ピアノ教室、喜多方市塩川町「ぴありな音楽教室」は、音楽を通し、人としての成長を大切に、人間力を育むレッスンを心掛けています。

TEL-080-3332-3785

喜多方市塩川町御殿場

06月

調律は、どうやって決めていますか?

◆調律は、どうやって決めていますか?

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

今日も、レッスンはお休みです。

昨日は、いまいち、エンジンのかかりが悪かったのですが、今日は、レッスンの事・発表会の事・家の事、やりました。

今日は、発表会選曲の日々の最中に行った「調律」について書きます。

この時は、レッスン室も、頭ん中も、グチャグチャだったので、埋もれていた記事、今日は書けそうです。


みなさんは「調律は、どのように決めていますか?」(どちらかというと、この問いかけ、ピアノの先生ではなく、生徒さん側です)

「価格?」

わかります、調律そのもの高いですもんね。

「ピアノを購入した楽器店さん?」

調律師さんって、ピアノのお医者さんみたいなものだから、最初から、見ていただくのは安心ですよね。

「肩書き?」

ここのホールもやってます。とか、大切なピアノ、こうした、信用は重要要素かもしれないですよね。


私は、ご縁があって、隣県の調律師さんにお願いしています。

この調律師さん、私が思っているだけかもしれないけど、とっても、話が合うので、調律が終わってからも、ずっとず~っと、喋っています。

電子ピアノの普及、調律の必要性の認識不足などもあり、調律師としての職業は決して、安泰ではないと思います。

でも、なくてはならない、職業であり、職人さんです。

調律師さんによって「ピアノの音色・鍵盤のタッチは変わる」といっても過言ではないと思います。

だから、好みもあるはず。

好みならいい。

・・・でも「お金を受け取ってその調律なの?」って時も、残念ながらあるのです。

この日も「おいおい、調律してお金もらっているんだったら、調律ちゃんとやろうよ」的なピアノに出会ったエピソードをいっぱい、教えてもらいました。

実は、私も、調律したてなのに、音が狂った(本当に、狂っていたのです)ピアノに出会い、弾いた事があるのです。

あの時は、もう、気持ち悪くなって、大変でした。


値段で決めても・・・

長年の付き合いで決めても・・・

肩書きで決めても・・・


良いのです。

でも、自分の耳で、感触で、確認する事も大切。

ただ、これが、どこまで、一般的に判断できるか?なのです。


「ピアノが大好きで、ピアノを大切に思っている人の所に、運悪く、えっ?(悪い意味の)って思う調律師さんが、調律していたら、なんか、イヤです、苦しい気持ちになります」

って、思わず、私から声が出ちゃいました。


この、私の言葉に、

「それでも、仕方がないんです」

返ってきて、でも、そうなんです、現実問題、そうなっちゃうです。


私、会話の中に出てくる、色々な調律師さんの話、何度も、ピアノの先生に置き換えて、考えました。

今日の文章も、ピアノの先生に置き換えられませんか?

気持ちが引き締まりませんか?


もし、調律ついて、不明な点・不安な事があったら、習っている、ピアノの先生に相談してみて下さいね。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、発表会準備中のため体験レッスン は行っていません。(発表会終了後、秋頃に再開予定です)


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

回数調整でレッスン休みます

◆回数調整でレッスン休みます

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

夏至も過ぎ・・・

もう少しで、6月も終わり、上半期も過ぎちゃいますね。

教室では、3ヶ月毎に、年間レッスン回数調整のためのお休みを入れています。

という事で、6月末に、お休み入れます。

でも、年度途中入会の生徒さん、レッスン振替の生徒さんも、いらっしゃるので、1週間、まるまる休みでもないんです。

そして、この休みが過ぎれば、発表会まで、突っ走るのみ。

この1週間の間に、とにかく、1つでも、あとあと、少しでも楽になるように、案件を少なくしたいと思っています。

発表会の資料作り、プランの作成。

家の事も、前から「やらなくちゃ!!」って思ってた事も、片付けたいと思います。


きっと、これから、発表会までは、日に日に、あっという間に、1日が過ぎるだろうし・・・


日々の生活の中で、目にするもの、ふと気がつくもの、

「あっ、植え替えしなくちゃ!」

「補修しなくちゃ!!」

「しまわなくちゃ!!!」

ちょっと(ううん、かなり)自分のだらしなさもあり、反省に似た、この感情、1日の中で、何回、思うのでしょう。

きっと、こうした「思い」って、少なからずとも、自分の中から、エネルギーを浪費していると思うのです。

だから、今のうち。

ちょっとでも、気持ちの中のスペースを作っておかないと・・・なのです。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、発表会準備中のため体験レッスン は行っていません。(発表会終了後、秋頃に再開予定です)


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

生徒カード記入のお願い

◆生徒カード記入のお願い

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

先週末から、教室通信と一緒に「生徒カード」というのも、渡しています。

カードといっても、B5の両面用紙1枚。

毎年、この時期に、書いてもらっています。

特に、重要なのが、生徒さんの1週間のスケジュールの把握なのです。

発表会に向けて、これから、合わせ練習も多くなります。

こんな時、このスケジュールが、重宝するのです(4月、5月だと、新年度が始まり、まだ、スケジュールが固まらない子供たちも多いのです)。

「○○ちゃんは、○曜日がダメで、○○くんは、○曜日が大丈夫、じゃあ、この二人が、そろって、レッスン出来るのは?」

なんて、生徒カードとにらめっこします。

この他にも「練習状況」「相談したい事があったら書いて下さい」という欄もあります。

この生徒カード、きっかけは、東京で開催された、ますこしょうこ先生のセミナーがきっかけだったと思います。

そして、今年の生徒カードは、あらたに、

「保護者の視点から見た、ピアノレッスンに望む事」を、アンケート形式に書く欄を設けました。


実は、体験レッスンの際にも、書いていただいているのです「保護者の視点から見た、ピアノレッスンに望むアンケート」というのが。

でも、日々、レッスンを重ね、生徒たちも、成長していき、環境の変化もある中、保護者の方が望む、ピアノレッスンも、体験レッスンの時とはニーズも変化しているのではないかな?って思ったのです。

複数回答可。

集計して、教室通信で、みなさんと、アンケート結果を共有できたら・・・と思っています。

協力、お願いいたします!!


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、発表会準備中のため体験レッスン は行っていません。(発表会終了後、秋頃に再開予定です)


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

発表会デビューの生徒さんに、今日から渡しています

◆ぴありな通信vol75

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

今年、発表会でユーする生徒さんに、今日から、楽譜を渡し始めました。

選曲は、私の方でさせていただきました。

4月から、習い始めた生徒さんもいらっしゃるし、小学1年生位までは、プログラム的には、ソロ演奏ですが、実際は、連弾(サポート演奏)での演奏の予定です。

私が、サポート演奏をしても良いのですが、全員となると、出ずっぱりになっちゃうし、なんか、私が、ずっと、ステージにいるのも、絵的に、どうかとも思いまして・・・

だから、サポート演奏の方は、お母さん方にお願いしました。

ピアノ経験者もいらっしゃれば、

ピアノ経験ゼロの方もいらっしゃいます。

みなさん、お仕事をお持ちです。


連弾パートナーのお願いしておいて、なんですが、負担大の場合は、遠慮なく、おっしゃって下さいね。

この場合、私が、弾きますから!!

もう少し、簡単にして欲しい場合も、おっしゃって下さいね。

こっちの場合、お母さん方が演奏する、セカンドパートをさらに、2つに分けて、アレンジし直して、私も、入れた、6手連弾にします。

ステージで、お母さんと、一緒にピアノが弾ける。

家で、一緒に、ピアノを弾ける。

きっと、子供さんは、嬉しいはず。

そして、この経験は、大切な、宝物になるはず。

そうそう、ピアノ発表会が、デビューの生徒さんたちにとって、技術云々より、こっちが大切だと思うのです。

人前で、表現した事が、成功体験になるなんて、貴重な体験です。


・・・多分、生徒さんたちの方は、あっという間に弾けちゃうと思うのです。

お母さん方、お仕事もお持ちの中、家の事も色々とやる事がある中、お願いしちゃってごめんなさい。

楽しんで、取り組んで下さいね!!

出来ない所があれば、遠慮なく、言って下さい。



年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、発表会準備中のため体験レッスン は行っていません。(発表会終了後、秋頃に再開予定です)


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

ぴありな通信vol75

◆ぴありな通信vol75

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

予定では、5月に「ぴありな通信」を書いて、渡す。

この時「発表会の日程をお知らせる」はずだったのです。

ところが、5月は、1に選曲、2に選曲・・・こんな感じで、結果的に、教室通信は後伸ばし、発表会の日程は、個別に、お知らせしました。

もう6月も末になりかけ。

選曲の山場も終え、さすがに教室通信を書かないとね。

お伝えしたい事も、てんこ盛り。

今回は、お知らせの他、

「発表会の曲を取りかかりましたが、それまで、レッスンで弾いていた曲をどうするか?」

を書きました。

発表会の曲に取りかかる1か月前位から、少し、レッスン内容を整えるといいますか、あまり新しい曲を増やさないようにしたり、新しいテキストの切り替えの時期をずらしたりと、調整します。

荷物を少し減らす感じです。

そして、その空いたスペースに、発表会の曲を入れたかったのです。

でも・・・スペースの空かない生徒さんもいるのです。

どうしたら良いのか?

ちょっと、心を鬼にして、今年は接していこうと思います。

発表会のために、レッスンをしているのではなく、

普段のレッスンの先に、発表会があるのです。

少し先の、発表会を目標にする事も大事。

でも、目の前にあることを、大切に取り組む事も大切ですよ。




年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、発表会準備中のため体験レッスン は行っていません。(発表会終了後、秋頃に再開予定です)


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

発表会曲も時の流れ・変化を感じます

◆発表会曲も時の流れ・変化を感じます

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

私が、ピアノの先生を始めた楽器店講師をしていた頃、発表会で演奏される楽曲って「ピアノ名曲集」とかに載っているのが一般的だった気がします。

そして、この頃、少しずつ、日本の作曲家、ギロックのようなアメリカの作曲家の楽曲がピアノの先生の中に、浸透してきたと思います。

でも、なかなか、子供たち、保護者の中では、受け入れてもらえない風潮もありました。

失礼を承知で書くと、

ベートーヴェン、モーツァルト、ショパンや、ピアノ名曲集に載っているような楽曲は、上手な子が弾く。

日本の作曲家を含め「何、それ?はじめて聞く」的な楽曲は、受け入れてもらえない。

そういったスタンスの方が、今より、多くいらした気がします。


今は、そうした「間違った、思いこみ」はずいぶん、少なくなったと思います。

その昔は「バイエル」が、メインでしたよね。(私、エレクトーン出身なので、断言できないのですが)

ピアノランドのメソッドの樹原涼子先生のお言葉だったと思うけど「日本人のための、メソッドを作りたい」そんな風な思いもあって、ピアノランドメソッドが誕生した(だったような・・・)

指導者が、軸をしっかり持っていないと、大変な事になってしまう位、今では、樹原先生はじめ、様々なピアノメソッドが増えました。


もちろん、今回の発表会で、「名曲」っていうのを演奏する生徒さんもいます。

でも、それは、純粋にその曲が弾きたいからであっての事。


最終的に生徒さんに選んでもらった、今回の発表会の選曲の時も、名曲集に入っているような楽曲を候補曲に入れても、その楽曲ではない曲を選んだ生徒さんも何人もいました。

日本の作曲家の楽曲を選んだ生徒さんが本当に多くなりました。

この生徒さんたちも、たまたま、自分が弾きたいと思ったのが、日本の作曲家さんであっただけの事。

日本の作曲家さんには、日本人に通じる、リズム・音の響きのおもしろさ、豊かさがあるのかもしれませんね。

width="400"

池田菜生子さんの楽譜は、今年も、人気がありました。手前3冊を今回新たに、購入しました。

width="400"

個人的に、気に入っているのが、西村由紀江さんのこの楽譜。

西村さんの素敵な楽曲が、バイエル終わりくらいの子でも、弾けるように、素敵さを残しつつ、やさしくアレンジされています。(残念ながら、絶版なのです)


是非ぜひ、おすすめの楽譜があったら教えて下さいね!!


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、発表会準備中のため体験レッスン は行っていません。(発表会終了後、秋頃に再開予定です)


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

連弾練習が始まりました、最初の1組目は…

◆連弾練習が始まりました、最初の1組目は…

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

連弾練習、時間的に一番合わせやすのが、前後の生徒さんを組み合わせる事。

ただ、レベル的な問題などがあって「連弾=前後の生徒さん」とはならないのです。

今回、レッスンの前後の生徒さんで組んだ連弾は、3組。

今週のレッスンから、3組のうち、2組が連弾練習に入ります。


新年度、レッスンスケジュールの組み替えもあって、偶然にも、最後の3枠が、中学2年生となりました。

「中学2年生が、三人続けて、レッスンなんて、偶然とはいえ、せっかくなので、この三人で、何か出来ないかな?」

って、考えて、6手連弾をする事にしました。

二人連弾であれば、前後の組み合わせで、効率よく、連弾練習が出来るのだけど、6手連弾はそうはいかない。

誰か、一人の待ち時間が長くなってしましtます。

例)A子レッスン→B子レッスン(A子は、30分待っている)→C子が入って、三人で連弾練習→C子のレッスン

こんな感じです。

だから、公平にするために、毎週、レッスン時間をローテーションして、一人だけが、待ち時間が多くならないように、練習表作りました。

さて、今日は、全ての連弾・アンサンブル練習のトップを切って、中学2年トリオによる、6手連弾をしました、

1回目の今日は、細かいところまでは、指摘せず、曲の流れ、それぞれの、声部の役割など、確認させました。

width="400"

連弾で、毎週、同じ時間を共有する事で、発表会への士気が、高まってくれたらな・・・と思います。

「思います」じゃないかな、士気を高めてね!!


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、発表会準備中のため体験レッスン は行っていません。(発表会終了後、秋頃に再開予定です)


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

生徒さんたちの最近のコピー事情

◆生徒さんたちの最近のコピー事情

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

(全員って、書きたい所ですが・・・)ほぼ、発表会のソロ曲が決まりました。

発表会の楽譜って、じっくりと取り組むし、取り組み期間が長いので、楽譜の書き込みが、普段より、多くありませんか?

生徒さんのために書いた書き込みも、出来てきたり、仕上がってくると、それらが、不必要に感じるのです。

もういらない、情報なのに、楽譜を見ると、目に飛び込んでしまう。

生徒に伝わる良い楽譜

楽譜を見た時に、どの個所に注目して練習したら良いのか、一目でわかる楽譜が、生徒に伝わる良い楽譜です。

それに対して、最初の譜読みの段階から、注意点がびっしり書き込まれている楽譜が、悪い楽譜です。
(略)
まず、生徒には自分の楽譜をコピーしたものをレッスンに持参してもらいます。

~渡部由記子著「魔法のピアノレッスン」より~

渡部由記子先生は、書き込みが多くなると、コピーしておいた楽譜に差し替えるそうです。

講座を受講した際にお聞きしたのか?本を読んでなのか?記憶は定かではありませんが、これは、発表会にも使えると思ったのです。(本ではコンクールの取り組みとして書いてあったと思います)


生徒さんたちには、発表会のソロ曲が決まると、必ずコピーをしておいて、予備を用意しておくようにお願いしています。

「コンビニとか、スーパーとか、コピーしておいてね」

すると、多くの子供たちが、

「家で、コピーが出来る」

というのです。

ん~8割位かな?

かなりな率ですよね。

私、残りに2割の方です。

家では、コピーが出来ません。

コンビニコピーです。(私が、一番、使いやすく、仕上がりもいいと感じているのは、セブンイレブンです)

「家にあったら、便利だな」

とは思うのですが、そんなに、不自由さを感じてないし、コンビニコピーは、良い仕上がりのコピー機で出来るので、ここは、割り切っています。

width="400"

この記事を書くために、久々に、本を取り出しました。

あらためて、中身をパラパラっと見直しました。

発表会前の指導はもちろん、普段のレッスンでも役に立つ、ためになる事が書いてあると思います。

もう1度、再読します。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、発表会準備中のため体験レッスン は行っていません。(発表会終了後、秋頃に再開予定です)


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

クラシックのラジオ番組の公開収録に行ってきました

◆クラシックのラジオ番組の公開収録に行ってきました

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

私は、ラジオを良く聴きます。(FM専門)

中でも、お気に入りの1つは、日曜日、午後にNHK FMで、放送されている「きらクラ」という番組

きら=気楽に…きらきらした…の略

クラ=クラシックの略

(私の日曜日は、昼間っから、夕方遅くまで、ずっとラジオなんですけど)

この番組、タイトルが変わっても、曜日・時間が変わっても、ずっとずっと、追いかけています。

もう10年以上のリスナーです。

堅いイメージのクラシックを 身近に感じさせてくれる、コーナーにトーク、この番組で、出会えた曲もあるし、色々な事、知る事が出来ました。


いつものように、ある日、ラジオを聴いていたら、今度、番組初、公開録音をするそうで・・・期待しないで聴いていたら。

「福島県→会津→田島町」

もう、もう、ただただ、ビックリの、感激!!

後は、往復はがきで応募して、当たる気の行く気満々。

結果、2枚当選❤

1枚は、今回、公開収録される町の隣町から、レッスンに通ってきてくれている生徒さんがいらっしゃるので(片道1時間くらいかけて来ていただいているのです)1枚、差し上げました。(1枚で2人まで入場可)

ちょっぴり、早めに行ったつもりが、超長蛇の列で、駐車場も、県外ナンバーがたくさん停まっていました。

「前の方に座れるかな?」なんて思っていたけど、甘かった・・・そうだよね、この番組好きには、公開収録、待ちに待ったはずだもんね。

会場で、生徒さんとも会えました「人が多くって、ビックリだね」なんて、話しました。


来週が、オンエア。

だから、曲目など、ネタばれ出来ないのです。

ゲスト演奏は、バイオリニストの千住真理子さんと、サクソフォン奏者の須川展也さん。

演奏も素晴らしかったけど、お話も、素敵でした。

width="400"

司会は、アーティスト「ロケットマン」でもあり、クラシックが好きで、ご自身、ピアノを演奏される、ふかわりょうさん。

本当に、素晴らしい感性を持っています、会場では、気転の素晴らしさも感じました。

同じく、司会でチェロ奏者の遠藤真理さんの、チェロの生音も聴けて、嬉しかったです。

まだ聴いた事のない方、もし良かったら、ラジオ聴いてみて下さいね!!


・・・それにしても、今回の公開収録、なぜ、山に囲まれていて、FMが入らない場所での、開催なのだろう?


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、発表会準備中のため体験レッスン は行っていません。(発表会終了後、秋頃に再開予定です)


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

猫の島、このブログ写真で「ほっこり」してもらえたら、嬉しいです

◆猫ノ島、このブログ写真で「ほっこり」して思ってもらえたら、嬉しいです

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

このブログは、音楽教室を中心に、音楽の事をなるべく意識して、書いています。

が・・・今日は、音楽のかけらも出てきません。


5月末、1泊2日の旅行に行ってきました。

行き先は、岩手県と宮城県。

1日目の予定が、何も決まっていなく、出発直前に、岩手県の、世界遺産「平泉」にしました。

前から、行ってみたかったのです。

width="400"
中尊寺
width="400"
毛超寺


そして、2日目が、今回の目的の場所!!

宮城県石巻市の田代島。

「猫の島」と呼ばれている所。

width="400"

この島の人たちは、猫を大切に扱っています。

そして、この島に行く人たちも、島関係の人か、釣り人、そして、大多数が、猫好きさんです。(同じフェリーに乗ってきた人たちが、みんな、猫じゃらしを持参していたのには、笑っちゃった)

だから、島の猫は、人に対して、とっても、フレンドリーです。

width="400"

width="400"

歩けば、その辺にいます。

遊んでいると「私も、僕も」って、近寄ってきます。

width="400"

width="400"

しっぽをグルグル回そうが、プニュプニュ肉球を触っても「どうぞ、どうぞ」と、やりたい放題です。

width="400"

島には、猫がまつられている、猫の神社もあります。

猫も魅力的なんだけど、島自体も、良い気が漂っていた気がします。

あちらこちらに、廃屋があって、この島に、たくさんの人がいた時に、タイムスリップしてみたいと思いました。

width="400"

松ぼっくりが、こんなに、くっついている木も、はじめて見ました。

width="300"

フェリーを待つ間、岸辺で、待っていたら「こんな所に、日影が・・・」って、入ってくるし(笑)

この後、暑かったので、屋根付きのベンチに移動したら、先客がいました。

width="400"

近くに座ったら、少しは、目を覚ますだろうに…もう、完全に、人に対して、信頼してますね。

width="400"

あまりにも、警戒心ゼロなので、少し、至近距離から、撮影してみました。

でも、やっぱり、爆睡していて・・・

思いっきり、カメラを近づけてみました。

width="400"

私、この写真を見るたびに、ちょっといい感じに、気が抜けます。

「朝、起きて、気が付けば、夜」

こんな毎日の人も多いと思いますが、お互い、がんばっていきましょうね!!

きっと、また、行くよ、猫島!!


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、発表会準備中のため体験レッスン は行っていません。(発表会終了後、秋頃に再開予定です)


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場