ピアノ教室、喜多方市塩川町「ぴありな音楽教室」は、音楽を通し、人としての成長を大切に、人間力を育むレッスンを心掛けています。

TEL-080-3332-3785

喜多方市塩川町御殿場

ブログ

ぴありな~piarina~日記

♪日々、レッスンでの様子、音楽の事など、色々書いています。

 ※こちらでもブログを読む事が出来ます。→アメブロ「ぴありな~piarina~日記」
 
                    (ブログ内容は、こちらと同じです)

ブログ一覧

レッスン室が、進路相談室

レッスン室が、進路相談室

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

数日前、立て続けに、生徒から進路相談を受けて、話しをしました。


「やりたい事が、なくて、将来が見えない子」

「やりたい事はあるけど、それを目標にして良いのか悩む子」


対照的でした。

「目標を設定すると、モチベーションが上がるタイプ」発表会でいえば「カッコよく弾きたい」具体的になると「間違えない」とかになるのかもしれません。

その反対、目標を設定すると、プレッシャーになるのか、モチベーションが下がる子もいます。

その場合は「今すべき事をコツコツ」する。

過程は違っても、結果的には、同じゴールにたどり着く事も多いのです。


私が学んだ、心理学(コーチング)では「目標型」と「価値観型」

次に学んだ、別な心理学(NLP)では「手順重視型」と「選択肢重視型」


と呼ばれていています。きっと、他にも色々と呼ばれ方はあったと思います。

「目標型」は欧米。

本来、日本人気質は「価値観型」それが、時代と共に「目標型」になってきたようです。

どちらがいい・悪いではなく、適した方法を選ぶ事が良いかと思います。

両方の比率は違っても、両方を持つ事も大切。

勉強は「目標型」ピアノは「価値観型」というように、違う人もいるはず。

私でいえば、目標設定が苦しくなってきて、価値観型傾向になっていると思います。


生徒からの話を聞いて、私の立場から、そして、その生徒の中の長い付き合いの中で感じた事、伝えました。

感情移入し過ぎないように、出来るだけ、客観的に捉えるようにしました。


「私、ピアノの先生だからね、来週は、しっかりピアノするからね(ピアノの時間が削れてしまったので)」

って、話したら、

「そうなっちゃうと、違う見方をしてくれる大人がゼロになっちゃう・・・」

と、答えました。


誠意を持って、話したつもりだけど、どうだったかな・・・レッスンの終わった後は、生徒との会話を思い返し、考えちゃった。

width=

進路、迷うよね・・・

でも、誰かのせいにしないで、受け入れて、日々、大切に生きていると、きっと、見えてくると思う。

私は、うらやましいぞ!!


◇新規生徒・体験レッスンを再開しました。

・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

発表会写真の進行状況

発表会写真の進行状況

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

保護者のみなさん「発表会の写真はどうなった?」と思われている方も、すっかり、忙しい日々に戻り「そういえば、写真まだだった」と思い出す方もいると思います。

「データーが出来あがったので、取りに来てください」

と連絡あり、取りに行きました。


受け取ったデータを私が確認し、写真を選びます。

きっと、写真屋さんには、膨大な、画像があったと思います。

そこから、写真屋さんが1曲につき、3枚位選びぬいてデータにまとめました。

そして、ここから、私が選びます。


3枚はの内訳は「ステージに立つ」「演奏している表情が見える」「ステージ全体で小さく写る」

きっと、みなさん「演奏している表情も見たい」でしょうから、選ばれる画像は決まっている感じです。


選び終わり、写真屋さんに届ける日を相談しました。

「ところで・・・ステージの端っこに写っているの(足台とか)をボカす事なんて出来ます?」

「はい、出来ます」


「それじゃ、ピアノに写り込んだライトの照明、消す事なんて出来ます?」

「はい、出来ます」


「あの~後ろの人物(私)ボカしてもらえます?」

「はい、出来ます」


ホント、注文の多い、音楽教室です。

こんな感じで、また、写真屋さんの手間が増えます。

みなさんの手元に届くまで、もうしばらく、お待ちください。

width=

width=

集合写真は、上の「普通バージョン」と、下の「ピースバージョン」がありましたが、みなさん、ピースバージョンにしました。


◇新規生徒・体験レッスンを再開しました。

・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

ピアノアドベンチャーのリアル「ミッチー」

ピアノアドベンチャーのリアル「ミッチー」

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

「ピアノ アドベンチャー」という、アメリカのメソード教材があります。

工夫がされていて、優れたメソードだと思います。


「幼児向けシリーズ」と「ベーシック・シリーズ」があります。

「幼児向けシリーズ」が、イラストも多彩で楽しいので、「ベーシック・シリーズ」を見ると、急に、大人びた感じに見えて「幼児向けシリーズ」のキャラクターたちが、懐かしくなります。

その「幼児向けシリーズ」のキャラクターたちの中に、黒猫の「ミッチー」が出てきます。

テキストの中に登場する「ピアノの先生の飼い猫」という設定です。

このミッチーが大活躍するのが、レッスンブックAの「♪くろねこミッチーのまあるいせなか♪」かと思います。

「脱力」の学習です。

音楽に合わせて、動きをつけますが「短調」という響きもあって、忘れられないメロディです。


私はフェイスブックで、色々なグループに参加させてもらっています。

参加させていただいている1つが「ピアノアドベンチャー勉強会」。

先日、私が参加する前の投稿を月日をさかのぼって見ていました。

そしたら、この黒猫「ミッチー」に似たぬいぐるみの投稿がありました。


(確かに、似ている、気になる、・・・欲しいかも)


で、アマゾンで買っちゃったんです。

width=

背中の、反り具合とか、そっくり!!

「ピアノ アドベンチャー」をレッスンで使用している生徒さんのお母さんが、ピアノの上に置いておいた、ぬいぐるみに、すぐ反応してくれたのは、嬉しかったです。


今日、地元の楽器店で、ピアノアドベンチャーのキャラクター達のカードを見つけました。

「ご自由に」との事でしたので、いただいてきました。


◇新規生徒・体験レッスンを再開しました。

・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

生徒と私の新旧「ソルフェージュ」テキスト、中身は一緒

生徒と私の新旧「ソルフェージュ」テキスト、中身は一緒

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

私が、小学生だった頃、多分(?)隣りの、会津若松市の小学校から、女の先生が赴任してきました。


良く言えば、ハキハキしている先生。

悪く言えば、怖い先生。


それまで、なかった「特設合唱部」を、その先生が立ちあげました。

小学5・6年生女子は、原則全員、合唱部に入らなければいけなかったのか、そういう雰囲気だったのか、記憶は定かではありませんが「やるのが当たり前」って感じでした。

私は、音楽が好きだったので、きっと、自由参加でも申し込んだのかと思います。


厳しかったですよ・・・

放課後、毎日。

夏休み、お弁当持ちで、朝から、午後まで。

基本、立ちっぱなし。


ン十年後、私が、母校の小学校で、合唱の伴奏を引き受けた時、一人ひとりにイスがあって、座る時間も、私たちの時とは比べもんにならない位、座れていたので(時代は変わったな~)と思いました。

そんな事を顧問の先生に話したら「今の時代、それをやったら(私たちの受けた指導)問題になっちゃう」とおっしゃてました。

私もそう思います。

小学校の仲間が集まれば、今でも歌えます、ハモれます。


「子供のためのソルフェージュ」(音程を正しくとり、歌うもの)

という、歌のテキストがあります。

なぜか、このテキストを合唱部で使いました。

私は、習っていた音楽教室で、すでに使用していたので、学校では購入せず、レッスンの物を持参しました。


ピアノを再開した生徒さんが、前のお教室で使っていたんですね、このテキスト。

今は、1課題ずつ、進めています。

width=

せっかくなので、私が小学生の頃使っていたテキストと、新旧並べました。

width=


昔、¥400
今、¥850


ちなみに、このテキスト、昭和29年 第1刷発行(私は、まだ、生まれていませんよ!!)

でもね、中身は、まったく一緒。



◇新規生徒・体験レッスンを再開しました。

・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

へっ?そんなに伴奏するの

へっ?そんなに伴奏するの

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

㊟書き始めが、前の記事と全く同じですが、今日の主人公は違います。

発表会翌週は、私が休みました。

そして、その翌週は、生徒側のうっかりで、お休み連絡を事前に私に伝えるのを忘れていたために、お休みになりました。

さらに、その翌週は、お家の都合で、レッスンがありませんでした。


と、こんなかんだで、発表会後、久々のレッスンになった中学生の生徒。

レッスン日となる日の朝、生徒から直に電話をもらいました。


「あの・・・先生、今日のレッスンで、今度、文化祭で演奏する4曲を見てもらえますか?」

「はっ???4曲」(聞き間違えかと)


内訳は、

「クラスの合唱で2曲」「特設合唱で2曲」


4曲のうち1曲は、NHKの合唱コンクールの課題曲、こちらは夏休み中に、既に聴いている。

でも、残り3曲は聴いたことがない。

中学生の歌う曲だから、伴奏は「簡単、すぐ弾ける」とはいかないはず。

まして、今日のレッスン1回で、次は本番。

一度、全曲を通して聴かせてもらいました。

気になった箇所に印を付けながら聞きましたが「よくぞ、自力でここまでまとめた」と、本当に「あっぱれ」です。


NHKの課題曲だって、発表会で演奏する曲との同時進行のなか、自力でまとめたと言っても、過言ではありませんでした。

粛々と、進めていたのだと思う。

「粛々」とは・・・

慌てず騒がず、身を引き締める気持ちで、真剣に厳しい姿勢で取り組む。


この言葉がピッタリ、きっと、こんな感じで、レッスンがなくても、お家で弾いていたのだと思う。

私が、逆の立場だったら「もう、大変で~」と「大変アピール」をするか、弾けたら弾けたで「がんばりましたアピール」をしたはず。


数日で本番、文化祭、楽しんでね。

4曲のトータルページ数、数えたら「30枚」でした。

width=


◇新規生徒・体験レッスンを再開しました。

・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場