ピアノ教室、喜多方市塩川町「ぴありな音楽教室」は、音楽を通し、人としての成長を大切に、人間力を育むレッスンを心掛けています。

TEL-080-3332-3785

喜多方市塩川町御殿場

07月

ケンカしながらの連弾練習

ケンカしながらの連弾練習

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

発表会では、今の所、全員が、発表会で、2曲以上、2度の出番があります。

日々、色々あります(察してください・・・)


前回から、連弾練習を始めたペアがいます。

練習の質・ピアノとの向き合い方に、このままの状態ではダメだな…って思いました。

初級レベルの生徒さんに関しては、レッスンの中で、弾けるようにして、練習の仕方も教え、万が一、わからなくなった時の対処法(ヒントを書いた「おんがくノートを見る、音カードを見る など…)も伝え、終えています。

理想は、次のレッスンでは、その続きから進めれば良いのです。

『すごろく』でいう、ゴール(発表会)に、たどり着くまでのコマ。

前回、コマを10進めたら、次の週は、そのコマから進める。

理想・・・です。(ハハハ、街の教室色んな生徒がいる)

もちろん、10進めたのに、20位進んでいる生徒もいます。


昨日のペアは、10進めても、次の週は、スタート?に戻っていた感じ。

仕方ないですね、叱りましたよ。

生徒たちは知っていますが、めっちゃ怖いですよ。


前回、初音合わせ、予想はしてたけど、撃沈しました。

そして、その日のレッスン、小さな希望を持ち、少しでも、コマが進めれば良い。

width=

そしたら、よく弾けてました。

いとこ同士のこのペア。

聞けば、二人で合わせたそうです。

小学一年生で、こうして自分たちで、まとめたのには感心。

レッスンノートのお家からのメッセージには

「ケンカしながら二人で合わせていました」

って書いてありました。


叱られても良いのです。

叱られて、その後、どう行動するかが大切。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

ぴありな通信vol、96 発表会までの予定

ぴありな通信vol、96 発表会までの予定

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

今月、夏休みに入る前の週に「ぴありな通信vol、96」を渡しました。(vol95の記事は書き損ねましたが、先月、vol95も配布済み)

width=

この時期は、毎年同じ。

夏休みの予定、発表会までの流れが、細かく書いてあります。

◇参加費の流れ

◇プログラムの流れ

◇その他もろもろ

昨年の実施時期を確認しながら日程を決めました。

「細かく過ぎるかな?」とも思います。

でも、私自身がこうして、流れが見えると安心します。

また、『〆切り』という考え方も多少、個人の捉え方が違うので「見える化」しました。


そうそう、つい先日も、こんな事が、

4月に、発表会の日程を書いた教室通信を渡したのに・・・

発表会の曲を練習しているに・・・

「ところで、発表会はいつですか?」

って、お母さんから質問がありました(まっ、お母さんも忙しいからね)

手帳に書いておいてくださいね♪


実は、私自身、掲示してある、この教室通信を見ながら「あっ、そう言えば、今日から渡すんだった」と気付かされています。

毎週、配布物、〆切りがある感じがします。

今週は、プログラムにのせる写真撮影です。


今日は、全員、写真撮影がある事を忘れていました。

「黒髪に、日に焼けて真っ黒、しかも、Tシャツも黒」

黒づくめの生徒もいて、二人で笑っちゃいました。(これは、これで良いのですよ)

特別なおしゃれは不要ですが「いつもの、あなたがス・テ・キ!」でも、ちょこっと、意識して来てくださいね。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

習い始めて2ヶ月、発表会どうしたら?

習い始めて2ヶ月、発表会どうしたら?

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

ピアノの習い始めは、ものすごい勢いで、多くを吸収します。

児童期で習い始めた生徒さんは尚更。


この先月、6月からピアノを習い始めた生徒います。

体験レッスンの時から、取り組む姿勢が素晴らしい子供でした。

レッスンでは、弾いてくる曲数は決めずに「好きなだけ進めて良いよ」と伝えてあります。

案の定、どんどん、予習をします。

だから、指導案を立てる時も「きっと、先々に進んで弾いているだろう・・・」という過程を巡らしながら考えます。


6月といえば、多くの生徒たちが、発表会の曲を弾き始めた時期です。

習い始め、すぐに「発表会の曲なんだけど・・・」っていうのもどうかと思うし。

何より、習い始めの、多くの事を吸収するこの時期に、発表会の曲に専念させる事には疑問を持っていました。


でも、吸収力が半端なく、私の話も、素直に耳を傾けています。(素直な子は伸びます)

そして、私の中に、疑問が芽生えました。


「今年の発表会の出演を見送って良いのだろうか?」


と…でも、一方で、


「習い始めてすぐなんて早すぎる、習い始めの大切な時期でしょ」


という思いもある。

この生徒の体験レッスンの申し込みには、


「昔から、ピアノを習いたいと言っていました、しかし、他の習いごとと重なったりして、習う事が出来ませんでした。学校の発表の場で鍵盤を弾く機会があり『ピアノを習いたい』という思いが再び、沸き上がったようで~(略)」


お母さんからの、申し込みまでの経緯・思いがたくさん書かれていました。

多分、表現する事が好きなのかもしれない、だとしたら、発表会に出る事で、さらなる成長が出来るチャンスかもしれない。


『今年の出演は見送る』のも『参加する』のも、きっと、どちらも正解、だから、迷うのだと思います。

だから、私の思いを、正直に話し、本人に聞いてみようと思いました。

でも、その前に、お母さんに、今の私の思い・迷いを正直に伝えました。その上で、次のレッスンで本人に聞いても良いですかと。

そしたら、


「発表会、とてもよい経験だと思います。本人も、出たいと言うでしょう」


という言葉を受取りました。

そして、今週から、発表会の曲を渡しました。

選曲は、それまでのレッスンで行ってきた事の延長線上で取り組める楽曲にしました。

延長線上なので、きっと、発表会が終わっても、また、その線上で進む事も、少し戻って確認する事も出来、発表会の演奏経験が、普段のレッスンでも活かされると思います。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

最悪な場合のパパの付き添い

最悪な場合のパパの付き添い

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

今、年少さんになった生徒は、3歳になった頃、レッスンを開始しました。

レッスン時間を決める際、

「父親(パパ)は、音楽の事は全くわからないので、私が付き添いになると思います」

そんなかんだで、お母さんの予定を考慮して、レッスン時間を決めました。

今月、お母さんが仕事で付き添いが出来ない日がありました。


ママ「最悪な場合、パパで良ければ、レッスンに来られます」

私「あの…パパの付き添いは『最悪』じゃないと思うんですけど・・・」


そして、その日が来ました。

自分で、カバンをかけて、手を洗って、シールを貼って・・・

お父さんは、はじめてのレッスンなので、見守る事しか出来ません。


その日の生徒は、いつもよりテキパキなのです。

お母さんの付き添いの場合、ゆっくりペースで準備は、、甘えたい気持ちがあるからかと思います。

でも、今日はお父さん、自分が出来る事を見てていて欲しいのかもしれません。


レッスンの始めは、短調・長調の調性の聴きとり。

私の弾く3拍子の音に対し、短調の曲の時は短調のカード、長調に切り替わったら、長調のカードを持ちます。

これが聴き取れたら、プラス2拍子の長調・短調のカードも混ぜて、4枚のカードの聴きとり。

即時反応で聴きとれる我が子を見て、お父さんの口から、


「すげえな」


が出ました。(でしょ)

スティックを持って床を叩く場面で、私がCDをかける準備をしていたら、背後で男ふたりが、スティックでなんかしてる。


「そこで、チャンバラごっこしない!!」(もちろん、けしかけたのは、子供の方です)


この日は、ファの音の読譜に入り、ピアノ演奏の前に、グロッケンで音出しもしました。

口数が多い生徒ではありませんが、この日は、たくさんお喋りしていました。


お父さんの付き添いは「最悪」じゃなかったですよ、お母さん。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

音にバッジが付いている

音にバッジが付いている

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

発表会の曲では、学習してきていない事も出てきます。

◇学習してない音域

◇学習していないリズム

◇学習していない記号

低学年、習い始めの生徒さんの場合、それらが、すぐ理解し、実践できそうな場合は、説明してから進めます。

この先、発表会も終わり、いつものレッスンに戻った時に、それらが、早い段階でレッスンの中に登場してくるような場合も、説明し、先々のレッスンに活かします。


「それを今、説明しても、実際、レッスンに出てくるのは先だから、忘れちゃうだろうな」

とか、

「それを今、説明したら、面倒くさいとか、難しいと思っちゃうかも」

そんな風に感じたら、説明も何もなく答えを教えます。


音域だと、ピョンと、飛び出ている音なんかは、楽譜を読ませず「これは『ド』この高い(低い)鍵盤で弾きます」って教えちゃいます。

リズムだと、音価などは教えず、言葉を付けて弾かせたりします。

♯・♭などの記号は「音にバッジが付いていると、特別だから、いつもと弾く所が違う」と言って、楽譜に鍵盤シールを貼って「この場所を弾く」と教えます。

width=


まれに「これって(♭を指さし)シャープで、黒い鍵盤を弾くんですよね」っと、学校で仕入れた情報を教えてくる生徒もいますが、

「それはシャープじゃないよ、フラットだし、白い鍵盤の時もあるし…」

とサラッと流します。

♯や♭の学習は、時間を取って正しく学習した方が、結果的に一生ものだと思います、中途半端な説明は誤解の元になる時もあるのです。


幼児の生徒は

「ここにもバッジ、ここにも…せんせい~けんばんシールはって」

と宝探しのようになっています。

多分、本当にバッジのように見えているのでしょう。

結果的に、その音符を弾く時は、意識しているみたいです。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

8月12日発表会を聴きに埼玉に行きます

8月12日発表会を聴きに埼玉に行きます

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

たくさんのファンを持ち、多くのピアノの先生から支持されている先生が、毎年、夏休みに「サマーコンサート」(発表会)を開催されてます。

ずっと、ず~っと行きたかった「サマーコンサート」

でも、私も、この時期は、発表会の準備が大詰めで行く事は出来ませんでした。

今年は、発表会の日程が、後ろにずれた事で、はじめての

(行けるかも・・・)

になりました。


開催日は、8月12日お盆、しかも、日曜日。

交通手段を色々検討した結果、一番、体に優しい新幹線にしました。(でも、新幹線の駅に行くまでが2時間半)


『えきネット』予約。(トクダ値で、少し安くなる)

切符が確保できるかはわからない。


1か月前にメールでお知らせが届きました。

上りは「確保できました」

下りは「確保できませんでした」


(そっか、そうだよね、多くの人が帰省するわけで、東京に行く方は取れるのか)


完全な片道切符。

「あきらめる?」と一瞬よぎりましたが、すぐ払拭。

スピリチュアルじゃないけど、こんな風に上手くいかない時は「他に、もっと良い方法があるかもよ」というメッセージかもしれません。


その頃、ちょうど、サマーコンサートの大まかな、時間配分が先生のブログによってわかりました。

12時に開演して、19時頃終演の長時間のコンサート。

最後まで聴く事は不可能だけど、アンサンブルも少しは聴きたい。

アンサンブルは17時半頃。


「最初に予定していた帰りの新幹線の時間を1本送らせたら、少しは聴けるかな」

「さらに1本遅らせたら…あれ?止まる駅の数かもしれないけど、2本遅らせても、到着時間はあまり変わらない!)


結果的に2本遅らせて、帰りの指定席を予約しました。

きっときっと、過去セミナーでご一緒した先生、このブログでつながっている先生、多くの方々が、会場に足を運ばれると思います。


「はじめまして」

「お久しぶり」


そんな挨拶が出来たら、嬉しいです。

width=

・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

8月12日発表会を聴きに埼玉に行きます

8月12日発表会を聴きに埼玉に行きます

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

たくさんのファンを持ち、多くのピアノの先生から支持されている先生が、毎年、夏休みに「サマーコンサート」(発表会)を開催されてます。

ずっと、ず~っと行きたかった「サマーコンサート」

でも、私も、この時期は、発表会の準備が大詰めで行く事は出来ませんでした。

今年は、発表会の日程が、後ろにずれた事で、はじめての

(行けるかも・・・)

になりました。


開催日は、8月12日お盆、しかも、日曜日。

交通手段を色々検討した結果、一番、体に優しい新幹線にしました。(でも、新幹線の駅に行くまでが2時間半)


『えきネット』予約。(トクダ値で、少し安くなる)

切符が確保できるかはわからない。


1か月前にメールでお知らせが届きました。

上りは「確保できました」

下りは「確保できませんでした」


(そっか、そうだよね、多くの人が帰省するわけで、東京に行く方は取れるのか)


完全な片道切符。

「あきらめる?」と一瞬よぎりましたが、すぐ払拭。

スピリチュアルじゃないけど、こんな風に上手くいかない時は「他に、もっと良い方法があるかもよ」というメッセージかもしれません。


その頃、ちょうど、サマーコンサートの大まかな、時間配分が先生のブログによってわかりました。

12時に開演して、19時頃終演の長時間のコンサート。

最後まで聴く事は不可能だけど、アンサンブルも少しは聴きたい。

アンサンブルは17時半頃。


(切符が取れなかった、帰りの新幹線の時間を1本送らせたら、少しは聴けるかな)

(さらに1本遅らせると?止まる駅の数かもしれないけど、2本遅らせても、到着時間はあまり変わらない!)


結果的に2本遅らせて、帰りの指定席を予約しました。

きっときっと、過去セミナーでご一緒した先生、このブログでつながっている先生、多くの方々が、会場に足を運ばれると思います。


「はじめまして」

「お久しぶり」


そんな挨拶が出来たら、嬉しいです。

width=

・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

発表会までのレッスン時間、見える化効果

発表会までのレッスン時間、見える化効果

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

頭の中が、相変わらずゴチャゴチャしています。

それは、やる事、やらなければならない事に対して、やれていないから・・・

焦ってもしょうがいないってわかっています…やれる事を1つひとつやるのみですね。

ここ1,2週間、夏休みの変更の申し出を受けます。

そうか・・・来週は、夏休みなんですね。


「発表会のアンサンブル・連弾練習はどうやって、時間を確保する?」

「教室の夏休みは、いつにする?」

「今月・来月と5週あるけど、休みを入れる入れない?」


まだ、この辺りも、決めていないから、変更の申し出も考えられない。

だから「見える化」

発表会までのレッスンスケジュールを書きました。(毎年、書いています)

そしたら、ほんの少しだけ、気持ちが落ち着きました。

手書き作業、疲れました。

手も、頭も。

width=

レッスン変更の申し出も、原則、いつものレッスン時間の中の空き時間の中で行います。

指導案を考える時間に加え、この時期は、発表会前の自分の練習はもちろん、たくさんの事務作業・雑用があります。(一応、家事も)

この時間も確保しなければならないのです。

それに、発表会の準備作業も、コマ切れにするのは、効率が悪いですしね。

私の場合、午前中から、早い午後までが、その時間。

私のような要領の悪い人間は、この時間帯に一人でもレッスンを入れてしまうと、その時間が確保できなくなってします。


「レッスンが30分だったら、その30分だけでしょ」

って思われてしまうかもしれませんが、レッスンの前後にも準備時間とかあるから、30分ではないもの。

まだまだ「見える化」作業は続くのです。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

発表会リハーサルどうするか・・・

発表会リハーサルどうするか・・・

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

今年の発表会、リハーサルをどうするか・・・

昨年は、発表会と同じ会場で、リハーサルを行いました。

もちろん、今年も、同じ会場で、リハーサルができればよいのですが、やはり、気がかりは「予算」。

頭の中で悶々していても仕方がない。

参加費は上げたくない。

昨年と同じ参加費で計算。

2017年度の発表会の収支報告を見ながら、概算を立てる。

予算が足りなくなれば、また考えなおさなければいけない。

計算の結果「楽勝ではないけど、リハーサルできる」事がわかりました。


そう結論が出れば、空いている日の(平日の夜とかは取りやすいのです)確認のために会場に行かなきゃ!!

そしたら、第一希望が空いていました。


今年も、平日、夕方から夜(遅くは21:00過ぎまで)リハーサルします。

今週末、その他、発表会までの予定を決めて、週明け、リハーサル日も含め教室通信にてお知らせします。


演奏曲は『リハーサルまでに曲をまとめる』事を目標にすると良いと思います。

細かな手直しなどは、リハーサル後のレッスンで調整・暗譜していきましょう。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

おばさんか?おねえさんか?

おばさんか?おねえさんか?

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

レッスンに付き添いのお母さんが、レッスン室に入って早々、

「先生、今、ここに来る途中、車の中で、この人は、おばさんか?お姉さんか?って話していたんです」

通っている、幼稚園の○○先生は?とか、そんな会話です。

なんて、この親子は、恐ろしい会話をしているのだろうと思いました。(笑)

ちなみにママは、お化粧している時は『お姉さん』で、お化粧をしていない時は『普通』だそうです。

私も、登場人物になっていました。


ピアノの先生は・・・「おねえさん」だそうです。


良いですか?

「ピアノの先生=私」です。


反論もあるかと思いますが、コメント欄でも、反論は受け付けません。(爆)

いつも、素直で笑顔が素敵な子なんですが、しばらく、この言葉で、がんばれそうです。



・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場