ピアノ教室、喜多方市塩川町「ぴありな音楽教室」は、音楽を通し、人としての成長を大切に、人間力を育むレッスンを心掛けています。

TEL-080-3332-3785

喜多方市塩川町御殿場

06月

生徒さんに合わせて、楽譜のカスタマイズ

◆生徒さんに合わせて、楽譜のカスタマイズ

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

連弾の楽譜って、基本、Ⅰパートが高音域で、Ⅱパートが低音域で書かれていると思います。

レッスン歴が長かったり、高学年の生徒さんには、普段、レッスンでは出てこないような、五線から、飛び出た、加線を使った音も、経験として、読ませます。

でも・・・

固定ポジションで、普段レッスンしているような、レッスン歴が短い、低学年の生徒さんに、加線が出てくるのって、

ムリがあるっていうか…

かわいそうっていうか…

許容範囲を超えてるかな?って思うのです。

「よし、カスタマイズするか!!」

全く、原曲は変えず、その生徒さんの、読める音域に(例えば、高いドレミファソだったら、真ん中のドレミファソに変えるみたいな感じです)楽譜を作りなおしてから、渡します。

この音域で弾けたら、原曲通りの高い位置で弾かせればいいかと。

弾けてから、原曲の楽譜にして

「今まで、あなたが弾いていた楽譜、高い音域で弾くと、こんな風に楽譜では書くんだよ」

って、伝えようかなって思っています。


クラシックなど、作曲者の思いが、作品に込められているものは、基本、原曲をいじりません。(いじってはいけないと思うのです)

でも、ポピュラーなどで、もうすでに、編曲・アレンジされているものの中で、

「このままで弾かせるのはな・・・」

って時は、上と同じように、音域だけ変える場合もあるし、少し音を抜いたり、リズムを簡単にしたり、keyを変えたりして、その生徒さんに合わせて手を加えました。


ある時、この作業って、

「この洋服、丈が長いから、つめて」

「ここに、飾りをつけて」

って、その人に合わせた、洋裁のように感じました。

といっても、私は、こうしたソーイングとか、得意ではないんですけどね。


楽譜は、一気には作れなかったので、小出しに渡していきました。(今も、1組だけ、未完成)

「ひとまず、1枚目だけで、続きの2枚目は、来週まで作っておくね」

って、まるで〆切りに追われる、作家さんのようです。

width="400"

写真の楽曲は、計5枚の予定。

ひとまず、3枚まで、渡しています。

4枚目、昨日、作成しました。

後は、実際に音を出して、手直しします。


まだまだ、続くのです、この楽譜作成。

まだ、手を付けていない、はじめて発表会でビューする生徒さんたちの楽譜。

これが、今回の楽譜作成の中で、一番の山かも・・・



年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、発表会準備中のため体験レッスン は行っていません。(発表会終了後、秋頃に再開予定です)


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

もうすぐ、あなたの家の、ポストに届きます

◆もうすぐ、あなたの家の、ポストに届きます

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

早春に、届いた「引っ越しました」のハガキ。

送り主は、元生徒さん。

ハガキには「引越やらで、忙しい日々を過ごしています」的な事が書いてあったけど、察するに、大学も無事に、卒業して、そして、めでたく、就職したのでしょう。

「こんな風に、教室を巣立ってからも、連絡をもらえて、嬉しいな返事を書こう」

と思い続けて、気が付けば、6月(ゴメンナサイ)。

今日、郵便局に出してきました。

レターパック・・・

width="400"

もちろん、現金じゃないよ。

中身はね、ネタばれ。

width="400"

「ソイジョイ」と「バブ」(この位の、ゆるい感が、ちょうど良いかと…)

手紙にも書いたけど、

「もうひと踏ん張り欲しい時は、ソイジョイ食べてがんばって!!」

「疲れた時は、バブのお風呂で、リセットしましょう」

私が、よくやってしまっていた「化粧したまま寝る」は、NGですよ。

がんばれ、社会人ルーキー!!


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、発表会準備中のため体験レッスン は行っていません。(発表会終了後、秋頃に再開予定です)


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

決まぬなら、決まるまで待とう、ホトトギス

◆決まぬなら、決まるまで待とう、ホトトギス

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

今日も、発表会選曲ネタ。

「生徒さんが、選曲で迷う」

今年も、こんな場面にたくさん出会いました。(まだ、一部、現在進行形なので「迷っています」が正しいかも)

人が、選択に迷う時って「どっちが、○か、×か?」より「どっちも○」の時の方が、多い気がします。

選曲で、生徒さんが迷えば、


「もう1度、聴きたい時は、また先生、弾くよ」

「長い時間をかけて、取り組む曲だからね、いっぱい考えていいよ、なんだったら、レッスン時間、全部、使ってもいいから」


気が長くなりましたね…私(笑)

ついつい出がちな、


「こっちの方が、いいじゃない」

「ほらほら、早く決めないと、レッスン時間なくなっちゃうよ」


一言も、出なかったもん(ちょっとは、思うには、思ったけど)。

ただ、生徒さんが、迷いすぎて、考えが、固まってきたり、煮詰まってしまったら、症状に合わせて、色々な質問をしました。

その中でも「意識をずらす」という事をさせた生徒さんも、チラホラいます。


本番の、発表会のステージで、Aという曲を弾いている場面に、出来るだけ、リアルに、意識を持たせた後、Bという曲で、演奏している場面にさせたり・・・

A・Bそれぞれで、発表会に向けて、家で練習に励んでいる自分に意識を持たせたり・・・

発表会が終わって1週間後の自分が、発表会を振り返っている場面だったり・・・


今いる、時間から、今回は、未来の時間に意識をずらしました。

コーチングや、NLPで使われる「タイムライン」の簡単にした感じのものです。


「タイムライン」によって、答えが見えた生徒さんもいれば、きっかけ程度になった生徒さんもいました。

意識が固まってしまたったら、いったん、選曲はやめて、レッスン曲を弾いてみるのも良いかもですね。


「あなたが、選んだものに、間違いはないから、安心してね、それでも、選曲した曲に、迷いが生じたら、来週のレッスンで、遠慮なく言ってね」

って、声かけしています。

・・・そして、一人、迷いが生じたみたいなので、話しをききました。

生徒さんの気持ちが理解できたので、また、選曲し直しています。


自分の中に、ピタッとはまる、楽曲に出会えるのが一番。

ただ、もうそろそろ、決定しないと・・・だよ。



年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、発表会準備中のため体験レッスン は行っていません。(発表会終了後、秋頃に再開予定です)


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

心が震えた言葉

◆心が震えた言葉

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

5月は新入会者もなかったので、

「今年度前半は、もう、新入会はないかな?」

って、思っていたんだけど、今月から、お二人、お迎えする事になりました。

お一人は、4月に体験レッスンをして、レッスンが終わってから、お話している中で、

「今、ここで、決めてもいいですか?」

に対し、

「ダメです、大切な習い事です、お家に帰って、家族会議をして決めて下さい。質問があったら、習う・習わないに関わらず、遠慮なく連絡下さい」

って、伝えました。

そして、先日、いただいた電話。

「家族会議もしました、そして、本人の意思も固く、レッスンを受けさせる事にしました」

と話され、家族会議をされ、本人の意思も確認されてからの連絡、子供さんの習い事に対し、しっかりと向き合っていただき、ありがとうございます。


そして、もう一人は、高学年の生徒さん。

ピアノ歴は浅く、以前通っていた教室とは、レッスン時間の調整がつかず、新たに、私の教室を見つけ、連絡下さいました。

体験レッスンの時、この生徒さんは、高学年だった事もあり、こんな質問をしました。

「あなたは、ピアノで、どんな事が出来るようになったら、嬉しい?」

しばらく、考えて、出た言葉が、

「自分の演奏で、周りの人たちを笑顔にしたい」

でした。

私、その言葉を聞いた時、フリーズしました。

「フリーズする」この言葉は、時に、良くないイメージを持つ言葉ですが、今回は、決してそうではなく、「心が震えた」から、フリーズしたのです。

後日、電話でのやり取りで、

「先生、レッスンを引き受けていただけますか?」

「もちろんです、むしろ、あの言葉に(人を笑顔に支えたい)私に大役が務まるだろうか?と思っています」

とお答えしました。


6月に、新たに、お二人が仲間に入った所で、今年度、前半の体験レッスン・新規受け入れを休止します。

発表会終了後、体験レッスンから再開する予定です。

でも、問い合わせは、受け付けています。

もし、何かありましたら、問い合わせ下さいね!!


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、発表会準備中のため体験レッスン は行っていません。(発表会終了後、秋頃に再開予定です)


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

選曲エピソード「先生は、私の心が読めるのかと思いました」

◆選曲エピソード「先生は、私の心が読めるのかと思いました」

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

発表会のソロ曲が、ほぼ、決定しました。

アンサンブル・連弾は、テーマを決めて、私の独断で決定しました。(独断とはいえ、生徒さんが好きな曲、似合う曲という事は、考慮しましたが・・・)

ソロ曲は、ジャンル問わず、基本自由。

「何か、弾きたい曲があったら、考えておいてね」

で、弾きたい曲がすんなり、決まった生徒さんもいれば「特にない」生徒さんも多く、この場合、こちらで、選曲します。

一人、3~5曲位まで、候補曲を絞ります。

当然、選び抜いた3~5曲の背景には、この何倍もの候補曲に選ばれなかった曲があるわけで・・・

そんなに、生徒数が多くなくっても、それなりに、膨大な曲数が検索機(私)にかけられるのです。

もちろん、検索キーワードも必要、だって「特にない=何でもいい」では、ないはずだから。

「気に入ってもらえる」

「学習してきた内容が活かせる」

「ムリのない、許容範囲」などなど・・・

なんか、レッスンしていない時でも、運転しながらとか、常に、ググっていた気がします。


でも、候補曲の中から、最後に1曲を選ぶのは、生徒さんたち。

ここからも、長かった。

「この中に、弾きたい曲がなかったら、また探してくるね」

一人だけ「もう1回、探し直し」のダメ出しをもらってしまい、次の週、OKが出たものの、他は「これも、あれもいい」で、最終的に1曲に絞るまで、時間を要した生徒さんが多かったかな?

迷った場合は、まずは、2曲までに絞ってもらいます。

2曲まで、絞るのは出来るんだけどね、最終的に、1曲に絞るが難しかったみたいです。

「どっちも、いい」「どっちも弾きたい」

って、迷ってました。

「ねっ、先生は、ちゃんと、あなたの好み知ってるでしょ❤」

って、声かけしたら、

「先生は、私の心が読めるのかと思いました」

って、言ってもらえて、ブログをお休みしてまで、選曲に専念して、本当に良かった。


発表会は、普段のレッスンだけでは、出会えない楽曲に出会える機会でもあると思います。

子供たちの知っている曲と、ピアノの先生の知っている曲の世界は、広さも、中身も違うはず。

この2つの世界を共有できたら、一番良いのかと思います。


(もちろん、先生の方で、1曲に決めてから渡すケースがあっても、良いのかと思います、きっと、その1曲には、その先生の思いが込められていると思うので)


今回、最終選曲を生徒さんがしていた中で、生徒さんの希望の曲があって、私が、その楽譜を所有していた事もあって、すんなり、決まったかと思いました。

でも、実際、私の「こんな感じ演奏」を聴いて、生徒さんに感情の変化がありました。

「この曲は、弾きたかった曲…でも、発表会のステージではなく、私の(家族の)中だけでの、楽しみとして弾く曲かも」

「じゃあ、私の方でも、この他の曲を選曲しておくね。」

こうして、最初の曲から、変更して、この生徒さんの世界にはなかった曲を発表会で弾く事を決めた生徒さんもいます。

私の方も、この生徒さんの弾きたかった曲を知った事で、普段のレッスンで、希望を叶えてあげたいな・・・って思う事が出来ました。


ブログ休んでいる間に、色々ありました、選曲エピソードだけでも、まだまだ書けます。


・・・ちなみに、発表会デビューになる生徒さんの選曲は、まだでした。(←こちらは、私が決めて渡します)

ということは、まだまだ続く、私の選曲。



年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、現在、発表会準備中のため体験レッスン は行っていません。(発表会終了後、秋頃に再開予定です)


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場