲は、いくつもの形式に分かれ、その1つひとつの形式には個性があります。


「ねえねえこの曲の『ここの部分が好き』を言い合おう!!」


と連弾練習の時、話を持ちかけ、三人で(私も入れて)ジャンケン。

確か、私が負けたのかな?

私から、好きな箇所を言いました。

それぞれの「ここ好き」を言う度に「それ、わかる~」ってなるんです。

小さく、盛り上がりました。(音楽で会話できるって、良いものですね)


受験生の高校三年生と、帰りも遅く勉強も忙しい高校2年生のペア。

ピアノに向き合える時間は限られています。

やれる中で全力を尽くし、勉強・学校生活の忙しい中、それを言い訳にせず(聞いた事がない)、練習していたのかと思います。


連弾は音が合えば良いものではなく、互いの役割を知り、音の作りを考える。

拍子の感じ方が、どこに音の山を持って行くかなど、共有する事も大切。


よいペアだったな・・・


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

友だち追加

ID検索はこちら→ @841zigyk

限られた時間の中でまとめていくには何をしてきたら良いか?

限られた時間の中でまとめていくには何をしてきたら良いか?

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

今年の発表会は「コロナ禍」という事もあり、合わせ練習を少なくするため、連弾は「家族・親戚間のペアのみ」にするつもりでした。

選曲をしていく中で、聴き応えのある曲や長い曲も1、2曲入れたいと思いました。

家族・親戚間の組み合わせの生徒は低年齢・低学年のため、曲のレベルを上げると、家族・親戚の枠を超えます。


昨年の発表会の連弾のペアで、音楽的にも、性格的に見ても

「この子たちだったら、自主的に各々が責任を持って家で進め、レッスンでの合わせ時間は短くしてもまとめられる」

と思ったペアが2組ありました。

width=

一組は小学生と中学生のペア。(曲は「ミッションインポッシブル」)

昨年のブログにも同じような事を書いたみたいだけど、この生徒たちは学校も学年も違う。

そして、二人とも学区外で遠い。

レッスンは土曜日に来ているから、それぞれに大会があったり、学校行事があったりで、毎週合わせられる保証はない。

それでも「大丈夫!!」という確信が持てるのは、普段のレッスン・演奏への向き合い方を見てるからでしょうか。


リハーサルを行ったのは8月末。

それぞれの都合もあり、リハーサルまでに二人で合わせ練習は2回だけ、それも短時間。

にもかかわらず、リハーサルであれだけ形にしちゃったんだから、スゴイです。


私が何も言わなくとも、

「限られた時間の中でまとめていくには何をしてきたら良いか?」

それぞれが考え進めてきました。


「テンポは絶対守る」

「一人で弾いている時も、相手の音を感じる」などなど・・・


リハーサルから本番の発表会までは約1ヵ月。

発表会に近くづく度に、連弾の時間は短くなりました。

それは良い感じになっていたから。

そして、この子たちは曲がまとまっても油断せず、さらにブラッシュアップする事もわかってる。


音は「積極的な弟のプリモの音と、安定のセカンドを弾く姉」って感じ。

二人では、全く喋らないんだけどね(笑)互いの敬意・信頼みたいな絆を感じます。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

友だち追加

ID検索はこちら→ @841zigyk

自分だけが静止画に見える時

自分だけが静止画に見える時

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

前の週に生徒が

「みんなは、がんばってるな(すごいな)って、それを眺めている」

的な言葉が気になっていました。

言葉には出さなかったけど、その言葉の後ろに(なのに、自分は・・・)という言葉を感じました。

その感情が、気力を奪っている感じがします。


だから、次の週、

「本当は、ピアノ弾かなくちゃいけないんだけど、先週の事で引っ掛かっていた事があったから・・・」

と前置きして話しました。


自分に迷いがあったり、

気力がなかったり、

上手くいかなかったり、


まわりが輝いて見えてしまう時がある、例えるなら、


周りがカラーで、自分はモノクロ。

周りは動画で、自分は静止画。


私も何度も経験している感覚。


でも、あなたが思っている周りの人も、同じように思っているかもしれない。

その人から見たら、あなたは「輝いている人」

私の経験談も話したけど、いっぱい共感してもらえたかな?


次の週は、少し元気になった感じがしたのだけど。

きっと今の感情は、必ず財産になるし、ほんの先の未来、笑えていると思う。

width=


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

友だち追加

ID検索はこちら→ @841zigyk

ぴありな音楽教室発表会2020レポート

ぴありな音楽教室発表会2020レポート

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

width=

2020年9月22日(火・秋分の日)喜多方プラザ 小ホールにて、発表会を行いました。

width=

今年は、演奏者とご家族のみ入場可、指定席になっています。

座席数も例年より、グッと少なくしました。

いつもは、開演前に集合写真を撮影しますが、これは省きました。

ただ終演後「開催出来るか?」「開催して良いのか?」という中、無事に終える事が出来た時、このメンバーでの写真は撮りたかった・・・という気持ちは残りました。

width=

開演。

今年も4部構成。

1部と4部は通常プログラム「ソロ・連弾・エレクトーンとのアンサンブル」


2部は「映画音楽特集」

「今年の発表会は映画音楽にしよう!!」と思ったいきさつは、2部冒頭にお話ししましたが、ホント、映画音楽は素晴らしい楽曲が多くて、正直今回の尺では物足りません!!来年も映画音楽特集にするかもしれません。

width=

演奏曲は「♪エデンの東」なんと1955年の映画(もちろん生まれていない)

今年の親子連弾は3組ありました。

width=

こちらの連弾は、映画「♪オズの魔法使いより オーバー・ザ・レインボー」は1939年。

名曲は、時がたっても名曲。

2部の最後に「表彰式」

width=

◇5年目表彰

width=

◇10年目表彰


3部は「絵本とピアノのコラボ」

選んだ絵本は「わすれられないおくりもの」

絵本を12の場面に分けて、その場面に合うピアノ曲を選曲し、下は年中さんから、上は小学5年生まで演奏しました。

width=

width=

width=

客席からは、ピアノ奥の朗読の姿は見えなかったと思います。

朗読は高校生の生徒が担当してくれました。


4部は「♪Official髭男dism プリテンダー」のアンサンブルからスタートしました。

width=

width=

プログラムが全て終えた後、鈴木が、エルガー作曲 ニムロッド(「エニグマ変奏曲」より第9変奏を演奏しました。

すでにソロ演奏を2部で行っていましたが、これはコロナ禍の中、開催出来た事へ感謝、お礼を込めてあいさつとしての意味で弾きました。

width=

さて、トリは、高校三年生。

width=

花束贈呈後に、私から二人にメッセージを読んで、その後、それぞれがマイクを持って語るんだけど、一人が号泣するもんで、最後まで言えなくなる場面が何度がありました。

その度に、ステージ袖に引っ込んだ私の顔を何度も見るんです。


(これ以上、話すのはムリ)

(がんばって、最後まで話すのだ!!㊟ゼスチャー付)


このやり取り何回やったでしょう(笑)そして、もう一人は、そんな私たちのやり取りを、ながめている。

width=

最後に二人が演奏した連弾曲は「♪Y・M・C・A」

こんな時期だから、しんみり~終わるより、楽しく終わりたいな。

って選曲、なんなら会場の人もやろうか・・・とか話していて、フリの練習とかしていました。


でも、直前に、こんな大変な時期に会場のみんなと「Y・M・C・A」などど、フリだけとはいえ、不謹慎かな?って不安になりました。

保護者の一人も、会場のみんながやってくれるかね・・・って心配していました。


私は、ステージ袖にいたので、二人の後ろ姿しか見えなかったけど、演奏が始まってしばらくして、会場から手拍子が聞こえてきました。

想定外・・・うっ嬉しい。

そして、生徒が会場に向かって「Y・M・C・A」をやった瞬間、手拍子が止む。

「手拍子が止む」って事は、会場のみなさんもやってくれちゃったりして!?

発表会が終わって二人に聞きました。


「ねえ、会場のみなさんは一緒に“Y・M・C・A”をやってくれたの?」

「えっ、先生見てないの?手拍子とか、Y・M・C・Aとか、やってくれて、それ見たら、泣けてきました」


あのホール内にいて、知らないのは私だけか・・・

width=

ノリのいいみんなが私は好き。


楽しかったですね。

今年はコロナ禍での開催、今までにない苦労、不安もたくさんありましたが、やって良かった、やれて良かった・・・と思います。


◇新規生徒・体験レッスンを再開しました。

・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

これからも、元気にがんばろうかと思います

これからも、元気にがんばろうかと思います

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

昨日、誕生日だったんです。

その前の日に「天然の舞茸」を、保護者から、おすそ分けしていただいたので、舞茸ご飯にして、美味しくいただきました。

昨日は(誕生日だし、まだアップしていない、今年の発表会のレポート書こう)と思いました。

別に、誕生日にこだわらなくても良いのですが、結構、レポートをまとめるのは気力が必要で、後回しにしていました・・・

「誕生日だから、よ~し書くぞ!!」

って、誕生日という勢いで書けると思ったんですがね、結局、出来ませんでした(チャンチャン♪)


別に「先生、今度、誕生日なの❤」なんて、言ってもいないんですが、同じ誕生日の生徒がいて、お誕生日のプレゼント受取ってしまいました。

レッスン日でもないのに、訪ねて来てくれて。

めっちゃ嬉しいけど、なんか、申し訳ない・・・

同じ誕生日だった事で呪縛になっていないか(笑)


「これからも、元気にがんばってください」


って言われました。

はい、元気にがんばろうと思います。

そして、他の生徒さんからもLINEメッセージも受取りました。

なんで知っていたのか、ビックリしています。


今年も元気にお誕生日を迎えられた事が何よりです。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

友だち追加

ID検索はこちら→ @841zigyk

発表会ソロ曲、実は何度も「やめよう」と思いました

発表会ソロ曲、実は何度も「やめよう」と思いました

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

発表会で私が弾くソロ曲は、私が弾きたいという意識より、会場のみなさんに馴染のある曲を選ぶようにしています。

「今年の演奏は何にしようか?」何曲か候補がありましたが、生徒とかぶり譲った曲も3曲あり、結果、消去法でした。

もちろん、どっちかというと好きな曲でしたけど・・・


今回、演奏した曲、弾いた事のある人や、エレクトーンやっている人だったら、アレンジした人の名前、楽譜を見たら分かると思います。

「すっごく、難しいの」

きっと、今まで、色んな曲弾いてきたけど、一番、難しかったかも?って思うし、何度も「やめよう」と思いました。


7月に4連休がありました。

この時、心に決めた事がありました。

「毎日、4時間練習する」

(まぁ、4時間もやれば、さすがに弾けるでしょ)って思ったのです。


毎日、カウンタービーズ使って、真面目に練習しました。

でも弾けません・・・

1日目、まぁ初日だし、こんなもんでしょ。

2日目、甘く見ていたか。

3日目、こんなにやっても弾けないものか。

4日目、弾けなかった。


とはいえ、これだけ弾き続ければ、フルで弾けてはいます。

ただ、これが弾きこなせるかと話は別。

通しの中でテンポが幾度もなく変化します、エレクトーンはデータと合わせるという事が必要で、あれだけテンポ感のある曲を弾くのは容易ではありません。


この少し前に、山に登りました。

「初心者向け」って書いてあったのに、1合目でもうくたばってました。

2・3・4合目・・・と進んで行く中で、10合目に到達する事は無理と思いました。

そして5合目、半分「もう、ムリだから、降りてケーブルカーで頂上に行く」と言いました。

が、ここは5合目、降りてケーブルカー乗り場に行くのも大変な事。


「登り続けるか」「降りるか?」究極の選択、だって、どっちを選択しても大変なのわかっている。

そして選択したのは、登り続ける事。


4日目になって弾けていなかった私は、まさに、あの時の5合目。

このまま弾き続けるか?(弾けるという保証はないというより、弾ける日は来ないだろうという位弱気)

曲を変えるか?(これからすぐ始まるプログラム作りや、膨大な雑用の中、もう、今回のような練習時間は確保できない)

究極の選択。

そして、こちらも選択したのは、弾き続ける事。


さてさて、登山の方は8合目あたりまで来ると、ペースが整うとうか、ゴールも感じられるので、落ち着きました。

width=

快晴で(暑かった)日本海も良く見えました。


演奏の方は、振り回され落馬し続け不安しかありませんでしたが、弾き続けていると、最後まで落馬せずに弾けるようになりました。(ピアノ演奏にはない例えですが)

完璧とは行かなかったけど、あの状況の中では、甘いかもしれないけど「よくやった」と思います。

 
・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

友だち追加

ID検索はこちら→ @841zigyk

発表会の「絵本とピアノのコラボ」裏話

 発表会の「絵本とピアノのコラボ」裏話

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

今年の発表会では、絵本をいくつかの場面に分け、その場面に合う楽曲を選曲し第3部では「絵本とピアノのコラボ」を行いました。

これは、プログラムの「あいさつ文」にも書いた事なのですが、きっかけは、大好きなクラシックのラジオ番組。

きっと「生涯で一番好きなラジオ番組だった」と今の時点で言ってもいい位、大好きでした。

その番組が「この3月で終了する」と番組内で聴いた時は「時が止まった」感覚になりました。

ラジオでもこうなるのだと…(運転中だったので、即、立てなおしましたが)


番組には「BGM選手権」というコーナーがありました。

それは「事前に題材を決め、それを読み上げるバックに、クラシック音楽を付ける」というもの。

題材は、小説だけでなく、百人一首、計算問題・・・色々でした。

題材の言葉に、リスナーが選曲したクラシック音楽を付けるのですが、BGMが変わると、不思議と感じ方が変わります。

読み手側の目線が、主人公側になったり、悲しい物語に感じたものが、悲しくなくなったり、現代が、過去を懐かしく感じになったり・・・

音楽の持つ力を感じたものでした。


この番組の最終回「卒業制作」として選ばれた題材が、絵本「わすれられないおくりもの」でした。

私も、5月の自粛期間中に選曲して、発表会でやってみようとチャレンジしようと、膨大な数の楽曲から、出演する年中さんから小学5年生までの生徒の顔を思いうかべながら選曲しました。

width=


「さて、誰が朗読するか?」


私は、演奏もするので無理。

まっさきに思い浮かべた生徒がいました。


本が大好きで、時間を忘れて読んでしまう。

図書館にいたら大変な事になりそうです。

そして、物語の世界観も持っている。

声の質も聞きやすい。


でも最初、打診したら「出来ない」と言われました。

「じゃ、いい、他に頼むし…でも、少しでも、やってみたかったらやった方が良いよ『チャンスの神様は前髪しかない』」

脅したつもりはないけど、引き受けてくれました。


実際、朗読と曲を合わせで感じたのは

「ここからの文章は、Bメロになったら読んで・・・」

とか言うと、ちゃんとBメロで読んでくれるんです。もちろん、はじめて聴いた曲でもです。

「ここで、悲しくなるから、声のトーンを変えて、長調から短調になる感じで読んで」

即座に声のトーンを変えます。

(わかってるな~)


発表会、休憩の間、生徒がスタンバイしていると、お母さんがステージに上がって生徒に両手を広げ閉じ、何かを指示していました。

(なんだろ~)って見ていたら「足を閉じなさい!!」でした。

ステージから降りる母に「それ大事」って声かけました。

ナイスフォロー。

width=


この生徒にお願いして、本当に良かった。

私の見る目は確か!!

 
・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

友だち追加

ID検索はこちら→ @841zigyk

ジュだった、あ~勘違い

 ジュだった、あ~勘違い

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

今朝、メールが届きました。

昨日、私が書いたブログには、それはそれはたくさんの「ジェラシックパーク」という言葉が並んでいました。

それに対して、ブログを読まれた方が


「ジェ」ではなく「ジュ」ではないでしょうか?

といったご指摘でした。


(なんと・・・)


すぐさま、確認したら、やっだ~今さらながら「ジェラシック」じゃなくって「ジュラシック」じゃん!!(昨日のブログは直しました)

プログラムはもちろん、アナウンスまで「ジェラシック」で通しちゃったよ(恥)

でも、誰も指摘してくれなかったじゃない!!


一緒に勘違いしてたのかな?

「まぁ、これ位いいか」だったのかな?


ご指摘をいただいたメールの文章が、これがまた、やさしくて、思いやりがあって、嬉しかったです。

あ~勘違いといえば、このイラスト、


width=

子供の頃、土の盛が、トイレに見えたのね・・・

×トイレがあるよ

とずっと、それはそれは長く思っていました。

○工事中

これも、同じ勘違いしている人いるよね。


・・・イヤ、これは、ないな(笑)

 
・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

友だち追加

ID検索はこちら→ @841zigyk