ピアノ教室、喜多方市塩川町「ぴありな音楽教室」は、音楽を通し、人としての成長を大切に、人間力を育むレッスンを心掛けています。

TEL-080-3332-3785

喜多方市塩川町御殿場

10月

ぴありな通信vol.78

◆ぴありな通信vol.78

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

width=

渡したのが、10月の最後のレッスンになりました、遅くしました。

今回は、私と教室の生徒さんだけで、共有したい事が多いです。

発表会のオンラインアルバムのアドレスを掲載しておきましたが、もし、見られない時は、メール下さいね。

リンク先のアドレスをクリックで見られるようにしますので、遠慮なく。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

生徒さんと今を共有するために、ピアノの先生の情報収集

◆生徒さんと今を共有するために、ピアノの先生の情報収集

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

私が、中高生の頃、当時のアイドルたちに対し、大人たちの、

「誰が誰だかわからない」

そんな言葉を聞くと、

「なに言ってんの?簡単じゃない?全然、ちがうじゃない」

なんて思ったものです。


「ゴメンナサイ・・・」

その時の大人さんたちの気持ち、今なら、よ~くわかります(笑)。

興味もないのもあって、私、今のアイドル全然、わかりません。


そして、すこし話が変わって、最近の流行り。

中学生の生徒さんが言った、

「めっちゃ、流行ってるんですよ」

その言葉に(大げさな…)って、スル―していました。


今週、不定期でレッスンにいらしている、大人の生徒さんからも、

「私なんて、2回も行ったんですよ、先生も行った方がいいって」


(みんなの流行りと共有するって大事だな…)って思って行ってきました。

width=

映画の感想は、書かないとして、

BGMの使い方、入り方そんな所に意識が行く自分に「純粋に楽しみなさい!」って、ダメ出ししちゃいます。


古くは「千と千尋の神隠し」

新しい所だと「アナと雪の女王」


この時も「今の流れに、乗らないと…」と観に行ったものです。

width=

映画を見に行った、米沢市。

りんごが道路にまではみ出ていて、はみ出たリンゴを「ちょっと拝借、パクッ」って、ならないのか、毎年、この時期、思います。


教室の空き時間、教室内で変更・移動がありました。

空き時間は、こちらで確認下さい。



年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

すべての伴奏者を応援します

◆すべての伴奏者を応援します

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

校内の合唱コンクールシーズンたけなわですね。

伴奏は、教室行事ではなく、学校の管轄だと思っているので、立場をわきまえて、情が入りすぎず…もちろん、演奏に対しては、しっかりと、指導しています。

学校ピアノ伴奏話題は、明るいイメージがあるけど、表だって書けない色々な事だってあります。(あるでしょ?)


・ピアノ伴奏がやりたい生徒が選ばれ・・・

・伴奏曲が、その生徒さんが、技術的に弾ける範囲であり・・・

・弾けた事に対しての努力を承認してもらえる。


この3つが揃えば問題がないのだけと。

「ピアノを習っているから弾けて当然」

ではありません。

弾けるようになったのは「その生徒さんが、自分の時間を使い練習し(子供さんによっては)精神的にエネルギーを消化し、弾けるようになるのです」

って、昨年のこの時期にも、多分同じ事を書いたと思います。


伴奏者達が、教室にもいます。

終始笑顔だった子もいれば、学校での何気ない言葉にプレッシャーを感じ、焦りから、いっぱい泣いた子もいる。

応援しています、私の生徒たちだけでなく、すべての伴奏者たち!!

もし良かったら、伴奏者達に、声をかけてあげて下さいね。

width=

伴奏指導の時は、少し、距離をとって指導していました。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

大事なことは、自分に原因を探すということです

◆大事なことは、自分に原因を探すということです

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

こんな事、ありませんか?

調子が悪くなった電化製品。

あらためて日を置いて使ったり、別な人が使うと、問題なく使える。

「確かに、あの時、私が使った時は、動かなかったのに・・・」

みたいな事。

私、修理まで出したのに「問題ありませんでした」って返って来て、それどころか、修理出す前に、ちゃんとチェックしてますか?的な用紙が入っていたりして。

ハイハイ、それ位の事、私もチェックしてます、トリセツも読みました。

って、言いたくなるんですけど…でね、結局、スイッチ入れても動かないのです。


我が家の、グランドピアノ。

時期的に、ピアノを弾くと、ノイズのようなものを感じる事があります。

毎回、調律の時に言うのだけど、改善されません。

なんせ、調律の時は、ピアノの音色絶好調ナンデスもん。


それでも、調律師さんは、私の話を聞き、考えられる原因を絞り、手を加えます。

昨日、調律師さんが来ました。

正確には、調律でいらしたのではなく、症状が出ていないかの途中経過の確認です(気になっていたらしいのです)。

お願いしている調律師さんは、他県からいらしているので、この地域に調律で来たついでに寄られました。(無償でした)

調律師さんいわく、

「原因はまだ断言できません。だから、また、症状が現れたら、また、他の原因を探し、手を加えます」


調律師さんがいらしている時は出ない症状にも関わらず、私の話を聞き、症状を想像しながら、原因を探してくれている事が、本当に嬉しく思います。

そして、ある本の内容を思いだすのです。


(かなり、略します)

カメラが壊れ、カメラ屋さんに持っていくと、きちんと作動する。

でも、カメラ屋さんは

「お客様の使い方が間違っていたのではないですか?」

とは一度も言わず

「お客様の言葉が真実であって目の前の事実は関係ない」


というのです。


今回の調律師さんがされている事も同じ。

今、どうかではなく、ノイズが出た時があったという真実を受け止め、原因を見つけてくれています。

今回も、ピアノの内部を取り出して、

「これだと思っているんですが?」

って説明して下さいました、それは、意外な部分。

もう、ここまで来ると、職人芸だと思いました(奥が深いです)

width=

そして、このお話しの終わりに書いてあったのが、今日のブログタイトル

「大事なことは、自分に原因を探すということです」


「人のせいにしていると、改善できない」とも・・・


紹介した本は、

福島正伸著「キミが働く理由」

福島先生の本は何冊が持っていて、今回、この記事を書くのに、どの本に書いてあったのか、色々、引っ張り出しました、久々に再読したいと思った福島先生の本でした。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場


認めたくない現象

◆認めたくない現象

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

認めたくないけど・・・

最近、頭の中は、映像が出てるのに、言葉として出てきません。


認めたくないけど・・・

頭の中の言葉と、口から出てくる言葉が違う時があり、つっ込まれます。


認めたくないけど・・・

漢字が出てきません。


その割に、どうでも良い事は、詳細に覚えているのです。

先日も、レッスンノートの、先生の一言欄を書いていたら、漢字が出てこなくって、唸っていたら、

「先生、私も一緒❤」

って、生徒さんのお母さんがなぐさめてくれました。


先日のレッスンでも、練習がいまいちで、レッスン内容も「ありゃりゃ」の生徒さんのレッスンノート先生欄に、

きたいしています」

って、書こうとしたら「たい」の字が出てこない。

一本?
『亻』にんべん?

二本?『彳』ぎょうにんべん?

どっちかが、正解で、どっちかが「サムライ」になっちゃう。

やだヤダ~、先生からの欄に意味ない「サムライ」なんて、書きたくない。

これを見た保護者の方も「サムライ?」なんて、頭の中が?でいっぱいになっちゃたら、申し訳ない。


生徒さんに聞いても(中学生)、こっちも「一本?二本?」で、私と同じ状態だし・・・

調べてスッキリしました❤

ダメね、さぁ、正解はどちらでしょうか?


今日の話題「レッスンあるある」ですよね。

私、だけだったりして・・・


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場


書きたくなる欲求

◆書きたくなる欲求

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

昔、高校生になる男子生徒が着て来た、かっこいいベンチコート。

そして、そのロゴを見ると、ある欲求がうずくのです。

(目を書きたい!!)

と・・・

だから、男子高校生とも、レッスン中、こんな会話を何度もお約束のようにしていました。


「今度、練習してこなかったら、目を書いちゃおうかな~❤」

「ダメだ、やめろ」



あれから、数年経っているのに、同じロゴの服を着ている生徒を見て、同じ欲求がうずきました。

成長してないな・・・

目を書きたくなるロゴですか?

width="400"

これ、プーマ。

最近、真面目なブログ記事を書いたので、今日は、ゆるく書いてみました。

教室の中で、卒業する生徒さんや、入会される生徒さんがいたり、在籍している生徒さんの中でも、レッスン枠変更があったり、空き時間が変更になっています。

→現在の空き時間


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

曲が「この速さで弾いて」ってメッセージを送っています

◆曲が「この速さで弾いて」ってメッセージを送っています

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

昨日のブログを書いて、今日のブログ内容が決まりました。

昨日は、音符に付いている飾り(私たちはアーティキュレーションと言っていますが)の事を書きました。

今日は「速度」について。

習い始めは、その生徒さんの弾ける速さで良いかな?って思っています。

ただ、ゆっくりでも、同じ速度で弾けるようには(等速感)したいと思っています。

やがて、テキストも進むにつれて、速度表示が出てきます。


私がレッスンで使用しているメインテキストを見ても、

◇「ピアノひけるよジュニア」だったら、3巻のおしまい頃

◇「オルガン・ピアノの本」だったら、3巻から

◇「ピアノランド」だったら3巻から

速度が示されています。


曲達が「この速さで弾いて欲しい」と、意思表示をしているのです。

この意思表示は、速度記号としてだったり、数字で示されています。

実際、教室では全く、気にも止めていない生徒さんも、結構います。

きっと、私自身、伝え方が足りなかったかな・・・って反省しています。


曲達からの「私をこの速度で弾いて」というメッセージを見ても、その速さでは、技術的に弾けないのかもしれないし、違う速さで弾きたいって思うかもしれない。

そしたら、曲と向き合って、仕上げの速度を決めれば良いと思います。

一番残念なのは、速度メッセージを気にもとめずに弾いてしまっている事。


そして、メトロノームは、大切な相棒なのです。

width=

速度記号だけを取り上げる学習の時は、まずは、この4枚からはじめています。

「遅い順番から並べてごらん」

そして、並べてくれました(あっでも・・・順番が違ってますね)

この生徒さん、また、来週も、カード並べやってみます。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

楽譜の中の音符のアクセサリー

◆楽譜の中の音符のアクセサリー

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

「髪に付けるアクセサリーって、何がある?」

「ヘアピン、リボン、カチューシャ・・・シュシュもあるよね」

「音符にも、アクセサリーが付いてたよね、これが付いていたら、どう弾くの?名前は?」

こんな話をして、カードを置きます。

width=

左から、テヌート、スラー、スタッカート、アクセントですね。

「そのヘアピン似合っているね」

「そのリボン、かわいいね」

って、言われたら嬉しいでしょ。

音符たちも「見てみて!!私を弾く時はこんな風にお願い」って、アピールしてるのに、気付かないのは、失礼で、かわいそう。

width=

のび太くんも「よく見る記号なので、ちゃんとおぼえよう」って言ってるでしょ。
~ドラえもんの音楽おもしろ攻略 楽ふがよめる」から~

width=

でも、記号の本来持つ意味・ニュアンスが日本では、違うように伝わっているようなので(スタッカート=切るとか)私が生徒さんに伝える時はこちらの本を参考にしています。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

音符のアクセサリー

◆音符のアクセサリー

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

「髪に付けるアクセサリーって、何がある?」

「ヘアピン、リボン、カチューシャ・・・シュシュもあるよね」

「音符にも、アクセサリーが付いてたよね、これが付いていたら、どう弾くの?名前は?」

こんな話をして、カードを置きます。

width=

左から、テヌート、スラー、スタッカート、アクセントですね。

「そのヘアピン似合っているね」

「そのリボン、かわいいね」

って、言われたら嬉しいでしょ。

音符たちも「見てみて!!私を弾く時はこんな風にお願い」って、アピールしてるのに、気付かないのは、失礼で、かわいそう。

width=

のび太くんも「よく見る記号なので、ちゃんとおぼえよう」って言ってるでしょ。
~ドラえもんの音楽おもしろ攻略 楽ふがよめる」から~

width=

でも、記号の本来持つ意味・ニュアンスが日本では、違うように伝わっているようなので(スタッカート=切るとか)私が生徒さんに伝える時はこちらの本を参考にしています。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

ばんだい国際音楽祭~能楽体験~

◆ばんだい国際音楽祭~能楽体験~

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

三連休最終日の10日は、レッスンもお休み、掃除をする予定でした。

もちろんしました、掃除の最中、頭をよぎったのです。

「そういえば、今日は、ばんだい国際音楽祭の最終日だな」

って・・・そして、今日が最終日、10日のプログラムを見直しました。

【能楽鑑賞体験コンサート】

(能楽があったんだ、気付かなかった・・・)

そして、プログラムの内容を読むと、

「鑑賞のほか、実際に楽器を演奏して見たり、掛け声を練習したりする参加型伝統芸能アドベンチャーです。」

なんて書いてある。

「能楽」前から、とっても興味がありました。

掃除もしたい・・・でも、体験も出来る能楽なんて、貴重な経験。

そして、掃除を途中でやめて、行ってきました。(鈴木には考えられない、フットワークの軽さ)

width=

真剣な鈴木です、太鼓は、中心の鹿皮を叩きます。

width=

この他、唄、笛、小鼓、大鼓を体験しました。

鈴木は笛では、全く、音が出せませんでした。

笛のすごい甲高い音は、神様を呼ぶ音であり、悪魔を払う音なのだそうです。

width=

能楽は、師匠から弟子へ、親から子へと、伝承され、650年受けつがれているそうです。

伝統音楽が650年も、しっかりと受けつがれるという事は、世界的に見ても、能楽だけだそうです。

能楽の鑑賞も間近で見ました。


拍子もないし、

調性もないだろうし、


「能楽は、どうやって合わせるのだろう?」


無心?

煩悩なんてあったら、まとまらなくなるんじゃないのかな?


質問を出来る時間はなかったので、私の中で解決はしていないけど、なにか、意識が違う所にあるように感じました。

width=

帰りは、お月さまが出てました。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場