ピアノ教室、喜多方市塩川町「ぴありな音楽教室」は、音楽を通し、人としての成長を大切に、人間力を育むレッスンを心掛けています。

TEL-080-3332-3785

喜多方市塩川町御殿場

ブログ

過去の指導、今の指導、これからの指導

過去の指導、今の指導、これからの指導

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

ピアノ教育者として、一人の人間として、尊敬している、しょうこ先生。

今年は、しょうこ先生の発表会にも行く事が出来ました。

全国・・・いやいや、世界かもしれない、しょうこ先生のブログを読んでいる街のピアノの先生は数知れず。

しょうこ先生からの発信には、たくさんの学びが、問いかけがあります。


11月末に発信された「ピアノを教える立場として」の題されたブログには、音楽教室の現状が書かれていました。

(一部抜粋)

現実問題として、

*調律のされていない、気持ちの悪い音のピアノでのレッスン
*足台も用意されていなく、足はブラブラでも気にしない
*教本を持たせないで、好きな曲のコピーだけでレッスン
*楽典なども全く教えてもらっていない(子供向けのドリルもあるのに・・)
*先生自身、ピアノを弾かない(弾いて聴かせない)
*指導法や教本など、新しい勉強はしない。
*上手にならないのは、生徒や保護者のせいだと言い切ってしまう。
*その他・・・


こうした、教室があることに疑問をもたれていました。

そして、ブログによって発信されたことで、多くの保護者・指導者から、色々な声が寄せられたそうです。

あらためて、しょうこ先生ご自身が、自分に問いかけ、いっぱい考えられた事が、この後のブログを読むとわかります。


本当にそうだ。

私も、引き継ぎで移ってきた生徒のレッスンをしていて、驚いた事、残念に感じた事がたくさんあります。

でも、いくら「なぜ?なぜ?なぜ?」って言ったところで始まらない。

だって、過去の事だから。

(今更ながら、言っていた自分に反省です)

もし、今、指導している私の生徒が他の教室・先生に移ったら「基礎がなっていない」「こんな事も習っていなの?」って言われちゃうかもしれない。

言われた所で、私に指導力・技量不足はあるかもしれないけど、手を抜いている訳じゃない。

そう考えたら、以前の先生も、真剣に取り組んでいたのかもしれない。


でも、今、教えているのは私。

そして、この先の事はわからないけど、その生徒の成長を思い、レッスンをしていく。

今回も、しょうこ先生のブログから、たくさんの気付きを得ました。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

お母さん、シッシッ

お母さん、シッシッ

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

年中さんの生徒は、お母さんが大好きです。

お母さんにベッタリの時期もありました。(時々今も)

そんな時は、お母さんにも協力していただき、一緒にレッスンをしました。


ある時、レッスン中に、この生徒が、お母さんに「かまって~、ビーム」を出しました。

でも、その時、お母さんは書き物をしていて、そのビームに気付きませんでした。

そしたら、だだっ子になる事なく、レッスンに取り組み始めました。


その様子を見て思ったのです。

(ひょっとしたら、お母さんがいない方が、良いのかも?)


この後、お母さんとも話をして、子供だけのレッスンにしました。

子供だけとはいえ、一緒にピアノを習っているお兄ちゃんは近くにいます。

だから、一人ぼっちではないのですが、やっぱり、日によって、お母さんがいないとダメな時もあれば、大丈夫な時もあります。

そんな時は、出席表のシールを選んでいる間に、お母さんに小さく手で合図します。


(シッシッ)


お母さんは、これに気付くと、子供に気づかれないように、そっとドアを開けレッスン室から出ていきます。

言葉はなくとも、通じる二人だけの会話。

もちろん、この後に、お母さんがいない事に気付いて、大泣する事もあります。


「大丈夫、後から、お母さんがお迎えに来るから」

「なんで泣いてるの?」

「もう、お母さんがそばにいなくても、大丈夫でしょ」


なんて、絶対、言っちゃダメ!!

意識が、過去に行っちゃうから。


カードや、書く作業など、他の事に意識を向けたり、時にお兄ちゃんを巻き込んでレッスンする時もあります。

意識が前に向き始めたら、もう大丈夫。

その後は、楽しそうにレッスンしています。


お母さんがお迎えに来た時に、

「今は、お母さんにベッタリだけど、いつかは、この日を懐かしむ時が来るんだよ」

って、お話ししたら、

「『金よこせ』とか『あっちに行け』とか、そのうち、言われたりして」

なんて、笑ってましたけど、それはないと思います。

「お母さんが、大好き」っていうこの子たちの感情は、ずっと、変わらないはず!!私にはわかるのです。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

高校三年生と辛口先生の関係

高校三年生と辛口先生の関係

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

パソコンのケーブルが壊れて、ここ1週間ほど、私のパソコンが使えませんでした。

酷使しているので、念のために、もう1台、パソコンを購入しておいて良かったです。

…とはいえ、やっぱり、自分のが使い慣れているので、ブログも、この際、サボりました。


高校三年生になるのを前に、レッスンを終える生徒がいました。

先日、無事、進学先が決まった連絡を受けました。


レッスン室を片付けていた時、この生徒が最後のレッスンの時に、私に渡した手紙が目にとまりました。

先日の連絡もあって、あらためて、手紙を読み返しました。


(こんな事が、書いてあったんだ・・・)


って、思いました。

もちろん、手紙を受取った時に、中は読みました。

でも、ここが私の弱さです。

寂しさもあり、直視して読めていませんでした。


(あら?こんなに良い事が書いてあったのだ)


と、今さら思いました。


「長く続けられない自分も、ピアノだけは、楽しく続けられました。」

とか

「先生は、自分が考えている事、何でも、お見通しだった。」

とか、

「『先生』というのが好きじゃないけど「さとみ先生」は好きだ。」

とか。


私の発した数々の「辛口言葉」「口の悪い所」も好きだそうで・・・(失礼な!!)

距離的に、お母さんのレベルだそうです(笑)

そうね、エールの言葉として、最後まで辛口言葉で言えば「地に足を付けて、自分軸を持ってほしい」かな。

そしたら「本当に自分にとっての、大切な人が誰か?」「必要な情報は何か?」「今、何をすべきなのか?」こうしたものが、見えてくるはず。


だから、良い意味で、成長させてくれる壁に、たくさんあたって欲しいと思います。


何かあったら、いつでも話に来てください。

辛口で良ければだけど。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

伴奏者の光と影

伴奏者の光と影

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

「伴奏者に選ばれました」

「伴奏賞に選ばれました」

学校での伴奏は、こうした良いイメージが多いかと思います。

これらが光だとすると、伴奏には影も、たくさんあります。


「伴奏者のオーディションが公平でない」

「伴奏者に決まって練習したのに、大人の都合で他の生徒に変更になった」

「伴奏者に決まって、レッスン時間も使い、練習をしてきたのに、学校の都合で中止になった」


こんな事を聞かされると「またか」って思います。

ピアノを習っていたら「すぐ弾ける」と思いこんでいるのでしょうか?


以前、自分のキャパを考え、伴奏を断った生徒がいました。

先生と他の生徒が相談し、断れない状況を演出され、伴奏者になった生徒がいました。

「こんな理不尽な事、悔しくって、涙が出た」

と教えてくれました。

聡明な子だったから、悔しさは相当なものだったと思います。


また、断っても伴奏者に選ばれた生徒は、間際になって、伴奏が弾けないから学校を休みました。

なんか変?

ピアノを習っていたら、必ず伴奏をしなくてはいけないのでしょうか?


イヤで伴奏を引き受けた生徒は、アクセル(やらなければイケない)ブレーキ(やりたくない)を同時に踏んでいます。

相反する行為、

だから、前には進みません。


今年もいました。

ブレーキとアクセルを踏んでいた生徒が。

間際になっても、弾けていません。(楽譜のレベル的には問題なし)


「そんなに、イヤだったら、断ったら?それを言う事は悪いことではないよ」に対し

「もう、日がないから無理」と答えが返ってきました。


「今の返事は『伴奏者を引き受けるという意思』責任はあるよ、伴奏は、上手に弾こうと思わないで、無難でいいから、まとめなさい、必ず出来るから」

その時、生徒が表情を変えました。

「間に合わないよ」

「みんなに迷惑がかかるでしょ」

とでも言われると思ったのかな?きっと私から『無難に』という言葉が出たのが、意外だったのかも。

私の言葉に、ウソはないけど、あの時、追いつめるような言葉をかけたら、アクセルとブレーキはもっともっと、強く踏んじゃうと思ったから。


もちろん、自分の意思で伴奏者になった生徒には、容赦しません。

でも、大丈夫、私からの音楽的要求が、むしろ、モチベーションにつながるから。

伴奏を自分なりに弾きこなしていた生徒がいました。


「伴奏賞は?」って聞いたら、

「上には上がいるから」って笑顔で答えてくれました。

自分も伴奏を楽しんで、上手な子の演奏を受け入れる、この生徒を見ていて(なんかいいな❤)って思ったのでした。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

空気を読めない先生

空気を読めない先生

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

「来週は、レッスンお休みだからね」

って、レッスンノートで確認しながら言いました。

「ここは、空気を読んで(本当は『来週は休み、ヤッタ~!!』と言いたいところだけど)どうして休みなんですか?って言っとくか」

と、私の言葉を聞いて、生徒が言いました。

「空気を読むなら、さらにもう一声『来週も、ピアノに来たかったな~』も付け加えなさい」

って言ったら、素直に補足してました。ヤラセですね(笑)


そして、次の生徒。

レッスンシールをしばらく眺め、1枚を選び、貼り終えました。

私は、すっかりレッスンモードになっていたのだけど、生徒が言いました。

「先生、ここは、空気を読んで『どうして、そのシールにしたの?』って聞いてください」

私は、空気が読める方だと思っていたけど、まだまだでした・・・



・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

近くのスーパーと元生徒のお母さん

近くのスーパーと元生徒のお母さん

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

近所のスーパーに行くと、誰かしら、知っている人に会います。

特に母と・・・(笑)

まるで、○時○分にね~って待ち合わせしているみたいに、本当に不思議です。


私は、出不精の、買い物も面倒なので、買い物も、あまり行きません。

その日も、買い物に行くか行かないか30分、レッスン室で悶々してました。

(ん~本当に欲しいのは牛乳だけ、これは、家族にコンビニで買ってきてもらってしのぐか・・・)

そしたら、それまでやっていたパソコンがフリーズしてしまい、気晴らしに買い物に行きました。


スーパーで買い物をしていると、この日は、元生徒さんお母さんにお会いしました。

「先生~久しぶり」

「ごぶさたしています」

そこから、冷蔵ケースの前で30分立ち話。

「先生、ちょっと見て~家の猫❤」

「もう、すっかり、親バカじゃないですか」

なんて、色んなお話をしました。

でも、一番話したのは、子供さん、私にとっての元生徒さんのお話し。


今は、結婚して、離れた所に住んでいます。

近況は、直接、本人から聞いてはいたのだけど、お母さんからも、元気にやっているとの事。


「お母さんが、自由で、そして、元気にいる事が、○○にとって、安心材料であり、喜びだと思います」


なんて、ちょっと生意気な事言ったら「そうそう、そうなんだよね」って、お母さんの目が涙くんじゃった。

ホント、あの子は大丈夫。

なんたって、精神年齢は私より、大人だもん。

 

・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

近くのスーパーにて、

近くのスーパーにて、

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

近所のスーパーに行くと、誰かしら、知っている人に会います。

特に母と・・・(笑)

まるで、○時○分にね~って待ち合わせしているみたいに、本当に不思議です。


私は、出不精の、買い物も面倒なので、買い物も、あまり行きません。

その日も、買い物に行くか行かないか30分、レッスン室で悶々してました。

(ん~本当に欲しいのは牛乳だけ、これは、家族にコンビニで買ってきてもらってしのぐか・・・)

そしたら、それまでやっていたパソコンがフリーズしてしまい、気晴らしに買い物に行きました。


スーパーで買い物をしていると、この日は、元生徒さんお母さんにお会いしました。

「先生~久しぶり」

「ごぶさたしています」

そこから、冷蔵ケースの前で30分立ち話。

「先生、ちょっと見て~家の猫❤」

「もう、すっかり、親バカじゃないですか」

なんて、色んなお話をしました。

でも、一番話したのは、子供さん、私にとっての元生徒さんのお話し。


今は、結婚して、離れた所に住んでいます。

近況は、直接、本人から聞いてはいたのだけど、お母さんからも、元気にやっているとの事。


「お母さんが、自由で、そして、元気にいる事が、○○にとって、安心材料であり、喜びだと思います」


なんて、ちょっと生意気な事言ったら「そうそう、そうなんだよね」って、お母さんの目が涙くんじゃった。

ホント、あの子は大丈夫。

なんたって、精神年齢は私より、大人だもん。

 

・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

生徒さんが購入した電子ピアノを見てきました

生徒さんが購入した電子ピアノを見てきました

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

先月、楽器店の方が、明日から始まる「ピアノフェア」のチラシを持ってきてくださいました。

ピアノを始めた生徒さんが、こちらの楽器メーカーの電子ピアノを購入しました。

購入を検討されていた時、ご質問を受けました。

私は、電子ピアノに付いて詳しくない事、あくまでも主観としての意見という前置きをさせていただいた上で、何度かレッスン前や、メールでやり取りしました。


◇電子ピアノは楽器というより、電気製品である。(電化製品の進化はすさまじく、電子ピアノも同じ、だから、資産としての価値は考えない)

◇電化製品として考えるので、従来のピアノメーカーだけでなく、電子楽器メーカーも含めて考えてみても良いかかも。

◇出来るだけ、アコスティックのピアノのタッチに近いものを選ぶ。


などなど、お話ししました。

「電子ピアノ=電化製品」という考えがなかった事や、「楽器と言えば○○○」というメーカーに固定観念があったことなど、お話しくださいました。


私は、発表会前で、動く事が出来ませんでしたが、子供さん共々、試弾などを重ね電子ピアノを購入されました。

メールで、メーカー名、品番など連絡をいただきました。


どんなピアノを購入されたのか?興味があって、この機会に指弾させてもらいました。

電子ピアノも進化してますね。

今回は、1社のみでの試弾でしたが、良い経験でした。

でも、やっぱり条件だ合えば、アコスティックのピアノが良いと思います。


明日から、3日間、フェアが実施されます。

width=

・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

上中下の層があるとしたら~

上中下の層があるとしたら~

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

先月、ピアノの調律師さんが来ました。

県外に住む調律師さん、こちらで調律の依頼があるとの事で、ピアノの状態を見に来てくれました。

ピアノは、湿度・気温によっても、日々、状態が変わります。

人間と一緒。

家のピアノは、カサカサ?ギーギー?シャーシャー?言葉にする事は難しいですけど、そんな音が鍵盤を押すと出る時があります。

突然出たり、出なかったり、これも、湿度・温度が原因かと・・・

長い事、この症状が出ます。

でも、不思議と、調律師さんが来ると、ピタリと症状が出ません。

調律師さんが来れば、あれこれと説明するんですが、実際、症状を見ないとわからないものです。

この調律師さんが素晴らしいのは、説明下手の私の話を聞き、症状が出ていないにもかかわらず、処置をしてくれること。

調律師さんいわく、あらゆる可能性を考え「考えられる処置」を1つ1つ試していくしかないそう。

修理が必要とかのレベルではないからこそ、難しいことでもあるのです。


でも、今回は症状が出た時に来てくれました。

「結構、ギシギシ出ますね」

そうなのです!!結構、気になるのです。

結果、やはり、それまで行っていた「考えられる処置」が正解だったようです。


そして、帰りに色んな話をしました。

どんな話をしたかをコンパクトにまとめれば、もし、仕事に上中下の層があるとして・・・


上の層にいれば、コンサート会場などの比較的、状態の良いピアノだけの調律になる。(少なくとも、ネズミにかじられたとか、湿気でやられているとかはない)

下の層は、一番楽かもしれない。スキルアップもせず、それまで培った事だけで調律をすればいいから、でも、その層に(自分は)絶対いたくない。

そして中間層には、色んな顧客がいて、色んなピアノがあって、常にスキルアップが必要で、学ぶ事もたくさんあるし、本当に一番大変、でも、なんだかんだで、自分はここが好きなんですよね~


と、にこやかに、調律師さんは語りました。

そして、この話をピアノ指導にも置き換えて二人で語り合いました。(ここは誤解を招くといけないので割愛します)


調律師として、最高の技術を持って上の層にいても、自分の地位に慢心する事がなかったのが、自分の師匠だったそうです。

その振る舞いに(この人に付いていこう)と決めたのだそうです。

私のピアノの調律は、その師匠から、現在の弟子の調律師さんにバトンが渡されています。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

ボヘミアン ラプソディ

ボヘミアン ラプソディ

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

私も、観に行きました映画「ボヘミアン ラプソディ」~伝説のバンド〈クィーン〉。その生き様が世界を変えた、感動の物語。

width=

1週間前は、NHK FMの特番で「今日は一日“クイーン”三昧」」が、12時15分から夜22時まで、約10時間にわたり放送されたし、週末も、NHKの「SONS]で特集がされていましたね。

きっと、映画が上映されたことで、あちらこちらで「クィーン」の名・楽曲を多く聞ききます。


洋楽ばっかり聴いていた、私の中高生時代、でも、クィーンの楽曲を聴いた記憶がないのです。

だって、クィーンを深く知ろうとした時は、フレディはこの世の人ではなかったから。


(イイ曲だな~)って、その曲を調べると、クィーン。

アルバムを聴けば、どれも良くって、聴きやすいメロディ、一度聴いたら忘れられないフレーズ・リズム、ピアノの音色も心地いい。

楽曲がいい!そして、上手い!!

なんていっても、ヴォーカルのフレディ・マーキュリーの声が素晴らしい、あの歌唱力は半端ないです。

バルセロナオリンピックでは、オペラ歌手との共演予定だった位だから・・・フレディーが亡くなったことで、実現はしなかったのだけど、見たかったな~


この映画はクィーン、フレディー・マーキュリーの生き様が描かれています。


この曲は、こんな風に誕生したのか・・・

この曲が流行った時は、フレディは不安を抱えていたんだ・・・


映画を通して、知りました。

そうそう、魂に響くラスト21分は音楽イベント《ライヴ・エイド》のパフォーマンス。

気分は映画の中の客席と一緒。

一緒に歌って(小さな声でね)一緒にリズムを取りました(目立たないように)。

(マイケル・ジャクソン の映画「THIS IS IT」もそうだったけど、じっとして観ているのは大変なのです。)


思い起こせば、今年の冬。

発表会での高校生とのアンサンブル。

この時「ボヘミアン ラプソディ」が、候補に入っていました。(もちろん、この時は映画の事は知らず)

結果的に、生徒が他の候補曲を選んだことで、実現しませんでしたが、私には「先見の明」があるのかもしれないかも。


発表会で「♪ドンドンパン♪」(って始まる曲ウィ・ウィル・ロック・ユー)やってみたいな~なんて思うのだけど、ロック会場になっちゃうから、一人お楽しみで弾きます。

width=



・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場