ピアノ教室、喜多方市塩川町「ぴありな音楽教室」は、音楽を通し、人としての成長を大切に、人間力を育むレッスンを心掛けています。

TEL-080-3332-3785

喜多方市塩川町御殿場

05月

フェイスブックでシェアした事

フェイスブックでシェアした事

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

考えて・・・

悩んで・・・

答えが出なかったら、どうするか?


「考える、悩むのをやめる」


これが、以外に正解だったりします。

あんなに考え、悩んだのに答えが出なかったのに、ふとした時に、解決したりする時があります。


人は、顕在意識で動いています。(意識している世界)

でも、本当は、その顕在意識は、潜在意識によって支配されています。(無意識の世界)

この事を、私が学んだコーチング・カウンセリングの師は「氷山」で例えていました。


「見えている部分が顕在意識、でも、その下には、見えている以上の何倍もの氷があって、その部分が潜在意識」だと


悩む・考える事を意識の世界で止めても、ちゃんと、無意識の世界では、ずっとずっと思考は止まっていないのだという事なのだと思います。

だから、思いがけず、答えが見つかったリするかと。


一応、私はF・B(フェイスブック)をやっていますが、どちらかというと『見る専』で、投稿はたまにしています。

このF・Bには、グループというのがあり、私も、いくつかのグループに入っています。

その一つが「発達障碍ピアノレッスン(指導者限定)」というグループ。

ここでは、実際、発達障害の生徒さんを指導していく中での効果的だったこと、また、質問など、ディスカッションしています。


「見る専」の私が、迷いはあったけど、先日、このグループの中に投稿したタイムラインがあります。

それは先週、放送されたTV番組についてです。

そのまま、投稿したコピーを貼ります。

「怪奇体験!アンビリーバボー」で「奇跡の会社 日本一幸せな従業員とは?」が放送されました。(…放送された後でのシェアで申し訳ありません)


◇障害者と健常者の共存共栄

◇障害者にとって働きやすい環境

◇会社をまとめる者として課題を取り組むか?


などなど…全て、音楽教室にも置き換えられると感じました。


◆障害に関わらず一人ひとり違う個性の共存共栄

◆それぞれの個性をどう活かし、弱い部分をカバー(克服)するか?

◆指導者として課題をどう取り組むか?


また、アドラーの考えもしっかり入っている感じがしました。〈後文略〉


実は、この番組を見ていたら、家族が「この話知っている」というので(ひょっとして・・・)なんて、本棚を見たら、この本に書いてありました。(私も、読んでいたのに、覚えていなかった事が悲しいっていうか悔しい)

width=

この会社はチョークを製造、販売している会社。

会社では、障害を持つ人も多く雇っていました。

社長は、なかなか仕事を覚えられない、ミスする障害を持つ従業員に対し「どうしたら・・・」って自分に問いかけていたのだと思います。

だから、障害を持つ社員が信号を見て理解出来る姿を見て、作業場にも色を用いるアイディアが浮かんだのかと思います。

最初に書いた、潜在意識の部分。

きっと、この問いかけが、


「どうして?」

「なぜ?」


という、マイナスの問いかけだったら、悪い事ばかりに意識が行き、きっとアイディアは思い浮かばなかったはず。

「まとめていく者」として、それ以前に「人として」従業員を大切に思う気持ちが再現ドラマは色んな意味で考えさせられたのです。


このグループの管理者となっている中嶋恵美子先生は、障害の関係なく、子供と向き合って指導されているのを、著書からも感じます。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

打鍵と離鍵

打鍵と離鍵

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

ピアノは弾いて音を出します。

どうやって弾くかと言えば、指を鍵盤に落とします。(・・・知っていますよね)

これを「打鍵」って言ったりします。

でも、指を落とすことばかり意識が行きがちですが、指を鍵盤から離す(離鍵)意識も必要なのです。

音をつなげて弾く時、前に弾いた音の指が上がっていないまま、次の音を弾くと、音が重なって濁った音になります。

きっと、こうした奏法もあるのかと思いますが、まずは一音ずつ、つなげて弾く事が基本。


レッスン中、ピアノを習い始めたばかり生徒さんの、重なる音が気になりました。

もちろん、指のタッチもまだまだ不安定。

「どこまで理解出来るか?」そんな思いを持ちつつも『音が重なっている事』『そうならならいようにするにはどうしたら良いか』を伝えました。


その後、この生徒は、一度、弾きはじめた演奏を止めて、弾きなおしをしたのです。

width=

その弾きなおした音を聴いて思ったことがあり、演奏後に声をかけました。


「ひょっとして、音が重なったから、弾きなおしたの?」

首をこくりと、前に振りました。


幼くても、習い始めたばかりでも、わかるのですね。

何より「自分の音を聴いていた」から気付いた事。

「まだムリかもかもしれない」と思いこむのは、可能性を摘むことかも知れません。



・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

調律は誰にお願いしますか?

調律は誰にお願いしますか?

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

今日は、調律でした。

朝、9:00開始、調律師さんが家を出たのは13:00頃。

途中、お喋りしたのもあるけど、ざっと4時間。

定期的に調律をしていても、これくらいかかるのです。

調律って、完全に技術職だから「はい、終わりました」って言われたら終わり、ピアノの細かな構造は私もわかりません。


楽器店・メーカー所属の調律師さんだから、間違いない。

○○会に所属している調律師さんだから、間違いない。

○○ホールの調律をしている調律師さんだから、間違いない。


って、実は、言えなかったりします。

やっぱり、調律した後のピアノの状態で判断すべき事なのです。(あと、私の場合、人間性は見ます)

また、私たちのように、音を出す仕事をしていれば、仕上がり具合に納得しなければ、


「タッチの調整が納得しない!!」

「音が、整っていないじゃない!!」


なんて、調律の仕上がりに文句も言えるのですが・・・一般的には、調律師さんにお任せだと思います。

いちがいに、安かろう悪かろうでもないと思うし(でも、私は、考えちゃうけど)

1時間で終わる調律が悪いとも思わないし(これも、私は、考えちゃうけど)


大切な家族が、お医者さんのお世話になる時、色々と調べるでしょ。

わからない事があったら、質問するでしょ。

ピアノを調律する際、質問があったら、すべき。

納得しなかったら、言うべき。

弾く前、弾いた後のピアノタッチの感覚、音色の違いを自分の感覚・耳で確認する事は大切です。


こんな事を書くと「誰に調律をお願いしていいかわからないから、そのまんまでイイヤ」なんて、思っちゃダメですよ。

調律は、必要です。

確かに、調律代は、安くはありません。

でも、ピアノを良い状態で、少しでも長く使い続けるためにも必要なのです。

width=

私のピアノは、気になる症状が時折、出ます。

先週にはあったのに、調律師さんが来ると収まります。

この繰り返し・・・困ったものです。



・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

調律は必要です

調律は必要です

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

今日は、調律でした。

朝、9:00開始、調律師さんが家を出たのは13:00頃。

途中、お喋りしたのもあるけど、ざっと4時間。

定期的に調律をしていても、これくらいかかるのです。

調律って、完全に技術職だから「はい、終わりました」って言われたら終わり、ピアノの細かな構造は私もわかりません。


楽器店・メーカー所属の調律師さんだから、間違いない。

○○会に所属している調律師さんだから、間違いない。

○○ホールの調律をしている調律師さんだから、間違いない。


って、実は、言えなかったりします。

やっぱり、調律した後のピアノの状態で判断すべき事なのです。(あと、私の場合、人間性は見ます)

また、私たちのように、音を出す仕事をしていれば、仕上がり具合に納得しなければ、


「タッチの調整が納得しない!!」

「音が、整っていないじゃない!!」


なんて、調律の仕上がりに文句も言えるのですが・・・一般的には、調律師さんにお任せだと思います。

いちがいに、安かろう悪かろうでもないと思うし(でも、私は、考えちゃうけど)

1時間で終わる調律が悪いとも思わないし(これも、私は、考えちゃうけど)


大切な家族が、お医者さんのお世話になる時、色々と調べるでしょ。

わからない事があったら、質問するでしょ。

ピアノを調律する際、質問があったら、すべき。

納得しなかったら、言うべき。

弾く前、弾いた後のピアノタッチの感覚、音色の違いを自分の感覚・耳で確認する事は大切です。


こんな事を書くと「誰に調律をお願いしていいかわからないから、そのまんまでイイヤ」なんて、思っちゃダメですよ。

調律は、必要です。

確かに、調律代は、安くはありません。

でも、ピアノを良い状態で、少しでも長く使い続けるためにも必要なのです。

width=

私のピアノは、気になる症状が時折、出ます。

先週にはあったのに、調律師さんが来ると収まります。

この繰り返し・・・困ったものです。



・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

大切な事を気付かせてくれた人

大切な事を気付かせてくれた人

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

発表会が終わると、しばらく音楽から遠ざかりたい時がありました。

ピアノに限らず「音楽すべて」です。

聴く事もイヤでした。


その頃の私は、

発表会は生徒は楽しんでもいいけど、私は「楽しんではイケない」と思っていました。

「発表会、良かったですよ」と言われても、その言葉は生徒のもので、私は「まだまだ」と思いました。


がんばっても、がんばっても、認めることはせず「まだまだ」「まだまだ」「まだまだ」本当に苦しかったです。

きっと、心の水は、空っぽだったのだと思います。

ガソリンは空っぽなのに、アクセルを踏んでいたのかと思います。


今、思えば、一緒に発表会を楽しめば良かったのにね。

賛辞をいただいたら「ありがとう」って素直に受け取れば良かったのにね。

今は、私も楽しんでいるし、賛辞は遠慮なく受取る事が出来ています。


そんな音楽聴きたくない病になっていた、ある日、お昼のワイドショー的な番組の中の言葉に手が止まりました。

TVは見ていたわけでなく、音声のみ聞いていたので、TV画面を見ました。

そのコーナーは終わりに近づいていました、どうも、登山家の方が話されているようでした。


「登山は、頂上に登る時よりも、下山する時に事故が多い、頂上をゴールにしないで、山を降りた後のビジョン(本を出す、この経験を多くの人に伝える、など)を持つ事が大事」


この言葉を聞いた時、自分が「燃え尽き症候群」(それも重度)だったと悟りました。

発表会をゴールにしていた自分が、発表会を終え無気力に近い感覚になっていた事、そうならないためにも、発表会を終えた時の後のビジョンを持つ事が大切さなのだと気付きました。


その登山家は「栗城史多」

著書も買いました。

講演会にも行きました。


実は、栗城さんの無謀に思える、登山スタイルに私は応援する事は出来ませんでした。

それでも、チャレンジをすると知れば、気にかけていたし、無事を願いました。


今日、エベレスト下山中に亡くなった事を知りました。

残念。

ただただ、残念です。

width=

width=

2010年、7年以上たつのですね。

TVからの言葉は、あの時の私に必要なものでした。

ありがとうございました。



・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

メモ魔

メモ魔

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

私は、メモ魔です。


近くのスーパーに行く時は、買うものをメモしてから行きます。

でも、せっかく書いても、

「あっ、書いたメモ忘れた」

となります。


出不精の私は、出掛ける時は、出来るるだけの用事を済ませようとします。

行く先々をリストアップ、行く順番に番号を付け、そこで何をするか?買うか?メモします。

でも、せっかく書いても、カバンからメモを出すのが面倒で、なんのためのメモかわからなくなります。


TV、ラジオで聴いた気にとめたい事をその辺の紙に書きます。

そして、掃除の時に「あっ、こんな所に書いていたんだ」と、忘れた頃に見つけます。


何でもかんでも、その辺に書いてしまいます。

書いた事で安心する、ある意味、自己満足かもしれないです。

だから、レッスンのアイディア、やる事リストも、その辺に書くので抜け落ちてしまいます。

付箋紙もやってみましたが、私には合いませんでした。

そんな私が、以外に上手くいっているのが、


「無印のチェックリスト」

width=

この不精者でも出来ています。

指導案ノートをまとめていると、


「プリント用意しておくなくちゃ」

「この曲について調べないと」

「練習しておかないと」

「こんな教具あったらいいかも」


多い時だと、あっという間に1ページくらい書いてしまいます。

だけど、ここは地方の地方だから、無印はないのね。

先日、1冊を書き終え、どうしたものか考えましたが、ネットで、まとめ買いしました。

これで、しばらくは大丈夫。



・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

曲のイメージ作りに文明の利器を

曲のイメージ作りに文明の利器を

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

レッスン曲に「バグパイプ」というタイトルの曲が出てきたら、あの手この手で説明します。

width=

CDも聴かせました。

・・・でもインパクトがいまいち。

男の人がチェックのスカートをはいて演奏する様子、実際の音色を感じてもらうには・・・「文明の利器!!」


テキストの上に「バグパイプの動画を見てくること」って書きました。

そして、見てくれたそうです。


でもね、バグパイプの奏でる姿を私がはじめて見たのは、

「キャンディ キャンディのアンソニー」(年代ばれるけど…)

なんて書いたら、主題歌が脳内再生されてしまいました。


(長調からはじまって、えっ?途中、急激な短調に転調している?)


確認したくって、ユーチューブで再生しちゃいました(笑)

そうそう、出だしはチェンバロ・・・あっ、やっぱり、平行調に転調してる。


(・・・やだ、弾きたくなってきた)


なんて思ったら、もう止められない、エレクトーンで音作って、今ほど、耳コピしちゃいました。

キャンディキャンディは「なかよし」(←雑誌のなまえね)だったけど、私は「リボン」でした。


あっ、バグパイプの話でしたよね。

その昔に、真面目に書いていたので、こっちの方が良いかもです。

私のあの手、この手が書いてあります。



・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

メール・SNSは便利な反面…

メール・SNSは便利な反面…

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

連休中に、保護者の方からメールが届きました。

そのメールは「YES・NO」で答えられるもの。


そのメールに対し私からの結論は「NO」。

もちろん、結論に至った考えもお伝えしたい…でも、メールは、間違えて捉えられてしまうかもしれない。

そして、


「理由をお伝えしたいのですが、メールは、違って捉えられてしまう心配もあるし、今回の事は大切なことだと思いますので、次のレッスンが終わってから話す事は出来ますか?」


と返信し、次のレッスン終了後、お話しさせていただきました。

話をさせていただいた事で、


「保護者の方からの質問に至った経緯」

「なぜ、私がNOという結論に至ったのか?」


お互い理解できたかな?と思いました。

何より、ピアノを優先に大切に考えてもらっている事。

生徒さんの「ピアノが好き」を応援している思い。

本当に、よく伝わりました。

嬉しくもあり、気が引き締まる思いです。

今後のレッスンの進め方を考える上でも、メールではなく、直接、お話し出来て良かったです。


そういえば、この春、手紙に書いて、レッスンの提案のようなことをさせていただいた生徒さんがいました。

この時も、もう少しお話しを(先生の考えを)聞きたいと、LINEがあり、日時をあらためて設定して、お話しさせていただきました。

話したことで、ご両親のピアノの習いごとに対しての思いがわかり嬉しかった事を覚えています。


今は、連絡ツールが電話・手紙の他、メール・SNSとあり、本当に便利な時代になりました。

事務的な事は、メール・SNSでも良いのですが、内容によっては、間違ってとらわれてしまう事もあるので難しい所です。

直接、お話し出来ると良いのですが・・・


保護者のみなさま、もし、ご質問、ご相談があったら、遠慮なく、お好きな連絡ツールを使って、お話しください。

必要であれば、面談いたします。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

コンクール、最後にかける言葉

コンクール、最後にかける言葉

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

発表会や、コンクールで演奏する生徒の演奏を聴く特等席は「ステージ袖」だと思います。

一部の人しか入れない特権?


なんでしょうかね、あの場所。

神聖な場所のようにも感じます。


女子フィギュアスケートの宮原知子選手のコーチはオリンピックの演技の前に

「このリンクを知子の色にしなさい」

的な事を言ったそうです。


発表会前、コンクール前、生徒にかける言葉、選びます。

もちろん、あえて、何もかけない事もあるかと思います。


コンクールの舞台袖には、参加者と付き添いが付く場合があります。

指導者が付き添いになる場合が多いです。

ここでは、演奏前の生徒、そして指導する先生の様子を垣間見れます。(って事は、私も見られている、と思うのですが・・・)


まもなくの出番を控え、先生から、たくさんのアドバイスを受けている出演者もいれば・・・

(でもね、先生が心配なのはわかるけど、出番直前に、あんなにアドバイスもらっても、困るだろうに)


かと思えば、先生と、教え子は何も会話していないのに、

「いつも通りやれば大丈夫」「ハイわかりました」

そんな言葉が聞こえてきそうな事もある。

会話しなくても意思疎通が出来ている。


私は、今、コンクールの曲を練習している生徒に何て声かけるのでしょうね。

とりあえず、今は、


「曲が間に合わない場合、出ないからね」

「ヤ~ダ」


そんな会話してます(笑)

もちろん、レッスンは、真剣!!


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

ピアノを習わせてもらえないのは、かわいそう?

ピアノを習わせてもらえないのは、かわいそう?

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

「子供の頃、ピアノを習いたかったのに、習わせてもらえなかった」

今、通ってきてくださっている生徒さんのお母さんに、こうした思い出を持っている方が多くいらっしゃいます。

一人、二人じゃないです。

だから、我が子が「ピアノを習いたい(習ってもいいよ)」と言ってくれた時「習わせてあげたい」という思いは、大きかったのではないかと思います。

・・・でも


「ピアノが習えない=かわいそう」


では決してないのです。

ピアノを習えば「好きな曲が弾ける」「情操教育になる」そして「賢くなるらしい?」です。

でも、他の習いごととは、違う面が多いように思います。


◇ピアノは、教室に通って終わりではなく、家で弾くことが大切になります。

◇楽器が必要です!他の習いごとに比べ初期投資が大きいかもです。


他にもあるとは思いますが、一番大きな点は2点かと。

習わせてもらえなかった(もらえない)のは、


◇楽器の問題かもしれないし、

◇親御さんの習いごとに対しての考え方かもしれないし、

◇送迎の問題かもしれない。


習えなかったのには、必ず、お家のルール、親御さんの考えがあったはず。

だから、仕方なかったことなのかと思います。


「ピアノを習わせてもらえないのは、かわいそう?」


と、今日のブログタイトル、タイトルはシビアだけど、実はここを伝えたかったのではないのです。


私が一番に伝えたかった事、

「こうして、ピアノを習わせてもらえた君たちは、ありがたいね」

という事。(そりゃ、もちろん、弾きたくない時もあるとは思うけど・・・)


そして、子供の頃、ピアノを習わせてもらった生徒の保護者でもある、お父さん、お母さんも、そのまた、お父さん、お母さんに感謝しなきゃ!!!です。

「ピアノを習う」

って当たり前のことじゃないんだよ。

もうすぐ母の日ですね、ここの所も「ありがとう」なのです。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場