ピアノ教室、喜多方市塩川町「ぴありな音楽教室」は、音楽を通し、人としての成長を大切に、人間力を育むレッスンを心掛けています。

TEL-080-3332-3785

喜多方市塩川町御殿場

ブログ

発表会プログラムの校正をお願いします

発表会プログラムの校正をお願いします

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

振り返れば、1週間前の金曜日、プログラム作成に本格的に取りかかりました。

好きな作業、途中、家事などもあり、中断もしましたが、7~8時間は没頭したのではないかと…

俗に言う完全に「ゾーン」に入ってましたね(笑)

シンプルにしちゃえば早いのに、ちょっと、凝り出しちゃうと止まらなくって、1週間ほど、手直しを重ね今日、家のプリンターで1部、作成しました。

プログラムはレッスン室に置いてあります。

誤字・脱字など、見つけたら、訂正しておいてください。

私は、もう見過ぎて、感覚がマヒしているので、みなさんのチェックを頼りにしています。

私としては『校正』のために置いたのですが、プログラムは見始めちゃうと、本来の目的が飛んで行ってしまうかもしれないので、注意くださいね。

プログラムはリハーサルの日も持っていきます。

その時でも、確認出来ます。

これらを経て、1週間後には、外注に出したいと思います。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

ますこピアノ教室・サマーコンサートに行きました

ますこピアノ教室・サマーコンサートに行きました

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

8月12日、念願叶い、ますこしょうこ先生のサマーコンサート(発表会)に行ってきました。

会場入り口までの、通路には、第1回目からの、サマーコンサートヒストリーの掲示。

width=


width=

エントランスにも、来ていただいているお客さまに見ていただく掲示の数々。

width=

width=

今回、オープニングから、最後の1曲、途中まで会場で聴く事が出来ました。


「演奏する人の思い」

「今までの向き合ってきた曲との時間」


こうしたものまで伝わってきました。

ステージから発せられる音、全てが生きていたように感じました

音楽の力にあらためて、気付かされた感じがします。


行きの新幹線の中で、発表会(私が主宰のやつ)のリハーサルのタイムスケジュールを組みました。

そして、プログラムにのせる、私からのあいさつ文、行きの中では、何を書こうか、迷いがありましたが、サマーコンサート後、この日に感じた思いから決まりました。


しょうこ先生はじめ、生徒さん、ゲスト演奏の方々、幸せな時間をありがとうございました。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

発表会で生徒に弾きたい曲があったら…

リハーサルのタイムスケジュールが出来あがりました

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

「『発表会は生徒に弾きたい曲を弾かせるべき』という流れに対して、先生が選曲する事は、新たな曲に出会える機会でもある」

的な事を、以前ブログに書きました。(リブログしておきます)

この考えは今も変わっていません。


生徒が弾きたい曲を弾いてもいいし、

先生が弾いて欲しい曲を弾いても良いと思います。


でも、もし、生徒の弾きたい曲が技術的に難しかったらどうしますか?

それでも、弾きたいと言っているのだから、弾かせますか?


クラシック音楽は、作曲者のものであり、できるだけ、作曲者の思い・時代背景をも組み取り、楽譜通りに弾かなければいけないと思います。

だから、技術的に難しいと判断したら、思いは受取り、来年以降の発表会で演奏する事を考えます。(その年の発表会がラストとかだったら別)

実際、今年の発表会で念願だった曲を弾く生徒がいて、演奏を聴いていると、今年が適期だったと感じます。


一方、ポピュラーですよね。

ピアノ曲ではないポピュラーをピアノで演奏は、全てアレンジされているわけで、ヤマハさんの「ぷりんと楽譜」というサイトでは、同じ曲でも、初級から上級まで色々なアレンジがあります。

(初級でも良いアレンジもあるし、上級でも、難しくしているだけでイマイチのもある)

ジブリ・ディズニーなんてカワイイもので、ポップスは、くうリズムに、細かい刻みのリズムなど、今までレッスンでは経験もしていないリズム、音がてんこ盛り。

今年の発表会、自分で選曲した生徒は全員「ポピュラー」でした。

苦戦中です。


一人は、音の厚みを薄くして、弾けたら、少しずつ厚みを戻す事にしました。

また、一人は、中間部分から私がアレンジものに差し替えて弾いています。

(上の二人は、練習をしたからこそ、次が見えたのです)

width=

和声(コード)機能を変えず、音を確認しながらアレンジました。

もちろん、生徒になりきって、アレンジの難易度も考えました。


正直、忙しいこの時期にこの作業はきつかったです。


でも、気付きました。

「先生が『発表会でその曲を弾く』と決めた以上、責任がある」

という事を・・・


だから、クラシック曲を弾きこなせないと思えば、その年は、あきらめる事も必要だし、ポピュラーの場合、先生が弾きやすくアレンジすることも必要だと。


出来ないリズムに苦戦して、弾いている子供が楽しめていない演奏を知っています。

だったら、先生がアレンジしてあげたらいいのに…って思いました。


本人が弾きたいと言ったのかはわかりませんが、きっといつも、有名曲ばかりを追い求め続けた演奏は、色んな意味で、むなしかったです。


自戒の思いも込めて・・・




・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

リハーサルのタイムスケジュールが出来あがりました

リハーサルのタイムスケジュールが出来あがりました

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

今日から『リハーサルのお知らせ・タイムスケジュール』をお渡しています。

昨日、一気に組みました。

平日の午後から行うリハーサル。

15:00位から21:00位までを予定しています。


◇あらかじめ、希望時間があった生徒さんもいるし、

◇全員の、他の習いごとを確認し、終わってから間に合うように組み、

◇仕事の関係で送迎が出来る時間にもあるし、

◇もちろん、生徒の年齢にも気を付けきゃいきなし、

◇確認のためメール・LINEもしました。


「あ~でもない」「こ~でもない」と、コピペをくり返しながら組みました。

完成した時は「私は、有能な秘書になれるのではないか?」と思いました。


プリントを確認くださいね!!



・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

発表会への手土産

発表会への手土産

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

今月、聴きに行く、しょうこ先生の発表会。

「手土産、何を持って行こうかな」

新潟県での講座受講の時(しょうこ先生の講座)、旦那さまが日本酒が好きなので「新潟のお酒を買って帰る」と言っていた事を思い出しました。

でもね『福島県も日本酒は、スゴイんだから!!』

だって、全国新酒鑑評会で金賞、6連覇ですから(ちなみに、私は、飲めません)

と決まれば、手土産は日本酒。

ここで、違いの分かる呑兵衛さんだったら「これっ!!」っていうのがあるのでしょうが、私にはチンプンカンプンです。

今回は「発表会の手土産」なので、クラシック音楽を聴かせたお酒にしました。

width=

width=

色んなラベルがあって、迷いました。(ジャケ買いに近い感覚)

width=

熨斗も書いてもらいました。

大きい方は丁寧だけど、絵が見えなくなるし…

大小どっちの熨斗にするか、ギリギリまで考えよう。



・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

ケンカしながらの連弾練習

ケンカしながらの連弾練習

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

発表会では、今の所、全員が、発表会で、2曲以上、2度の出番があります。

日々、色々あります(察してください・・・)


前回から、連弾練習を始めたペアがいます。

練習の質・ピアノとの向き合い方に、このままの状態ではダメだな…って思いました。

初級レベルの生徒さんに関しては、レッスンの中で、弾けるようにして、練習の仕方も教え、万が一、わからなくなった時の対処法(ヒントを書いた「おんがくノートを見る、音カードを見る など…)も伝え、終えています。

理想は、次のレッスンでは、その続きから進めれば良いのです。

『すごろく』でいう、ゴール(発表会)に、たどり着くまでのコマ。

前回、コマを10進めたら、次の週は、そのコマから進める。

理想・・・です。(ハハハ、街の教室色んな生徒がいる)

もちろん、10進めたのに、20位進んでいる生徒もいます。


昨日のペアは、10進めても、次の週は、スタート?に戻っていた感じ。

仕方ないですね、叱りましたよ。

生徒たちは知っていますが、めっちゃ怖いですよ。


前回、初音合わせ、予想はしてたけど、撃沈しました。

そして、その日のレッスン、小さな希望を持ち、少しでも、コマが進めれば良い。

width=

そしたら、よく弾けてました。

いとこ同士のこのペア。

聞けば、二人で合わせたそうです。

小学一年生で、こうして自分たちで、まとめたのには感心。

レッスンノートのお家からのメッセージには

「ケンカしながら二人で合わせていました」

って書いてありました。


叱られても良いのです。

叱られて、その後、どう行動するかが大切。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

ぴありな通信vol、96 発表会までの予定

ぴありな通信vol、96 発表会までの予定

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

今月、夏休みに入る前の週に「ぴありな通信vol、96」を渡しました。(vol95の記事は書き損ねましたが、先月、vol95も配布済み)

width=

この時期は、毎年同じ。

夏休みの予定、発表会までの流れが、細かく書いてあります。

◇参加費の流れ

◇プログラムの流れ

◇その他もろもろ

昨年の実施時期を確認しながら日程を決めました。

「細かく過ぎるかな?」とも思います。

でも、私自身がこうして、流れが見えると安心します。

また、『〆切り』という考え方も多少、個人の捉え方が違うので「見える化」しました。


そうそう、つい先日も、こんな事が、

4月に、発表会の日程を書いた教室通信を渡したのに・・・

発表会の曲を練習しているに・・・

「ところで、発表会はいつですか?」

って、お母さんから質問がありました(まっ、お母さんも忙しいからね)

手帳に書いておいてくださいね♪


実は、私自身、掲示してある、この教室通信を見ながら「あっ、そう言えば、今日から渡すんだった」と気付かされています。

毎週、配布物、〆切りがある感じがします。

今週は、プログラムにのせる写真撮影です。


今日は、全員、写真撮影がある事を忘れていました。

「黒髪に、日に焼けて真っ黒、しかも、Tシャツも黒」

黒づくめの生徒もいて、二人で笑っちゃいました。(これは、これで良いのですよ)

特別なおしゃれは不要ですが「いつもの、あなたがス・テ・キ!」でも、ちょこっと、意識して来てくださいね。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

習い始めて2ヶ月、発表会どうしたら?

習い始めて2ヶ月、発表会どうしたら?

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

ピアノの習い始めは、ものすごい勢いで、多くを吸収します。

児童期で習い始めた生徒さんは尚更。


この先月、6月からピアノを習い始めた生徒います。

体験レッスンの時から、取り組む姿勢が素晴らしい子供でした。

レッスンでは、弾いてくる曲数は決めずに「好きなだけ進めて良いよ」と伝えてあります。

案の定、どんどん、予習をします。

だから、指導案を立てる時も「きっと、先々に進んで弾いているだろう・・・」という過程を巡らしながら考えます。


6月といえば、多くの生徒たちが、発表会の曲を弾き始めた時期です。

習い始め、すぐに「発表会の曲なんだけど・・・」っていうのもどうかと思うし。

何より、習い始めの、多くの事を吸収するこの時期に、発表会の曲に専念させる事には疑問を持っていました。


でも、吸収力が半端なく、私の話も、素直に耳を傾けています。(素直な子は伸びます)

そして、私の中に、疑問が芽生えました。


「今年の発表会の出演を見送って良いのだろうか?」


と…でも、一方で、


「習い始めてすぐなんて早すぎる、習い始めの大切な時期でしょ」


という思いもある。

この生徒の体験レッスンの申し込みには、


「昔から、ピアノを習いたいと言っていました、しかし、他の習いごとと重なったりして、習う事が出来ませんでした。学校の発表の場で鍵盤を弾く機会があり『ピアノを習いたい』という思いが再び、沸き上がったようで~(略)」


お母さんからの、申し込みまでの経緯・思いがたくさん書かれていました。

多分、表現する事が好きなのかもしれない、だとしたら、発表会に出る事で、さらなる成長が出来るチャンスかもしれない。


『今年の出演は見送る』のも『参加する』のも、きっと、どちらも正解、だから、迷うのだと思います。

だから、私の思いを、正直に話し、本人に聞いてみようと思いました。

でも、その前に、お母さんに、今の私の思い・迷いを正直に伝えました。その上で、次のレッスンで本人に聞いても良いですかと。

そしたら、


「発表会、とてもよい経験だと思います。本人も、出たいと言うでしょう」


という言葉を受取りました。

そして、今週から、発表会の曲を渡しました。

選曲は、それまでのレッスンで行ってきた事の延長線上で取り組める楽曲にしました。

延長線上なので、きっと、発表会が終わっても、また、その線上で進む事も、少し戻って確認する事も出来、発表会の演奏経験が、普段のレッスンでも活かされると思います。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

最悪な場合のパパの付き添い

最悪な場合のパパの付き添い

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

今、年少さんになった生徒は、3歳になった頃、レッスンを開始しました。

レッスン時間を決める際、

「父親(パパ)は、音楽の事は全くわからないので、私が付き添いになると思います」

そんなかんだで、お母さんの予定を考慮して、レッスン時間を決めました。

今月、お母さんが仕事で付き添いが出来ない日がありました。


ママ「最悪な場合、パパで良ければ、レッスンに来られます」

私「あの…パパの付き添いは『最悪』じゃないと思うんですけど・・・」


そして、その日が来ました。

自分で、カバンをかけて、手を洗って、シールを貼って・・・

お父さんは、はじめてのレッスンなので、見守る事しか出来ません。


その日の生徒は、いつもよりテキパキなのです。

お母さんの付き添いの場合、ゆっくりペースで準備は、、甘えたい気持ちがあるからかと思います。

でも、今日はお父さん、自分が出来る事を見てていて欲しいのかもしれません。


レッスンの始めは、短調・長調の調性の聴きとり。

私の弾く3拍子の音に対し、短調の曲の時は短調のカード、長調に切り替わったら、長調のカードを持ちます。

これが聴き取れたら、プラス2拍子の長調・短調のカードも混ぜて、4枚のカードの聴きとり。

即時反応で聴きとれる我が子を見て、お父さんの口から、


「すげえな」


が出ました。(でしょ)

スティックを持って床を叩く場面で、私がCDをかける準備をしていたら、背後で男ふたりが、スティックでなんかしてる。


「そこで、チャンバラごっこしない!!」(もちろん、けしかけたのは、子供の方です)


この日は、ファの音の読譜に入り、ピアノ演奏の前に、グロッケンで音出しもしました。

口数が多い生徒ではありませんが、この日は、たくさんお喋りしていました。


お父さんの付き添いは「最悪」じゃなかったですよ、お母さん。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

音にバッジが付いている

音にバッジが付いている

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

発表会の曲では、学習してきていない事も出てきます。

◇学習してない音域

◇学習していないリズム

◇学習していない記号

低学年、習い始めの生徒さんの場合、それらが、すぐ理解し、実践できそうな場合は、説明してから進めます。

この先、発表会も終わり、いつものレッスンに戻った時に、それらが、早い段階でレッスンの中に登場してくるような場合も、説明し、先々のレッスンに活かします。


「それを今、説明しても、実際、レッスンに出てくるのは先だから、忘れちゃうだろうな」

とか、

「それを今、説明したら、面倒くさいとか、難しいと思っちゃうかも」

そんな風に感じたら、説明も何もなく答えを教えます。


音域だと、ピョンと、飛び出ている音なんかは、楽譜を読ませず「これは『ド』この高い(低い)鍵盤で弾きます」って教えちゃいます。

リズムだと、音価などは教えず、言葉を付けて弾かせたりします。

♯・♭などの記号は「音にバッジが付いていると、特別だから、いつもと弾く所が違う」と言って、楽譜に鍵盤シールを貼って「この場所を弾く」と教えます。

width=


まれに「これって(♭を指さし)シャープで、黒い鍵盤を弾くんですよね」っと、学校で仕入れた情報を教えてくる生徒もいますが、

「それはシャープじゃないよ、フラットだし、白い鍵盤の時もあるし…」

とサラッと流します。

♯や♭の学習は、時間を取って正しく学習した方が、結果的に一生ものだと思います、中途半端な説明は誤解の元になる時もあるのです。


幼児の生徒は

「ここにもバッジ、ここにも…せんせい~けんばんシールはって」

と宝探しのようになっています。

多分、本当にバッジのように見えているのでしょう。

結果的に、その音符を弾く時は、意識しているみたいです。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場