ピアノ教室、喜多方市塩川町「ぴありな音楽教室」は、音楽を通し、人としての成長を大切に、人間力を育むレッスンを心掛けています。

TEL-080-3332-3785

喜多方市塩川町御殿場

2017年

ウォーミング・アップレッスンを取り入れています

ウォーミング・アップレッスンを取り入れています

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

肩が痛いのです。(なぜ?)

生徒さんが来る前にと、この冬、最初の、雪かきをした事を思い出しました。


寒い季節、雪国では、車の窓ガラスは凍り、激寒の車内…きっと、車の暖機運動を多くの人がされていると思います。

車の走り出しも、スムーズです。


そう、これは子供たちも一緒。

「車が走り出す=レッスンが始まる」

だとしたら、

「暖機運動=ウォーミングアップレッスン」


ウォーミングアップレッスンは、ますこしょうこ先生のセミナーで知りました。(著書の「生徒がやめない!ピアノ教室にも、詳細が書かれています)


その時、自分の教室を振り返れば

「ギリギリにレッスンに来る生徒さん」がいて、呼ばれるまでに「ボケ~」としている生徒さんがいます。

レッスンが始まってから、エンジンがかかり出す感じです。


「ウォーミングアップレッスン」をどうやって取り入れるか?

それも、この教室にあった方法で・・・


まだ、思考錯誤中ですけど、だいぶ形になってきました。

width=

A4のファイルに、その日に来る生徒さんの順番に、ウォーミングアップレッスンのメニューがあります。

width=

開くとこんな感じ。

名刺サイズの生徒さんの名前のカード。

そして、一人ひとりに合わせたメニューを入れます。

カードは、抜き差しで、その日の生徒さんの名札、メニューに差し替えます。

別にァイルしてある全生徒さんの名札(バーバパパファミリーのイラストは欠かせません 笑)そして、メニューカードは、増えて60枚位になりました。

60枚といっても、同じカードも何枚もあります。

これからも、メニューは増えるはず。

ここまでの準備は手間暇かかりますが、1度作ってしまえば、ずっと使えます。

このウォーミングアップレッスンをしている多くの場合、前の生徒さんのレッスン中です。

レッスン前にウォーミングアップした事で、エンジンはかかっています。

生徒さんたちの頭の中が、レッスン開始前に、レッスンモードになっているのです。

効果は確実にあると思います。


こんな風に、ウォーミングアップメニューを作っても、時に、ボケーとしている姿を見かけますが、特に声かけはしません。

これ以上の指示は私からは出さないようにしています。

「指示待ち人間」になって欲しくはないから。

width=

前の生徒さんが、曜日を移動した事で、この生徒さんたちの前には誰もいません。

でもね、レッスンに来て早々、準備して、それぞれのメニューをこなしていました。

私は、見てるだけ・・・


生徒のみなさん、10分前には来て、ウォーミングアップしてくださいね。兄弟で通っている生徒さんは5分前までに来てください。

レッスンを効果的にするために!!協力よろしくお願いします。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

骨折生徒のレッスン

骨折生徒のレッスン

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

1週間前、電話が鳴りました。

(生徒さんのお母さんからだ)

「○○が今日、学校で骨折して、入院してるんです、明日、手術なんです、しばらく、片手しか使えないけど、レッスン出来ますか?」

「もちろん!!あるある、いっぱいある」

ひとまず、この日の予定していたレッスンは欠席になりました。

骨折…これでも驚いたのに、この後に出てきた「手術」「入院」という単語に、私はまだ、事が飲み込めない感じでした。

その日、レッスンをお休みした生徒さん、学年は違えども、同じ学校の生徒に聞いて、ケガをした状況とかが少し見えてきました。


そして、昨日、姿を見せた生徒さんは、相変わらず、元気でした。

首から吊られている、固定された痛々しい腕も、まるで、仮装の小道具のように見える位、本当に元気でした。

演奏が出来ないのは残念だけど、いつもは、演奏中心になってしまって、手を付けられなかった事にじっくり取り組めます。


◇音程学習

◇目印音

◇移調 などなど…


昨日のレッスンでは取り組みました。

あっという間に、レッスン時間が過ぎました。

昨日のレッスンでは、指導案を立てずに、でも、あらかじめ、やれそうな事を考えておいて、生徒さんの状況を見ながら進めました。


今日は音程学習もしたし、次回は、コードの勉強をやろうかと思います。

そうそう、以外にもネタの宝庫が「学校で使う音楽の教科書」

教科書も持ってくるように伝えました。


お家の方が玄関に見えられました。

「色んな事、教えてもらったよ」

帰り際、生徒さんの背中越しから、お母さんに話した、会話が聞こえてきました。


うん、来週も、色んな事、教えるね。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

確かな成長

確かな成長

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

教室で一番、若い生徒さんは年少さん。

9月に開催した発表会では、賛助出演で、一緒に習っているお兄ちゃんと参加しました。

この生徒さんは、


「音楽と合わせる」


というのが出来ませんでした。

合わせるのは、私の演奏だったり、音源だったり、アンサンブルです。

音楽が聴こえると、バンバン音を鳴らす感じです。


でも、発表会後に、明らかに変化がありました。

例えば「1、2,3、ハイ」で弾き始めたり、「この音が聴こえたら、入ろうね」など「音を聴いて待つ」という事が出来るようになったのです。

その他にも、出来なかった事や、曖昧だった事が、形になってきました。

今後は「等速感を養っていきたいな」と思います。

小さな積み重ねが、こうして見える成長につながると嬉しいです。

width=

実は、最近、3歳になりたての生徒さんが入ってね、君が、一番、若い生徒さんじゃなくなったのです。

しっかりね。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

生徒さんを「かわいい」と言えなかった…

生徒さんを「かわいい」と言えなかった…

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

2週間前、セミナー受講で、関東方面に行ったこと、そして、1泊して、次の日には、人に会う約束した事を最近のブログに書きました。

「学び」というより「気づき」が多かった二日間でした。


そんな多くの気づきから、ひとつ書きます。

それは、セミナー受講後の「懇親会」の場でした。

何気ない会話からだったと思います。


「生徒さんって、かわいいですよね」


って声をかけられました。


「ホント、かわいいですよね」


って答えればいいのに、私は答えに詰まってしまったのです。

そして、その瞬間、その場の空気が変わったのを感じました。


生徒さん、かわいくないのかしら・・・

この仕事イヤなのかしら・・・


(ひょっとして、今そんな風に思われている?)

誤解、ごかいなの~

「生徒さん=かわいい」

そこに、なんというか、違和感を感じてしまったのです。

そして、自分に、変に正直なところがあって、この違和感を持ったまま「かわいいです」って、言葉を返すことができなかったのです。

なかなか、しっくり来る言葉が出てきませんでした。

でも、その場の空気を換えたくって「何か言わなきゃ・・・」って思いました。

そして、その時、一番、近い感覚の言葉を見つけ出し、

「生徒さんは大切な存在です」


って答えました。


翌日になっても「あの時、なぜ言葉が詰まったのか?」少し、モヤモヤした感じがありました。

この日、お会いした方に、昨日の事を話しました。

そしたら、私に手を差し伸べるのです。


「わかるわかる~その気持ち♪私も、おなじだもの」



そういって、握手を求められました。

そして、その方と話している中で、モヤモヤが解決されてきました。

私は、子供を生徒として接しているときは「かわいい」と感じていない事。

たとえ、子供ならではの、面白回答が出ようが、面白行動が出ようが、


「ほ~そんな風に思うのか!」

と、自分にはなかった、発想に感心し、

「なるほど、そう出るか!!」

と、次に私が取るべき行動、言葉を考えています。

きっと、幼児であっても、生徒として接するときは、一人の人(子供であっても、大人であっても同じ)として見ているのだと思います。


「かわいいと思わないか?」といえば、日々、てんこ盛りにあります。

それは、生徒さんを子供として、大人の生徒さんだったら、一人の女性として接しているとき。

学校の話しなど、何気ない会話や、動作の時に感じているのだと思います。

きっと、自分の中に、無意識にスイッチがあるかもしれません。


懇親会で声をかけてくれなかったら…

翌日、この話をしなかったら…


あらためて、考える事はなかったかも?

そして、私の、自分に正直なところも気づかされました。。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

バッハ家族と七五三

バッハ家族と七五三

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

生徒さんがバッハの曲に触れる時、興味付けになるような話をします。

よくする話は、

「作曲者名にバッハと書いてあっても、あのバッハ(音楽室に貼ってあったり、教科書の)とは限らないんだよ、J.Sバッハが、ぱぱバッハ、C.P.Eバッハや、W.Fバッハは、バッハの子供たちの事、バッハは、日本でいうと、苗字のようなもんだね」

そして、この絵を見せます。

width=

この絵は、バッハの日常生活を描いたもの(脚色されているとは思いますが)。

解説の中に、

「バッハは、最初の結婚で7人、2番目の結婚で13人、合計20人の子供がいました。成人になれたのは、10人でした」

とあります。

「きっと、この時代、今のように、医療も進んでいないのもあって、成人になれなかったんだね」

と最近、この話をしたのが、今月の11月、七五三の時期。

「ところで、知ってる七五三の意味、昔は、3歳まで生きる事が当たり前じゃなかったの、3歳を無事に過ごせたという意味なんだよ、おめかしをして、千歳飴が七五三じゃなんだからね、そう思うと、深いよね」

バッハは、音楽の父。

クラシックに限らず、ジャズ、ポップスにも通じるものもある・・・らしい。

そんな偉大な作曲家を記憶に留めて欲しいから、興味を持ってもらえるように、お話しをします。

width=

この絵本(絶版)には、バロック時代の音楽・背景などが、イラストで、わかりやすく紹介されています。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

ネットからの出会い、東京で実現しました。

ネットからの出会い、東京で実現しました。

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

勤労感謝の日、東京で人と会う約束をしていました。

「はじめまして!」の、その方とは、フェイスブックでつながっていますが、頻繁に連絡を取り合う感じでもありません。

もちろん、実際、お会いした事はありません。

でも、私はその方と、お会いしたかったのです。


その方の存在を知ったのは、私が学んだコーチングスクールのメルマガでした。

このスクールの持つカラーは、なかなかなもので、一言では書き表せません…

ていうか、文字にして伝えることからして難しいかも?


このスクールの受講者には、様々な職業の方がいます。

私の時は、プロコーチ、カウンセラーはもちろん、ビジネスマン、経営者、医療関係・・・職業も色々ですが、人も色々(っていうか、個性強すぎ!!)

ある日のメルマガに、受講者の紹介として、ピアノの先生をされている方の紹介があったのです。

「受講者の中に、私と同じ職業の人がいる」

嬉しくって、私の方から、コンタクトを取りました。


きっと、お互いが、

「なぜゆえに、ピアノの先生が本格的にコーチングを学ぶの?」

「そして、コーチングを学ぶのであれば、他にも色々あるだろうに、なぜそこのスクールにしたの?」

と思った事でしょう。


今回、私が上京するのにあたり「会えませんか?」に快くOKが出ました。

都庁近くのビルの最上階、眺めの良いレストラン席を予約していただきました。

お互い、顔も知らない。

私からは、その日、着ていた洋服の色と、

「東北人って感じです、田舎な雰囲気も出ていると思います」

とメッセージを送っておきました。


洋服の色なのか?東北人な顔なのか?田舎っぽさか?気付いていただけました(笑)

「はじめまして!!」


にもかかわらず、11時30分に待ち合わせして、私の17:00の出発時間まで、ずっと、お話ししていました。

乗り場まで一緒に来てくれて、まるで「迷わず乗り物に無事に乗れるのか?」を見届ける「はじめてのおつかい」のようでした。


ピアノの先生として、

◇発表会の事

◇教材の事

◇発達障害の事

◇教室運営の事  その他色々


スクール仲間として、

◇コーチングの事

◇アドラー心理学の事

◇NLPの事

◇スクールとの出会い  その他色々


そうそう、以前読んだ、フェイスブックの書き込みの中の「私は生徒に宿題を出した事がない」の文面に、私はかぶりつきました。

そして、その真相も聞く事が出来ました。


話していると、人の名前とか、お互い出なかったするんだけど、同じピアノの先生で、同じ、スクールから学んだという共通点のせいか、不思議とわかってしまうのです。

ホント、話のきりがない。

会えてよかった、話せて良かった。


それに、いっぱい、ほめてもらいました。

「変な人~」って、

そうそう「変な人」って喜んでいる事からして、一体感です(笑)

width=

雨が降って霧で何も見えなかった景色も、帰る頃は、雨も上がり、霧も晴れました。

「私にとって、運命的な出会いがある時は、いつも、雨なの」

そう言ってもらえたのも、嬉しかったです。


sachiko先生、ありがとう。

やっぱり、想像通り、素敵な方でした。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

11月23日、東京の朝

11月23日、東京の朝

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

前の日に受講した川添先生のセミナーの後、東京都内にて宿泊しました。

この日は、都内で、人と会う約束をしています。


ところで、ある方のブログに「11月は神社に行く事をおすすめします」と書いてありました。

行ってみたい神社は色々とありますが、距離的に難しい。

だから、地元の神社に行くことにしました。

そして神社にお参りに行こうと家を出る時、ふと感じたのです。


「東京に行くなら、明治神宮に行けるでしょ」


って…人と会うのはお昼近くだし、確かに行ける。

width=

で、行ってきました、明治神宮。

明治神宮は何度も来ていますが、雨の日に来たのは、はじめて。

・・・それも、結構な雨でした。

「雨の神社もいい♪」と思いましたが、七五三のお祝いだった方には、残念だったかな。

width=

改修工事していたのですね。

敷地内に入ってすぐ気付きました。

「いつもとなんかが違う…それに、前にも同じ景色を見た事がある」

width=

width=

二年前「キッズ・ポピュラー・ジャズ講師養成講座」を受講していた時、講座前に参拝に来た時がありました。

その日は、この日と同じく、勤労感謝の日だったのかも?(野菜を見ながら、品種名までわかる私はスゴイ?)


参拝帰り、いつもは混んでいるので、行かないのですが…

「今日は空いてるよ~寄ってかない?」

って感じがしたので、寄ってみました。


「清正井」※別料金がかかります。

width=

わっ、貸切!!

誰もいない。

width=

雨の中の木々は良いです。

明治神宮の最後の鳥居を出た時は、11時。

待ち合わせは、11時30分。


そして、この後、とても素敵な時間を過ごす事が出来ました。

この事は、明日。


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

11月22日川添先生のセミナーを受講しました

11月22日川添先生のセミナーを受講しました

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

先週の23日、セミナー受講のために東京に行っていました。

私は、フットワークが軽いように思われていますが、とても重いのです。

できれば、家から出たくない・・・まして、東京なんて、でも、

(今回は受講してみようかな?)

って、思いました。


セミナーのタイトルは、

「子供をより良くのばすために大切なこと」

ピアノの演奏・指導面ではなく、マインド的な話し。

width=

セミナールームからは、横浜の海が一面が見えました。


セミナーでは、川添先生の話に対し、何度も「自分だったら、どう思う?感じる?」と、問いかけていたと思います。

話を聴いていると、

「川添先生は、たくさんの本を読まれているのかな?」

と感じる事があり、話されている内容が、私の中の記憶と結びついた瞬間が何度かありました。

本からの学び、日々の生活・レッスンの中での学び、そうした事をご自身の中に落とし込み、実践されているだと思います。

私を含め、人は知ることで満足しがちだけど、良いと思った事を行動に起こされている、それも、すぐに。


さて、この日、私は宿泊する事にしたので、懇親会に参加させていただく事にしました。

セミナー会場、懇親会とも「横浜」

そういえば、中華街の横浜しか知らないかも・・・

せっかくなので、懇親会まで時間があったので、一人、横浜を歩きました。

width=

「みなとみらい」・・・ホント、未来的。

width=

赤レンガ倉庫に来た頃は、雨が降り始めました。


懇親会では、セミナーを受講した事で沸き出た質問はもちろん、ご一緒された先生方とも、色々なお話しを聞かせていただきました。

セミナー、懇親会に参加して、考え方、視野が広くなりました。

こうした気づきを得られたのは大きかったです。

width=

懇親会のホテルには、大きなクリスマスツリー。

この後は、次の日のために、東京都内に移動しました。


色々、写真も撮りましたが、

width=

やっぱり、家から感じる、いつもの風景が一番です。

結構、まとまった雪が降りました。


ご一緒させていただいた先生方、ありがとうございました!

ブログ書くのが遅くなっちゃって、ゴメンナサイ!!


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

レッスンの押さえどころ

レッスンの押さえどころ

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

スーパーに寄ったら、たくさんの中学生がいました。

その表情を見ていると、背中に羽が生えているようです。

今日で、期末試験が終わったからね~


さて、レッスンを進めていく中で「押さえどころ」多分、全ての先生にあるんじゃないかな?って思います。


「例え、時間がかかっても、立ち止ったとしても、出来ていなければ(理解していなければ)先には進まない」


そんなレッスンの押さえどころ。

それは、意地とかではなく、さらにステップアップしていくのに、そこが出来て(理解して)いないうちに、先に進めば、きっと後あと、さらなる問題が起きると思うのです。

今は、9月に発表会が終わり、ピアノを習い始めて1~2年目さんのテキストが、切り替え時期に入っていたり、もうすぐ入るという感じです。


私の押さえどころの1つが、真ん中ドに両手の1の指を置いた5指内が出来ているか?

(左手は、ファから真ん中ドまで、右手は、真ん中ドからソまでの音までの音域になります。)

この確認・定着としてレッスンで行っているのが、ブログでも何度か書いている全曲演奏。


「ピアノランド」でも、

「ピアノひけるよ!ジュニア」を使っている生徒さんも、

「オルガン・ピアノの本」だって行っています。


次のテキストに進むには、私の作ったルールをクリアしなければなりません。

クリアするのは「弾ける」だけでなく、8小節位の長さの曲でも、テキストによっては20曲近くもの曲を続けて演奏するので、集中力も要します。

中には、あっさりクリアしちゃう生徒さんもいるけど、そうではない生徒さんの方がほとんど。

なかなかクリアしない事に、モチベーションも下がっちゃうかもしれない。


学年でいえば、幼児から、小学2年生位の生徒さんが多いので、何度も「かわいそうかな・・・」「おまけしちゃおうかな・・・」私の中でささやきが聞こえるけど、ここは押さえどころ。


今週も、一人クリアしました。

何度もなんども、チャレンジしました。

お母さんからのメッセージを見ると、落ち込む時もあったみたいです。

だから、クリアした時は、本当に嬉しかったと思います。

振り子と同じ、大変だった分、同じだけ、喜びも大きく振り子は揺れるのです。


「やったね、合格だよ」



そうレッスンで私が言った時、喜びの声をあげたのは、実は、お母さんだったのだけど…笑。(全曲演奏は、大人でもドキドキするって書いてあったしね。)

お母さんが自分以上に喜んでくれて、嬉しかったと思います。


全曲演奏はすごくシンプル。

練習すれば必ずクリアします。

・・・という事は、弾かなければ、クリアしません。


今、全曲演奏中の生徒さんも、間近に控えている生徒さんも、ここは押さえどころ、一緒に乗り越えましょう。


見える山々は白かったです。

体調を崩している生徒さんも多いようです。

ますます、寒くなると思いますが、体調管理に気を付けて、元気に過ごしましょう!!



・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

世界に1冊、あなただけのテキスト

世界に1冊だけのテキスト

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

レッスンで使用する、子供用の「音楽ノート」。

シンプルな表紙から、キャラクターの表紙などいろいろある、¥200前後のB5横のノートです。

ブログや、SNSなどで、音楽ノートは多くを学べ、様々な活用が出来る事を知り、今は、全員、ノートを持っています。


ノートには、私が書いたり、生徒さんが書いたり、そして、私が作成したプリントを貼ったりしていました。

ノートは消耗品

・・・でも、中には、残しておきたいページもあるのです。


◇私が、生徒さん用に作った練習曲

◇説明をする際、理解がしやすいように作成したプリント

◇生徒さんが作曲した曲 などなど・・・


ノートってね、中留めホッチキスだから、使っているうちに、まず表紙が外れ、ノートもボロボロになるのです。


「書いて覚えたり、確認したりするための、消耗品としてのノート」

と、

「記録・学習として、残しておきたいノート」


色々なページが1冊になってるので、使い勝手が悪かったのです。

ノートを2冊に分ける事も考えました。

そして、100円ショップでB5横サイズのスクラップブックを見つけたのです。


私が作成した楽譜や説明のためのプリントは、スクラップブックの方に貼りました。

こちらは全員じゃないけど、ノートとの2冊持ちの生徒さんもいます。

width=

width=

width=

ノートより安い、このスクラップブック、見やすいし、丈夫だし、安定しているので、私は気に入っています❤


・年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコースが出来ました。


・ぴありな音楽教室では体験レッスンを行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場