ピアノ教室、喜多方市塩川町「ぴありな音楽教室」は、音楽を通し、人としての成長を大切に、人間力を育むレッスンを心掛けています。

TEL-080-3332-3785

喜多方市塩川町御殿場

ブログ

ぴありな~piarina~日記

♪日々、レッスンでの様子、音楽の事など、色々書いています。

 ※こちらでもブログを読む事が出来ます。→アメブロ「ぴありな~piarina~日記」
 
                    (ブログ内容は、こちらと同じです)

ブログ一覧

古楽器「ラ・プテッドバンド」演奏会

古楽器「ラ・プテッドバンド」演奏会

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です

福島市音楽堂にて「ラ・プテッドバンド」の演奏を聴いてきました。

width=

今回、バッハの作品のプログラム。

9人編成で、演奏されました。

チェンバロ以外は、担当パートに「バロック」という言葉が付きます。


例えば、

ヴァイオリンだったら→バロック・ヴァイオリン

フルートだったら→バロック・フルート


今の楽器との違いは、私には、詳しくはわかりません。

バッハが活躍した時代は「バロック時代」と呼ばれています。

クラシック音楽では、モーツァルト、ベートーヴェンが活躍した時代より前の時代。

「バロック音楽」と聴けば、一言では書き表せないけど、様式とか、この時代ならではの特徴があります。


思い起こせば、数年前の年始番組。

番組表を見ていて「とりあえず、録画しておこう」と深夜番組を予約しました。

その番組こそが「ラ・プティットバンド」の演奏会でした。

私は、この時はじめて「ラ・プティッドバンド」を知ったのです。

古楽器で、初人数での演奏。

それゆえ、豪華さ、迫力はないのだけど、私は、その演奏に心地よさを感じました。

そして、福島県でこの演奏が生で聴けると知った時は「行かなきゃ」って思ったのです。

確かな記憶ではありませんが、地方での演奏は福島県だけだったと思います。(ラッキー!!)

他は、大きな都市での演奏。

駐車場は、福島からの県外ナンバーも目立ちました。


演奏中、ずっと心地よかったです。

曲によっては、入れ替えがありましたが「チェンバロ」と「バロック・チェロ」は、最初から最後まで、出ずっぱりでした。

この編成での、この2つの楽器の役割は大きいな・・・と感じました。

width=

休憩時間、係の人に確認をとって、ステージを撮影しました。

(後ろの、パイプオルガン弾いてみたいな・・・)

とラ・プティドバンドの演奏を聴きながら思う鈴木でした。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

楽器を購入しました。

楽器を購入しました。

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です

何の楽器を購入したかというと・・・

width=

「な~んだ、ピアニカじゃない」

そうです、新しい楽器とは「鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)」

色は鮮やかなブルー。

まるで、ブルーマン(※顔を青く塗った三人組のアメリカのパフォーマンス集団)のようです。


今月に受講予定の松田昌さんのピアニカの講座に合わせて購入しました。

このピアニカ、蓋を開ければ、

width=

カッコよいでしょ。

7月に受講した連弾セミナーの中のコンサートでも演奏されたピアニカ。

この時は、赤のピアニカでした。

赤もカッコよかったのだけど、私は青にしました。

ホーナー社の鍵盤ハーモニカです。

見た目と、ワクワク感で選びました。

ステージでも映えるかと・・・


でも、講座の時も目立つ・・・よね?

講座の時は本当は目立ちたくないのだけど。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

大切なことを教えてくれたあなたへ

大切なことを教えてくれたあなたへ

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です

下書きに入れておいたものの、ブログアップ出来なかった記事。

私の誕生日を目前に今日アップします。

ちょうど1週間前、とっても辛く、悲しい事がありました。

音楽を通じて知り合った大切な、そして、とっても、めちゃくちゃ、ウルトラ、スーパー大好きな人が、この世界からいなくなりました。

外出先、駐車場に車を止めた瞬間、呼び出し音が鳴りました。

その瞬間から、ずっと泣き通しでした。

思い出すたびに、勝手に泣けてくるのです。

家事をしていても、TVを見ていても、お布団に入ってからも、ずっとずっと・・・

それでも、レッスンをしている時だけは、レッスンに没頭していました。(無我夢中になっちゃうレッスンって、すごいです)


・・・でも、ある時から、泣かなくなりました。

何度も危うくなったけど、大丈夫でした。

きっと、それは

「私は、生きているからなのだ!!」

と思いました。

どんなに辛く、悲しい事があっても、月日は流れているんです。


でもね、きっと、その人の事は、事あるごとに、思い出すのだろうと思います。

しょうがないね、大切で、大好きだったんだから…


この辛く悲しい事からも気付かされたことがありました。

「生きていてくれたら、それだけでいい」

こんな当たり前のこと、でも、人は(私も)ついつい、外見・性格・成績…色んな事を求めちゃうけど、それは、オプション。

「あなたが(私が)この世界に生きている、この世界、この時間を共有している」

それが根っこだよね。


まだ、気持ちの整理がついていません。

しょうがないね、大切で、大好きだったんだから…

まだまだ話したかったんだけど、これからは心の中で、語りかけていくね。


今日の事、書こうか迷ったけど、私の気付きを共有してほしかった事、そして、音楽が縁だったので、書きました。

内容がないようなので「いいね」は押しづらいと思います。

読んでもらえたら、それで十分です。

もし「いいね」を押してもらえるなら、私の大好きな人へ「精一杯、がんばりました!!」の思いを込めて、押してくれたら嬉しいです。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

発表会の会場を決めるって…

発表会の会場を決めるって…

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

ブログ・フェイスブック等で、

「発表会会場、取れませんでした」

この言葉、どれだけ、目にしたでしょうか?


10倍なんて当たり前…

先着順の場合は早朝に並ぶ。


「発表会の会場を押さえる」ここが決まらなければ、指導者も気持ちが固まりません。ですよね

会場や日程には、参加者みなさん、色々とご意見もあると思いますが、全国の先生たちの、この辺りの大変さも感じ取ってくれたら嬉しいです。


私も、それなりに会場・日程選びには悩みます。

でも、全国の先生方から比べたら、恵まれていると思っています。

つい最近、その思いを強く感じた出来事がありました。


来年の会場予約に事務所を訪れたら、もうすでに、希望していた日は×。

「土日、祝日は抽選ですよ、特に、秋は人気なんです」

と、言われました。


で、日をあらためて、1年前に予約出来る朝9時に会場入り。

希望者は私を入れて4団体。


結果は落選。


「なるようにしか、ならない」


と思っていたので、落ち込んだり、焦る気持ちはなかったけど「ダメだった時の策は考えなければ」と思いました。

何より、人生初の会場予約抽選をして、わかった事があります。

抽選が、とっても公平にしていた事、そして、私の隣に座っていた女性は、手を合わせて祈っていた事。

みんな、行事を行うために、がんばっているのだと思いました。

なんか色んな事を知り得た感じです。


で、あらためて、別な日の抽選。

また、4団体。


「なるようにしかならない」


そして、抽選の結果×。

でも、○を引いた団体は、大ホールのみ使用(小ホールは使わない)。

他の2団体は、大小、両方のホールを使用。

私は、小ホールのみ使用。


(・・・て事は?)


小ホールだけで良いのであれば・・・って事で、予約できました。

不戦勝?って感じです。


今年の発表会も、なんか偶然って感じで、日にちも会場も決まったので、来年もこの流れに乗ってみようかと思いました。


といっても、来年の話し。

参加人数や、大きな行事などがあったら、そこは臨機応変に対応しなきゃいけないしね。


発表会の会場を決めるって、色々と、本当に大変なのです。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

その演奏には、何も感じない…

その演奏には、何も感じない…

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

テキストの曲をレッスンで演奏してくれ生徒さんがいました。

でも、その演奏は、表面的な演奏でした。

何も感じないのです。

きっと、その生徒さんの「私は、こんな風に弾きたい」そうした思いが感じ取れなかっただと思います。

もう、何週も弾いている曲なのに・・・


(どう言ったら、伝わるのだろう?)


『最近、誰かに、プレゼントした事ある?』

「・・・」

『最近じゃなくても、記憶に残っている事でもいいんだけど』

「・・・」

『プレゼントじゃなくても、お土産でもいいんだよ』

「ディズニーランドに行った時、おばあちゃんに、お土産を買った」

『何を買ったの?』

「お菓子」

『なんで、残るものにしなかったの?』

「ストラップとかあげても、付ける所ないから、おせんべいにしたの」

『なんで、クッキーにしなかったの?』

「おばあちゃんは、甘いのが苦手だから」


こんな会話の後、

『先生は、大人になって、誰かから物をいただく時、その物を受取る以上に、その人が、私の事を思って選んだ(作った)時間や思いの方が嬉しいんだよね、その、おばあちゃんのお土産、すぐ選べた?』

「10分位かかった」

『10分もかかったのは、おばあちゃんが喜んでくれるものを考えたんだよね、この曲が、もし人だとして、どんな風に弾いてくれたら嬉しいか思いながら弾いてみて』


そしたら、さらに弾けなくなっていました。

でも最初に弾いた、表面的な演奏が変わったのです。

弾けなくなったのは「こんな風に弾きたい」という思いが芽生えたから。


「目の前にある、その曲は、あなたがどんな風に弾いてくれたら喜んでくれる?」

この生徒さんには、そんな視点で練習してみる事が合っているように感じます。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場